気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

健康に関する疑問・悩み・ヒント

仮眠をとって眠気をさますコツとは?起きるのが辛い女性にこんなにメリットあり!

投稿日:


仮眠をとるのはよくない習慣とか、夜眠れなくなると思っていませんか?

朝起きるのが毎日辛くて、頭や体が悲鳴を上げている主婦の方も多いです。

仕事だけでなく、子育てや同居している家族の仕事に合わせて起きなければならない。

毎日決まった時間に起きるのが無理なので、どうしても仕事中に眠気におそわれてしまいます。

休みの日に、長い時間寝てもなぜか眠気はいつもと変わらずおそってきます。

そんな家事に仕事に忙しい女性に、仮眠を取ることの効果や眠気を覚ますコツを紹介します。

スポンサードリンク


仕事と家庭の両立をうまく続けるコツとは?仮眠をとると効果あり!

仮眠の具体的な効果は、

・睡眠不足の眠気を覚ます

・仕事の効率アップ

・疲れの軽減

・気分のリフレッシュ

仮眠の効果で多くのマイナスになっている体のサイクルをリセットできます。

睡眠不足の場合、仮眠を上手に取り入れて足りない分を補います。

仮眠は夜眠れなくなるのではなくて、よく眠るための状態を作るのに必要なことです。

さらに、その効果をよりパワーアップできる仮眠の注意点は以下のようなことです。

  • 仮眠を取る時間は30分ぐらいまで
  • ただし、夜勤の人の勤務前の仮眠は少し長めの1時間ぐらいがベスト。

  • 横になって寝てはいけない
  • 横になると仮眠ではなく睡眠モードになってしまい体のサイクルが崩れます。

  • 食後に満腹で眠くなって寝るのはNG
  • 満腹で眠気が来るときは、内臓が活発に動いていて休息モードではないため。

  • 部屋が明るいまま寝てはいけない
  • 夜勤の人が勤務の前後で仮眠する場合、外が明るいと体が朝モードで眠れないため。

  • 制服やスーツのまま体をしめつけて仮眠をとってはいけない
  • 仮眠とはいえ、きゅうくつに感じると体がリラックスできないため。

スポンサードリンク

仮眠を取って気分よく起きるコツ!こんなに変わるすっきり感!

仮眠する時間は短いですが、寝起きであることは夜の睡眠と同じです。

休息モードになっている体を、活動モードへチェンジさせる必要があります。

どんなことをすると、眠気がすっきりするのでしょうか?

・顔を洗ってヒンヤリして目覚まし。

・歯磨きやマウスウオッシュですっきり感で目覚まし。

・軽くストレッチしたり、社内の廊下を歩くなど体を動かす。

・会社の外に出たり、窓を開けて外気に触れる。

仮眠をとっている時間がないなら、何もしないで眠気とたたかうのは無理ですよね?

そんなときは、一緒に働いている人と会話したり、ガムをかんだりあめをなめたりして眠気を和らげましょう。

正しい体のリズムを保てば、朝の目覚めもすっきりしてきます。

夜の眠りの質を改善できるからです。

長く寝れば体や頭の疲れがとれるわけではないのです。

「だる・重」と言うのがキャッチフレーズになっているサプリもあるぐらいで、疲れが寝ても取れないのはそのためです。

不規則な生活で、なかなか体のリズムを上手に保つのは誰でも難しいところです。

そのサイクルに体を合わせると、だんだん体内の状態が悪化してしまいます。

仮眠を取って、悪化していくのを未然に防止しましょう。

まとめ

眠いのに無理をして仕事するのは、逆に自分の体のサイクルにもマイナスになります。

仕事で集中できないし、十分な業務も行えず、ストレスになるばかりです。

体のサインはそれに逆らうと良くないので、眠気も仮眠を取って解消しましょう!

仕事と家庭の両立を長く続けるコツは、体の状態に素直に向き合って行動すること。

疲れたら休憩、その後またリフレッシュして開始。

忙しすぎて体を休めずに過ごしていると、睡眠だけでなく体内の病気にも発展します。

簡単なことで、なかなかできていない休息。

仮眠も休息の1つとして、自分の体のリズムを整える大切な事だと考えましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-健康に関する疑問・悩み・ヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。