気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

健康に関する疑問・悩み・ヒント

深刻な目の疲れ!悩める現代人を助ける解消ポイントやツボなどをご紹介!

投稿日:2018年3月13日 更新日:

目 疲れ ツボ

ブルーライト、目のカスミ、ドライアイ、視力低下。

現代人のIT化がすすんだことで起こっている目の疲れに関するワードです。

昔の生活に比べて多くのことが便利になりましたよね?

目の正常な健康と環境を保つには、今の生活より昔の時代の方が自然なリズムを刻んでいたのかもしれないです。

目の疲れを解消して普通のリズムに戻すにはどうしたらいいのか?

原因と解消法、お勧めのツボマッサージなど、目をリフレッシュさせる情報を紹介します。

スポンサードリンク


疲れた目をリフレッシュ!原因にあわせた5つの解消法とは?

目 疲れ ツボ

① スマホやパソコンの画面を長時間見る。

最近話題のブルーライト(LED使用の画面から発生)の影響が大きいですよね?

そのライトは、目の角膜や水晶体で吸収されず、網膜まで到達してしまうのが問題なんです。

さらに長時間での使用で、立体的な正常な目のピントが、ずっと平面ばかり見ていて目に動きがないので凝り固まってしまうため。

※解消法
・目のピントのずれは、100円ショップにも売っている3Dブックでトレーニングもお勧め。

・外に出てなるべく遠いところの、できれば緑色(木があるならそれがいい。)の部分を5~10分ぐらい見る。

・目の体操をする。
(目を上下左右に動かしたり回したりしてピントを修正。)

② 住んでいる環境の音(ノイズ)

マンション住まいだったり、都市部に住んでいると、周りの雑音は嫌でも耳に入ってしまいます。

そのノイズ(音)が、神経バランスを壊してストレスになり、目の疲れに発展してしまう。

※解消法
ノイズを心地よい音楽のCDをかけたりして神経バランスを整える。
(特に自然の音が収録されているヒーリング系のCDはストレス解消にも共通してお勧め!

心地よいと感じると「幸せホルモン」が多く出るので、気分を和らげる音楽はとても有効です。

③ 化学調味料を使用した食品を摂る機会が多い(食品添加物も含む)

目に必要な栄養分が行き届かなくなって、だんだん免疫が低下していきます。

※解消法
なるべく化学調味料や食品添加物を多く含む食材を控えるようにする。

免疫力を高める野菜等の食材を積極的に摂りましょう!

④ 不規則な勤務などで朝夜の区別がなくなってきた。

正常な生体のリズム(時計遺伝子と呼ばれる。)がだんだん崩れてきた影響。

※解消法
夜勤の仕事で、朝どうしても眠る場合は、部屋を暗くして眠る。

十分な睡眠時間を心がける。

⑤ 目を酷使してドライアイになる。
スマホ・パソコンの使用でもう一つ問題になっているのが目の乾き。
乾きがひどくて、疲れやすく目のカスミも引き起こす。

※解消法
市販の目薬をさすのもいいですが、目を酷使したらまず目を閉じて休ませること。

乾燥しやすい場所なら、加湿器をつけるなど対策。

スポンサードリンク

目の疲れを和らげるツボがある?ポイントとなる場所はどこ?

目 疲れ ツボ

① 目の周りのツボ

・眉毛の辺りを軽く押す

・目のまぶたの上下を軽く押したり、鼻の方から目尻に向って指で優しくなでる

・こめかみを指でぐるぐる回しながらマッサージ

※目の筋肉のコリをほぐして柔軟性をもたせるため

② 手にある目を刺激するツボ

左手の親指と人差し指の間の、ちょっと骨が交わるあたりのくぼんだところ。
(その辺りを押してみると少し痛みを感じる場所がツボです。)

※ツボ以外の呼吸法やストレッチのポイント

・呼吸法
おへその少し下を押しながら、深呼吸をゆっくりする。

息をはいたとき、一緒に声も出すとさらにスッキリ感アップ。

・ストレッチ
目の神経に影響を与える、首のコリをほぐす。

首を左右や上下にゆっくりたおしたり、回してみたり呼吸を整えながらゆっくり行うと効果アップ。

スポンサードリンク

深刻な目の疲れ!悩める現代人を助ける解消ポイントやツボなどをご紹介!のまとめ

目 疲れ ツボ

現代病といっても過言ではない、目の疲れ。

多くの目のトラブルは、これだけ発展してきた文明の影響が大きいです。

昔の生活は、何かと不便ではありましたが、生体のリズムにのっとった生活スタイルでした。

その生活スタイルにするのは無理ですので、今の環境での対策を考える必要があります。

様々な研究で目の疲れを画期的に癒してくれる内容や方法も発表されています。

いろんな方法を試しながら、目の大切さを知っていたわりつつ、疲れを解消して毎日の糧にしましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-健康に関する疑問・悩み・ヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。