気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

健康に関する疑問・悩み・ヒント

簡単ストレッチで疲労回復!体の不調に効果的な理由とは?

投稿日:2017年12月15日 更新日:

簡単ストレッチで疲労回復!体の不調に効果的な理由とは?

寒くなってくると運動不足になりがちで、どうも体が重く肩こりや腰など関節が痛くなったりしますよね?

職業的にも事務職のように、ずっと座っている仕事の方も同じく肩や首などの痛みに悩まされます。

その疲労回復に効果的で誰でもできるストレッチを取入れてみませんか?

あまり激しい運動や長時間何かをするのは誰でもおっくうですし、年齢や気候によっても無理な事も多いので、なぜ疲労回復にストレッチが効果的なのかをお話しします。

関連記事
子どものころから筋トレをしていると身長が伸びないってホント?



簡単だから続けられる!ストレッチで疲労回復できる理由

寒さや同じ姿勢でずっと仕事している人が肩こり、腰痛が出やすいのは、血行が悪くなるからです。

運動をする機会が減ったり、動かずにいると体内の血流も流れが悪くなってきます。

それを改善するには、誰でも運動すればいいと思いつきますよね?

もちろんその通りですが、ダイエットする方も経験があると思いますが、あまり長い時間あれこれしなければと思うと、それだけでストレスが逆に溜まってしまって、段々嫌になってやめてしまいます。

また、激しすぎる運動も体に負担がかかってしまうので、あまりお勧めできません。

運動選手もトレーニングを開始する前に、準備体操をしますよね?

それは、筋トレやこれから行う激しい運動で、筋肉を傷めたりする可能性もありますから、準備運動をして、体を伸ばしてほぐしておくと、動きも柔らかくなり運動でケガも少なくなります。

その準備体操と同じで、ストレッチも体を柔らかくして血流をスムーズにできるので、動きが悪くなってこりや痛みを感じている部分も疲労回復へと向かいます。

昔からあるラジオ体操が最近また、CDとかも出て注目され始めたのはそんな理由からです。

ストレッチは長時間すると逆効果になるので、ちょっと痛くなる手前で止めておいて、深呼吸しながらゆっくりと行うので、別に外に出てしなくてもいいですから、天候も関係ないですし場所もとりません。

器具を使わないので、年配の方でも無理なくできますから、誰でも気軽にできるのもストレッチの良さです。

簡単、短時間!と言うのが、長続きの条件ですから、こんな事で疲労回復につながるのかしら?と思う方に、しばらくやってみると実感できるので、何から始めたらいいのか分からない時には、是非ストレッチがお勧めです!

ストレッチで肩こり・冷え性のお悩みも解消!疲労回復にも効果あり!

肩こり・冷え性は、一番の原因は先ほども話した血行の悪さですが、もっといけないのは誰もが毎日溜まっていくストレス

ストレスが溜まると段々脳の中の神経のバランスも崩してしまうので、それを改善するのにもストレッチは効果があるんです。

ストレッチはゆっくりリラックスしながら行うのもですから、働き続けているぴりぴりした状態を休憩させることができます。

そうするとちょっとバランスが悪くなっていた脳の中も、のんびりしたリズムに戻っていきます。

それが疲労を感じる分泌物をおさえて、心も体もぴりぴりした状態から抜け出せるんです!

血流をスムーズにすることは、体を柔らかくほぐすだけでなくて、その効果でストレスを感じている疲労を回復していくことにもつながっていきます。

疲労回復は体も心も、どちらもメンテナンスが必要なものです。

だから、そのどちらにも効果があるストレッチは素晴らしい運動です。

まとめ

運動することは面倒だとか、キツイというイメージがどうしても付きまとって、中々始める時点で嫌になってしまいがちです。

でも、結局疲労回復したくても、どんなに頑張っても効果が出る運動ばかりではありません。

日常の生活習慣の様に、さらっと取り入れる事で始められるストレッチは、スポーツジムに行く時間がとれない忙しい方にも、寒い時期に外に散歩に行くのも難しい時に、時間も場所も選ばないので、誰でも気軽にできる運動です。

しかも効果が一部分だけと言うわけでなく、全身運動ですからあれこれパーツごとにするカリキュラムも必要ないですよね?

リラックスできる時間が取れない忙しい毎日に、ストレッチをしながら少し自分に癒しの時間を与えてあげるのも疲労回復の大切な条件だと思います。

-健康に関する疑問・悩み・ヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。