気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

健康に関する疑問・悩み・ヒント

睡眠不足が引き起こす頭痛は危険!原因を突き止めて正しい対処法を

投稿日:2018年3月22日 更新日:

私も経験ありますが、仕事が朝早くて夜遅かったりすると、どうしても睡眠不足になりがちですよね。

頭がボーッとしたり、注意散漫になったりするのは寝不足ですから当然なのですが、稀に寝不足の時に頭が痛くなったりしませんか?

『あー、こりゃ寝不足だからだな…』と思うでしょうけど、何故睡眠不足だと頭痛がするのかはお分かりになりますか?

ご存知の通り、人間は睡眠を取る事によって疲労を回復させているのですが、睡眠が取れないと疲労はどんどん蓄積していき、
それが神経を圧迫する事によって痛みを引き起こしてしまう訳なのです。

体だけではなく、脳も休める効果がありますので、当然睡眠不足は脳にも疲れが溜まります。
そうすると血流を弱める事によって脳を休ませようとするのですが、この血流の弱まりもまた頭痛の原因となっているのですね…

スポンサードリンク


まずは自分の頭痛のタイプを見極めよう

さて、この頭痛には2種類のタイプがあり、通常血流の弱まりで起こる頭痛は緊張性が主なのですが、
血流の弱まりに加えて寝不足そのもののストレスが脳にかかり、片頭痛が起こる場合もあります。

寝不足による痛み方は誰しもが同じ症状というわけではないのですね。
2種類の痛みがあるという事は処置の仕方も2種という事です。よってまず自分の頭痛がどちらのタイプなのかを確認しなければなりませんね。

こめかみの辺りがズキンズキンと響くような痛みの場合は片頭痛、後頭部又は頭の全体がギュッと締め付けられるような痛み場合は緊張性の頭痛だと考えられています。

どちらかのタイプに当てはまっていませんか?

スポンサードリンク

自分の頭痛のタイプ別対処法

よく注意してお読みください。片頭痛と緊張性の頭痛の対処法は【正反対】なんです。

これを忘れないようにしていただいて、次の説明をお聞きください。

片頭痛


ズキンズキンとこめかみの辺りが痛む片頭痛、なぜズキンズキンと痛むのかと言うと、
これは脳にある血管が拡張していてその部分が炎症を起こしているので強い痛みを感じるのですね。

ここで注意点! 片頭痛の場合はお風呂で体を温めたり肩をマッサージといった事はNGです!
血管が広がっている時に体を温めてしまうと逆に痛みが増幅してしまうので注意してください。

適切なケアは、まず痛みを感じている部分を冷やして炎症を鎮めるのが1番です。
そして次は目を閉じて安静にすること。目から入ってくる光も脳に刺激を与え、血管を拡張してしまいますので、出来るなら暗い部屋で目を閉じて安静にするのが最良ですね。

あとはコーヒーなどのカフェインも血管を収縮させる作用があるのておすすめとなっています。

緊張性


次は1番多いであろう症状の緊張性の対処法です。こちらは血管が拡張する事によって起こる片頭痛とは逆で、寝不足やストレスなどによって首や肩がこり、血流が悪くなる事によって起こるんです。

乳酸やピルビン酸といった老廃物は血流が悪くなることにより蓄積されていき、それらが神経を刺激する事によって頭痛が発生する訳です。

こちらも注意点として、片頭痛とは逆にお風呂に入ったりマッサージをする事が最良のケアとなっています。
マッサージによって筋肉をほぐし、お風呂で温めて血流を良くする事。

もう一つの注意点として、血流の悪さが原因なので、血流の流れを悪くする喫煙は控えましょう
喫煙をしている人は慢性的な頭痛に悩まされている人も多いと聞きます。

それと普段から運動やストレッチなどをして筋肉を和らげ、血流の流れを改善する事も大切ですね。

 

【こういう記事も読まれています】

まとめ


2つの頭痛と対処法をご紹介しましたが、やはり1番大切なのは睡眠をしっかり取る事なので、まずは生活習慣をしっかり整え睡眠時間を確保しましょう。

食事と睡眠。この2つは決しておざなりにして良いものではありませんので。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-健康に関する疑問・悩み・ヒント

執筆者: