気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

仕事に関する疑問・悩み・ヒント 健康に関する疑問・悩み・ヒント

新入社員に多い6月病!その症状や対策は?

投稿日:

5月病というのはよく聞いたことがありますが、6月病というのがあるのをご存知ですか?

私も最近ニュースで見て初めて知ったんですよね。

自分自身、真面目過ぎるところがあって(本当です。笑!)精神面のコントロールは普段から気を付けているんですが、仕事が山積みになったり、家庭の問題などが合わさったりすると、ちょっと危険な状態に・・・

なのでこういう話題には結構敏感なんです。

今日は新入社員に多いといわれる6月病について、その症状や対策を調べてみました。

新入社員に多い6月病の症状とは?

5月病というのは、新しい環境に入ってようやく慣れてきたかな~という頃に体や気持ちに不調が表れることですが、最近ではそれが6月に出てくる人が増えているそうで、『6月病』という言葉がよく聞かれるようになってきました。

その代表的な症状にはこのようなものがあります。

  • 気持ちが落ち込んでやる気が出ない
  • 身体がなんとなく重くてだるい
  • ご飯が美味しいと感じない
  • イライラすることが多い
  • 夜ぐっすり眠れない
  • よく不安を感じる
  • 頭痛がなかなか治らない

心身ともに不調が出るんですね。

大学生の新入生などは5月に症状が出ることが多いそうですが、新入社員や転勤や移動で仕事の環境が変わった人は6月に症状が出ることが多いようです。

4月に新しい環境で頑張ろう!と研修や引きつぎを張り切って、少しずつ慣れてきたところでゴールデンウィークに入ります。

連休が明けて本格的に業務に取りかかりますが、それがストレスとなって蓄積され、6月になって症状があらわれるということなんですね。

6月病はどうして新入社員に多いの?

新入学生と新入社員。どちらも大きく環境の変化があるのは同じですが、やはり仕事となると学生時代とは違ったストレスやプレッシャーを感じやすくなります。

特に

  • 初めての慣れない仕事
  • 上司や同僚との人間関係
  • 学生時代とは全く違うリズム

が原因となって感じるストレスは相当なものです。

4月にはまず研修を行う企業が多いと思います。そこで張り切りすぎたり、頑張りすぎたりすると、ちょうど6月頃に溜まったストレスが心身の不調となって表れてくるようです。

新入社員に多い6月病、対策は?

ちょっとでも当てはまる症状が出たら要注意!

6月病を乗り切るためにはどうしたらいいんでしょう?

  • 規則正しい食事と睡眠を心がける
  • 休みの日は仕事のことを考えず、リフレッシュする
  • ストレスを抱え込まず友達や家族に話す

これで少しでも改善が見られれば、一時的な6月病だと考えていいと思います。

しかし、症状が深刻な場合はうつ病やその他の精神疾患に発展していく可能性があるので、心療内科などの医療機関を受診することをお勧めします!



さいごに

ちょっと疲れたな、眠りが浅いな・・・というのは誰にでもあることだと思います。

でもそれが続くようだったり、あまりにも気分が落ち込むようだったら注意してください。

周りの家族や友達にも早く変化に気づいてもらえるように、普段から自分一人で抱え込まず、いろいろと話をすることも大切ですね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-仕事に関する疑問・悩み・ヒント, 健康に関する疑問・悩み・ヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Googleサイト内検索