気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

ベビーアイテム 美容

子ども用の日焼け止めを選び方のポイントは?塗り方やおススメの商品を紹介します

投稿日:2017年6月26日 更新日:

これから子どもと一緒に外で遊ぶ機会がどんどん増えてきますよね。

子どもさんを外で遊ばせるとき、日焼け止めは使っていますか?

私はあまり気にしていなかったのですが、紫外線や乾燥など小さいうちからお肌のケアはきちんとした方がいいと聞いて、最近は日焼け止めを使うようにしています。

子ども用の日焼け止めの選び方や塗り方ってどんなことに注意すればいいのでしょう?

おススメの商品などもあわせてご紹介します!

スポンサードリンク


子どもが日焼けによって受ける影響

子どもが太陽の光を浴びると、成長に欠かせないビタミンDの生成を促す・殺菌や消毒・新陳代謝の促進など、健康で丈夫な体を作るためにとても重要な役割があります。

しかし、長い時間太陽の光を浴びすぎると、身体によくない影響も出てきます。

  • 日焼けによる肌荒れ・水ぶくれ・腫れなどのトラブル
  • 免疫機能が低下する
  • 目の痛みや充血など

外で思いっきり遊ばせてあげるためにも、適切な日焼け止め対策をしてあげたいですよね。

子どもの日焼け止めの選び方4つのポイント

  • ①紫外線吸収剤不使用または紫外線吸収剤を肌に浸透させないもの
  • 紫外線吸収剤を使用しているものは、日焼けの効果は高いですが、小さい子どもの肌には負担となります。

  • ②SPFやPAの値が適切なもの
  • ●SPF(10~50+)・・・日焼けによって肌が赤くなるのを遅くする。数値が高いほど塗り直しの頻度は少なくて良い。
    ●PA(+~++++)・・・肌の老化や黒くなるのを遅くする。長い時間外で活動するときは数値が高い方が良い。

    普段の生活で使うなら『SPF15~20、PA++』ぐらい、海やレジャーなどで使うなら『SPF20~30、PA+++』ぐらいがいいでしょう。

  • ③肌への刺激が少ないもの
  • 香料・着色料・エタノール・石油系合成界面活性剤などが含まれているものは、お肌への負担が大きくなります。
    できるだけこれらの成分が含まれていないものか、少ないものを選びましょう。

  • ④石鹸で洗い落とせるもの
  • クレンジングなどを使わないと落ちないものは、肌へ負担をかけてしまいます。
    ベビー用の日焼け止めにはお湯で洗い流せるものもありますよ。

スポンサードリンク

子ども用日焼け止めおススメ商品

●無香料・無着色・紫外線吸収剤フリー
●石鹸で落とせる
●SPF30、PA+++
●虫が嫌いな100%天然成分の精油を配合

低刺激で汗や水にも強い日焼け止めミルクです。嬉しいのが日焼け止めと虫よけもこれ1つでOKということ!

我が家では去年からこれを使っているのですが、嫌なべたつきもなく、虫よけ成分の精油の香りがすごくいいんです!

子どもたちだけではなく、敏感肌の母もこれにお世話になっています。

●無香料、皮膚科学的テスト済、アレルギーテスト済
●専用クレンジング不要
●SPF50+、PA++++
●水に強いウォーターレジスタント

こちらは3歳以上から使える商品で、敏感肌にも安心して使えます。

実際かなりの敏感肌な私も数年使っていますが、何のトラブルもありません。

以前はクリームタイプだったのですが、最近このスプレータイプが新しく発売されました。

こまめにシュシュっと塗れて、大容量なのが嬉しいです♪

●無香料・無着色・低刺激カプセルインUVシールド処方
●アルコールフリー・石油系界面活性剤フリー
●SPF23、PA++

こちらは仲良くしてもらっているママ友のおすすめ商品で、赤ちゃんから使えます。

刺激が少ないので、敏感肌の人でも大丈夫。ママ友自身も化粧下地として使っているそうで、子どもから大人まで家族みんなで愛用しているそうです。

SPFとPA値がそれほど高くないので、レジャーや海よりは普段使いにおススメですね。

子ども用日焼け止めの塗り方

顔に塗る場合は日焼け止めを手に取り、額・頬・鼻の頭・あごにのせて、少しずつ伸ばしていきます。

長時間外に出る時は、重ね塗りをした方がいいでしょう。

脚や腕など広い範囲に塗る場合は、容器から直接日焼け止めを脚や腕に出し、その後まんべんなく伸ばしていってください。

水遊びや汗をたくさんかいた時は、2~3時間おきに塗り直すと効果的です。

日焼け止めを塗った日は、お風呂で普段よりも念入りに洗ってあげてくださいね。

こういう記事も読まれています

日焼けした時ってどうして最初に赤くなってから、次に黒くなるか知ってますか?

そんな日焼けの謎についてまとめた記事がこちらです。

日焼けで黒くなった肌を白く戻したい!

そんなお悩みを持っている方はぜひこちらの記事を参考にしてください。

スポンサードリンク

さいごに

子ども用の日焼け止めは低刺激のものがほとんどですが、全ての人に安全性が保障されているわけではありません。

敏感肌で心配な場合は、お店のテスターなどを少しいただいて、パッチテストをしてから購入することをお勧めします。

また、虫よけ剤を一緒に使いたいときは、日焼け止め⇒虫よけの順番で塗るといいですよ。

日焼け止め以外にも、つばや日よけのついた帽子をかぶる、日差しが一番強い時間の外出は控えるなど、日焼け対策は万全にしましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-ベビーアイテム, 美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Googleサイト内検索