気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

健康に関する疑問・悩み・ヒント 子ども

子どもの靴擦れ対策は?靴擦れ防止法と靴擦れした時の対処法!

投稿日:2018年10月14日 更新日:

子ども 靴擦れ 対策

大人でも特に女性は靴擦れに悩んだ経験があるという方が多いと思いますが、実は子どもの靴擦れというのも意外と多いのです。

子どもの場合、靴擦れが起きてもすぐに言わないで悪化するケースも珍しくありません。

靴擦れが起きて症状がひどいと治るまでに時間がかかってしまうので、子どもも苦痛になってしまうでしょう。

子どもの靴擦れを起こさないための方法と靴擦れが起きてしまったときの対処法を学んでお子さんの足を守ってあげましょう。

スポンサードリンク


子どもの靴擦れを防止する対策は?

子ども 靴擦れ 対策

子どもの靴擦れも、基本的には大人の靴擦れと原因は一緒なので、靴を選ぶ時にいくつか注意するだけで劇的に靴擦れを起こす機会が減るでしょう。

対策としてはとても簡単なことなので、是非ためしてみてください。

①サイズのあった靴を選ぶ

子どもの足は成長が早いから、少し大きめの靴でもいいかとサイズが違う靴を買い与えている親も多いと思います。

確かに、子どもの靴のサイズは3ヶ月に1度くらいは確認して大きくなっていれば交換なんてこともあり、頻繁に買うこともあります。

何回も購入するのは経済的にも大変ですが、子どもの足を守るためには適切なサイズを選ぶと言うことも重要なことなのです。

サイズが大きい靴を履いていると、知らず知らずに足が靴に当たり皮膚がこすれて靴擦れの原因になります。

子どもの靴を選ぶ時に大切なポイントはたったの4つです。

①足の指と靴の間に0.5~1㎝程度の余裕がある
②つま先の部分が曲がりやすく柔らかいもの
③踵部分にしっかりとした芯があり、子どもの足の踵のカーブと靴のカーブが合うもの
④履き口の生地が柔らかいもの

この4つに合う靴を探すということが靴擦れを起こさないためにも必要なことです。

また、靴を取り扱うお店なら大抵の場合、店員さんにお願いすれば子どもの足のサイズを測ってくれて、適切な靴を一緒に探してくれたりします。

靴で分からないことがあれば、店員さんに確認することも必要でしょう。

②靴下をはく

靴下が苦手で素足で靴を履くというお子さんも多いと思います。

しかし、素足で靴を履いてしまうと、子どもの動きは活発なので、動いたときに靴の中で摩擦が生じてしまい、いつのまにか靴擦れを起こしていたなんてことがあります。

靴下をはくことで、足と靴の間で起こる摩擦を軽減し、皮膚にかかる負担が減るため靴擦れを起こしにくくなります。

スポンサードリンク

子どもが靴擦れしてしまったときの対処法は?

子ども 靴擦れ 対策

子どもが靴擦れを起こすと、大抵水ぶくれが出来るくらいヒドくなることがあります。

もしも、水ぶくれが出来ていたとしても、それは潰さないようにしてください。

水ぶくれの中には早く治そうとする成分が含まれています。

また、無理に潰してしまい適切に処置できないと、そこから細菌が入ってしまい炎症して化膿してしまうなど悪循環に陥ります。

ですので、水ぶくれが出来ていても触らずにいてください。

そして、そのまま以下で説明する方法を試してみてください。

万が一破れてしまったり、すでに破れているような場合もあるかと思います。

その時には、患部を流水で流して、清潔なガーゼなどで水分を拭き取ってください。

水疱があってもつぶれてしまっても、処置で必要なことは、患部を保護することです。

保護に使うのは、絆創膏です。

絆創膏の中でも、「ハイドロコロイド」という素材を使用しているものが傷を早く治すのに有効です。

商品名でいうと、キズパワーバッドが有名どころです。

普通の絆創膏より値段が数倍しますが、ハイドロコロイドの素材の絆創膏は傷の部分を適度に湿潤させておくことが出来るので、治りが早くなります。

また、適度にクッション性があるので、患部が靴に当たっても痛みが軽減されるという利点もあります。

スポンサードリンク

長靴で登校した子どもの足に靴擦れ!レインブーツの靴擦れ防止方法はコレ!

雨が続く毎日、新しく購入したレインブーツを履かせて学校に行かせていたら、「ママ、足が痛い!」との訴え!よく見たら、靴擦れができていました。

せっかく雨の日のために考えて作られているレインブーツ!

靴擦れができるかもという心配から、履かないなんてもったいないです。

そこでこちらの記事では、レインブーツで靴擦れしない方法についてご紹介していますので合わせて参考にしてくださいね。

子どもの靴擦れ対策は?靴擦れ防止法と靴擦れした時の対処法!のまとめ

子ども 靴ずれ 対策
子どもの靴は、サイズ感があっていないと靴擦れを含め様々な足のトラブルにつながります。

適切な靴を選ぶことや、定期的なサイズの見直しなどをして子どもの足の健康を守るようにしましょう。

また、靴擦れしてしまって水ぶくれができたときは決して触らないこと!

すでにつぶれてしまった場合は、清潔にして患部を保護するように気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-健康に関する疑問・悩み・ヒント, 子ども

執筆者: