気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

3人育児 健康に関する疑問・悩み・ヒント 病気

3人育児って疲れる!一人が病気すれば家庭内で次々感染!

投稿日:2017年6月18日 更新日:

ワンオペ3人育児で毎日ヘトヘトに疲れ切っているアラフォー母です。

我が家の3人目、保育園に通い始めてから4回目の風邪っぴきです~(´;ω;`)

保育園児の運命だとはわかっていても、ここまで頻繁だと本当に可愛そうで、母も結構キツイ・・・

家庭内で誰かが病気になると、次々に感染するんですよね。

1番目と2番目はだいぶ体が強くなってきたので、病気をする頻度も減ってきたんですが、3番目はまだ8か月。

保育園でも家庭内でもすぐに感染してしまいます。

感染しやすい病気、それを防ぐにはどうしたらいいのかについて調べてみました。

スポンサードリンク


子どもが感染しやすい病気

インフルエンザ

インフルエンザにはA・B・Cの3種類があって、毎年どれが流行しどれに感染するかはわかりません。

予防接種を受けていても、確実に感染を予防できるわけではなく、感染した場合に軽症ですむかも・・・という認識をしておいたらいいと思います。

  • 潜伏期間・・・1~2日
  • 症状・・・38℃以上の高熱・頭痛・関節痛・鼻水など
  • 登園登校可能・・・発症から5日経過、解熱後3日を経過するまで出席停止

ノロウイルス

毎年11月~1月に多く見られる胃腸炎の原因となるウイルスです。

  • 潜伏期間・・・1~2日
  • 症状・・・嘔吐・下痢・腹痛・38℃以下の発熱・頭痛など
  • 登園登校可能・・・特に規定はなし、ほとんどが2~3日で回復

プール熱

毎年夏に流行するアデノウイルス感染症のことで、プールで感染することが多いためこのように呼ばれています。

  • 潜伏期間・・・5~7日
  • 症状・・・喉の腫れや痛み・結膜炎・38~40℃の高熱
  • 登園登校可能・・・原則として2日間禁止、症状が無くなってから2日後に登園登校可能

手足口病

夏に流行しやすいウイルス性の感染症。子どもだけでなく、大人も感染することがあります。

  • 潜伏期間・・・3~6日
  • 症状・・・発熱・手足や口の中に水疱性の発疹
  • 登園登校可能・・・条件によっては出席停止、5~6日で症状は落ち着く

RSウイルス

冬に流行しやすい風邪などの呼吸器感染症、乳幼児が感染しやすいウイルスです。

特に小さい子は重症化しやすいので注意が必要です。

  • 潜伏期間・・・2~8日
  • 症状・・・発熱・鼻水・咳
  • 登園登校可能・・・特に指定なし、ほとんどの場合は1~2週間で治る

リンゴ病

ほっぺたがリンゴみたいに赤くなるのでこう呼ばれています。

  • 潜伏期間・・・10~20日
  • 症状・・・両側のほっぺたに蝶型の紅斑・続いて全身にのこぎり型の紅斑・軽い風邪のような症状
  • 登園登校可能・・・特に指定なし、数日で自然治癒
スポンサードリンク

子どもが病気!家庭内で感染予防するには?

  • 病気の子と元気な子をできるだけ離しておく
  • 嫌がらなければマスクをつけさせる
  • 手洗い・うがいを徹底する
  • 一人一人タオルをわけて使う
  • 室内の換気・加湿に気を付ける
  • 嘔吐物の処理に気を付ける

わかってはいるのですが、これを完璧に実行するのはなかなか大変ですよね・・・^^;

でも、常に意識しておいてできるだけ実行しよう!と思っておけば随分違いますよ。

こういう記事も読まれています

こちらもワンオペ3人育児中のお母さんの体験談です。

3人の子どものうち2人が病気!夫もいない、近くに頼れる人もいない!

さあ、どうやって乗り切ったのでしょうか?

ぜひぜひ、参考にしてください。


スポンサードリンク

さいごに

我が家の1番目と2番目は、3番目が可愛くてしかたなく、毎日チュッチュチュッチュとキスしまくってます。

病気だろうとお構いなしなので、誰かが具合悪いときは厳しく注意しているのですが、なかなか聞いてくれません。

でも、子どもたちにも感染症の怖さや対策をしっかり話して少しずつ理解してもらうしかないです。

年齢が低いと特に感染しやすく、症状も重くなることがあるので、日頃からいろいろなことを想定してしっかりと準備をしておくことが大事ですね。

今回は小学校の行事や習い事も重なってどうしよう・・・と思っていたのですが、母がヘルプに来てくれて本当に助かりました!

子どもが病気すると、お母さんも看病で疲れてしまいますよね。

甘えられる時には周りの家族や友人、ご近所さんに頼って、あまり無理しないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-3人育児, 健康に関する疑問・悩み・ヒント, 病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Googleサイト内検索