気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

健康に関する疑問・悩み・ヒント 子ども 赤ちゃん

子どもが虫に刺された時どうしたらいいの?基本的な対処法を知っておこう!

投稿日:2017年7月26日 更新日:

子どもって大人よりも虫に刺される確率が高いと思いませんか?

ちょっと外で遊んだだけで、体のあちこちに虫刺されの跡をつくって帰ってきます。

痒くなると力加減を知らずに思いっきり掻きむしるので、傷になったりとびひになったりするのが心配!

子どもが虫に刺された時の基本的な対処法で、すぐにケアをしてあげましょう。

子どもの虫刺され、種類によって症状が違う!?

単に虫刺されと言っても、虫の種類によって症状も様々なんですね。

一般的には痒みや腫れがほとんどですが、この原因って虫が刺したりした時に体内に唾液が入ることで起こるアレルギー反応なんです。

大人はもう何度も虫に刺されているので抗体を持っているため、子どもほど痒みや腫れがひどくありません。

一方子どもはまだ虫刺されの経験が少ないので、虫刺されに対する反応が遅く、時間が経ってから症状が出てくることもあります。

同じ時に同じ虫に刺されても、大人と子どもでは症状の程度が違うということを覚えておいてくださいね。

血を吸うタイプの虫

  • 公園・森林・家の中・・・あらゆる場所で生息可能。刺されると赤く腫れ、硬くなって熱を持つ。強い痒みが特徴。刺されてすぐに痒くなる場合と、1~2日経って痒くなる場合がある。

  • ブヨ
  • ・・・山の渓谷や高原に多い。刺されて1~2日してから痒みが出ることが多い。小さな出血点がある。

  • ノミ
  • ・・・犬や猫についているが、猫についているネコノミが多い。刺されて1~2日してから発疹と強い痒みがでる。水ぶくれになることもある。

  • ダニ
  • ・・・布団の中にいることが多いので、寝ている間に刺されることがよくある。半日~1日してから赤い発疹と強い痒みがでる。水疱性の湿疹がでることも。野外に生息する『マダニ』など種類によっては感染症を引き起こすこともあるので、注意が必要。

咬むタイプの虫

  • ムカデ
  • ・・・湿度の高い場所に生息。咬まれると強い痛み・しびれが起こり、少しずつ赤く腫れてくる。

刺すタイプの虫

  • ハチ
  • ・・・刺されると強い痛みがあり、赤く腫れてくるが、初めて刺された場合は1日ほどで治まる。2回目以降は蕁麻疹などのアレルギー反応が出たり、ひどい場合はアナフィラキシーショックを起こすこともあるので注意が必要。

接触すると炎症を起こすタイプの虫

  • 毛虫
  • ・・・毒を持つ虫の毛に触れると、強い痒みと湿疹が出る。皮膚に虫の毛が残っていると炎症が続くので要注意。

子どもが虫に刺された時の基本的な対処法

  • 1.水で洗い流す
  • 2.冷やす
  • 3.薬を塗る

まずはこの3ステップの基本的な対処法を試してみてください。

敏感肌の場合は、刺激の少ない虫刺され用の薬を使うといいですよ。

ステロイド剤は効果的ですが、顔には塗れないものなどもあるので、心配な時はお医者さんに相談してくださいね。

蜂や毛虫の場合は皮膚に針や毛が残っていることがあるので、セロテープなどを使って取り除きましょう。

炎症やアレルギー反応が強く出る場合は、すぐに病院へ!

関連記事↓
ムカデに咬まれた時はどうしたらいい?知っておきたい処置方法

さいごに

虫刺されってアレルギー反応の一つだったんですね!

同じ虫刺されでも大人と子どもでは症状も出る時間なども違うので、注意したいと思います。

我が家は田舎暮らしを始めてから、虫刺されの確立が急上昇!

これからは外で遊ぶ機会も増えてくるので、適切にケアしてあげたいと思います。

-健康に関する疑問・悩み・ヒント, 子ども, 赤ちゃん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


こんにちは!

このサイトの管理人をしている子育て中のアラフォー主婦です。

普段の生活の中で疑問に思ったことや、これ知りたい!と思ったことを中心にまとめています。

みなさんのお役に立てれば幸いです^^