気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

メンタル 夫婦 病気

モラハラ夫にもう限界!離婚すべき?言動の特徴や対処法は?

投稿日:2018年1月17日 更新日:

モラハラ 夫 離婚

夫婦の関係で、最近ニュースでも離婚の原因となっている「モラハラ」。

モラル・ハラスメントの略で、加害者が特定の人のみに言葉の暴力で相手を追い詰める、精神的な虐待。

結婚したけど一緒に生活を始めてから「モラハラ夫」だと気づいた主婦も多い現代。

モラハラ夫はいったいどうしてそんな言動をとるのか、限界を感じたら離婚すべき?夫の心理的な特徴と対処法などを紹介します。

スポンサードリンク


モラハラしてしまう夫の心理と性格の特徴!

モラハラ 夫 対処法

※モラハラ夫の心理状態は共通してこんな問題がある!

「アダルトチルドレン」と言われる精神的な心理状態、つまり精神年齢が子どものまま育ってしまったとうこと。

・ストレスに対して非常にメンタル面が弱く、強いコンプレックスや自分に自信がない

・他人からの自分の評価を異常に気にしていている。

・人間関係でも協調性に乏しくて他人に共感するという感情が持てない人

こんな夫の態度には要注意!モラハラ夫かもしれないポイントは、

 

  • ① 外出している時と家に居るときの態度が違う。

    会社や友人、近所の人からは、すごく性格も明るくて人当たりもいいと言われます。ところが、自宅や家族の前では全く違う言動を取るのです。

    夫の裏の顔と言うものですが、結婚する前に気付くのは難しいです。

    自分の欠点を他人を見て言ってしまう心理が強く、それを他人に知られたくないため良い人らしく普段はふるまっている。

  • ② 自分の考えが全て正しい。

    ちょっとでも夫の考えに反論すると、すぐに激怒したり無視して口をきかなくなったりとても扱いにくい状態。

    ※仕事等で自分の考えに反することを受入れなくてはいけなくて、その反動から家族に対して自分の考えに従わせて満足している。

  • ③ 自分のことを棚に上げて相手の事ばかり責める。

    妻が失敗すると、とことん非難して攻め立てるのに、夫もそれを完璧にできるわけではありません。

    とにかく、相手にばかり完璧を求めて追い詰めてしまう。

    ※できないことを指摘されても、それに反論できない環境で育った夫が、自分を甘やかしている心理状態から起こる言動。

  • ④ 失敗してもすべて周りが悪いと責任転嫁してしまう。

    明らかに夫が悪いにもかかわらず、周りのせいで自分がこうなったと絶対に非を認めないし謝らない。 

  • 何かしても許してくれると安心しているので、どんなことでも大丈夫だと確信してしまっている。
  • ⑤ 結婚した後に急に態度が冷たくなった。

    結婚する前は、夫も自分のことを受入れてくれる人がほしくて、無理をしてでもいい人を演じています。

    ところが、結婚してしまうと段々本性が見えてきて、メールや電話すらも無視したり、急に態度が変わってしまいます。

    自分の支配できる人間になったら、もうその相手には会社でいうと部下みたいに扱ってしまう。

スポンサードリンク

モラハラかどうかわからないけど夫婦一緒の時間が苦痛

かつては好きで可愛くてずっと一緒に居たかった彼女。

男らしくて包容力があり頼りがいがあった彼氏。

そんな二人が好き同士でみんなに祝福されて結婚。

新婚時代は夫婦と実感がわかず・・・。付き合い気分!

夫と妻の関係になり子供に恵まれ、幸せな家庭を作っていると思ったがいつの日か、お互いの嫌な面・不平不満が溜まる。

そして一緒にいるのが苦痛になる・・・。

不思議ですね!

付き合っている時は好きで一緒に居たいと思うほどだったのに!

・そんな気持ちにさせたのはなぜ?
・どんなときに妻(夫)と一緒に居るのが苦痛?
・夫婦が苦痛と感じる時間を少しでも和らげる方法とは?

こういうことについてまとめてみましたので、ぜひあわせて参考にしてくださいね。

夫のモラハラはこうやって対処しましょう!

モラハラ 夫 対処法

夫のモラハラを黙って我慢していると、どんどんひどくなっていく傾向があります。

しかも、モラハラ夫は残念ながらそれを全て改善するのは難しく、自分の理想的な状態に持っていくのは困難です。

そのため、こんな方法で対処してみましょう!

  • ① 夫をたてる態度をとる。
    基本的に妻を支配して満足しているので、夫をたたていると少しモラハラも軽くなっていくこともあります。
  • ② 夫からひどい暴言を受けたらその場で辛いと正直に言う。

    我慢して受け流していると、自分の考えが受け入れられていると勘違いしてしまうので、本当に心が傷ついて辛いとはっきり言いましょう。

ここまでは、モラハラの度合いが軽い夫に対しての対処法。

もっと状況が深刻な場合は、こんな方法で対処しましょう!

  • ③ 夫からのモラハラの証拠を残しておく。(録音・日時の記録)

    後に専門機関への相談することも考えて書面で提出できる証拠内容を記録しておく。

  • ④ 別居や離婚を検討する。

    夫婦のみでの生活ですらモラハラがひどくて大変なのに、子育てがそんな環境で行われると子どもにも悪影響を及ぼします。時には相手に対して見切りをつける事も必要です。

  • ⑤ 夫のモラハラを専門機関に相談する。
    ・内閣府男女共同参画局の開設する「配偶者暴力相談支援センター
    配偶者からの暴力全般に関する相談窓口・全国各地の自治体等で「女性センター」と言われるモラハラを含む相談窓口もあります。(各自治体によって窓口の名前が違います。)

    これらの機関への相談は、どちらかと言うと別れることを目的とした人が中心となります。

    自分のメンタルケアを望むなら、心理カウンセラーへの相談の方がお勧め。

スポンサードリンク

モラハラ夫にもう限界!離婚すべき?言動の特徴や対処法は?のまとめ

モラハラ 夫 対処法

モラハラは社会問題ともなっていてかなり注目されています。

夫からの精神的な虐待は、我慢するという言葉では耐えられないものがあります。

多くのモラハラ夫は、幼いころの親からの悪影響でそうなってしまうことが多いようです。

全てを受入れてあげるのが夫婦だと思うのも1つの価値観ですが、それが自分には苦痛だと思うなら見切りをつける勇気も必要。

夫婦のコミュニケーションは、なるべくすれ違いのないように、普段から理解を深めておきましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-メンタル, 夫婦, 病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。