気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

病気

ノロウイルスは冬がメインの食中毒?その感染を防ぐにはどうしたらいいの?

投稿日:2017年12月6日 更新日:

ノロウイルス 感染 防ぐ

ノロウイルスって、たまに聴くけどいつ頃流行してたかな?と思い出せないことが多いです。

実は冬に一番多く流行する食中毒なんです!

寒さで免疫力が低下しているのが感染しやすい理由。

もう1つの説は、冬は牡蠣が生食されるピークの時期で、生で貝類を食べるとノロウイルスも体内に入ってしまう可能性もある為という話も多いです。

そのため感染力は非常に強くて、なかなかそれを防ぐのが難しいです。

抵抗力が弱いお子様や年配の方は症状が重症になりやすくて要注意!

かなり体への負担も大きいノロウイルス感染は、予防をしておかないと心配ですよね?

ノロウイルスを実際にどうしたら防ぐことができるのか、その方法を経路と共に紹介します。

ノロウイルスはこんな事から感染する!2つの危険な経路とは?

①食品や食材から

食材の中でも、特に加熱されていない生の貝類は危険!

貝殻の中にウイルスが蓄積されている可能性大。

食品は、ノロウイルスに感染した人がそれに気づかず調理すると、それを食べた人が感染してしまいます。

※最近では、食品を扱う会社で勤務する方は、1ケ月に1度ノロウイルスの感染等を防ぐため、検便を行って対策しているところが多いです。

②ノロウイルス患者の使用したトイレ等で人から二次感染する

ノロウイルス患者は便や吐物にはウイルスの感染源がいっぱいなので、トイレはそれが飛び跳ねたりしていることもあるので危険。

さらにノロウイルスが広まりやすい原因とは?

  • 自分が感染したことに気付かない
  • 潜伏期間が長い人だと2日ぐらいもあるので、ちょっとした下痢や発熱ぐらいですぐに治ってしまって風邪だと勘違いする。

  • 症状が治まっても体内にウイルス源が存在する
  • ノロウイルスは症状が出なくても体内に残っている可能性もあります

    後遺症もないため、残っているウイルスが人によっては1ケ月近くも便に交じって出る事もある。

  • 特定の薬がない
  • ノロウイルス専用の薬がないので、病院で診察と治療が必要。

    脱水症状と体力が消耗されるので、それを防ぐ対策が重要。
    (栄養補給と水分を多めに摂る。)

関連記事と広告

強烈な感染力のノロウイルスを防ぐ3つの方法と注意点とは?

  • ①手洗い
  • 食事を作る前やトイレから出た後は、せっけんでしっかりと手洗いしてきれいに洗い流すこと。

    ※消毒用のアルコールは、ノロウイルスの消毒にはあまり効果なし。

  • ②貝類を食べるときは必ずしっかりと加熱(その他食品も同じ)
  • 貝類は海水中のノロウイルスを、自分の殻の中に栄養分と一緒に取り込んでしまって吐き出さないことがあるため。

    十分に加熱するとノロウイルスには有効なので、必ず芯まで火を通すことがポイント。

    ※貝類を触った手や調理器具も感染の可能性があるので、しっかり洗浄すること!

  • ③調理器具はこまめに洗浄
  • 特にまな板やふきん類はウイルスの感染元になりやすいので、塩素系の消毒液を使用するか、煮沸させるとベスト。

    ・介護や病院施設等で勤務される方は、ノロウイルス感染患者の排便や嘔吐したものを処理するときは、必ず手袋・マスク・塩素系食毒液で消毒が必須!

関連記事
子どもが夏に感染しやすい病気、免疫力を高めてウイルスに強くなろう!

まとめ

これだけ医学が進歩しても、ノロウイルスに関する有効な薬はいまだにありません。

強いウイルスの生存率が、その感染を拡大してしまうのです。

冬はインフルエンザや風邪など、免疫力が低下してしまうので、多くの病気に対抗するパワーが不足しています。

ノロウイルスは、そんな抵抗力が弱い時期には、とても深刻な症状を起こしてしまう強さがあります。

自分の体を守るためにも、毎日の生活習慣で防ぐポイントを知って、それを実行しましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Googleサイト内検索