気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

イベント

未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」2018の日程・穴場8選+α・感想もご紹介!

投稿日:2018年4月26日 更新日:

 

 

 

 

去年の5月に開催された「STAR ISLAND」という未来型花火エンターテインメントが今年も開催されます。

去年実際に行った方の感想や、イベントの日程・場所・交通機関アクセス、意外な穴場などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


2018年のSTAR ISLANDの日程

日時:2018年5月26日(土)

時間:開場 16:00 閉演21:00 予定

場所:東京 お台場海浜公園内

スポンサードリンク

STAR ISLANDとは?

花火といったら日本伝統文化の一つですが、それを新しい形で演出したエンターテインメントとして楽しめるのが「STAR ISLAND」です。

STAR ISLAND 9つの特徴

1.6つのシート

家族と楽しむ人、友人や恋人と楽しむ人、大切な人と一緒にお台場の絶景が見える場所に6種類のシートが用意されています。

食事をしながらでもよし、寝っ転がって見るもよし、様々な花火の観方を楽しむことができます。

2.野外3Dサウンド

花火をよりダイナミックに演出するのが音楽です。

砂浜を埋め尽くすように設置された数百というスピーカーから立体的に放たれる音楽が花火と融合し、神秘的な新感覚の「ミュージック花火」を楽しむことができます。

3.アーティストのパフォーマンス

国内外から選りすぐりの様々なジャンルのアーティストが集い、レベルの高いパフォーマンスを披露するショータイムを楽しむことができます。

4.光の演出

ライティングエンジニアとして国内外で活躍するAIBA氏が称賛する光の演出。

花火と会場全体をライティングで彩り、独特の世界観を楽しむことができます。

5.絶景のロケーション

お台場は東京タワーやレインボーブリッジを一望できる絶景のロケーション。

そんな場所での花火ショーは必見です!

6.子ども連れでも安心

2018年は子ども連れの家族でも楽しめるように「グループシート」が用意されます。

7.日暮れ前から楽しめる

会場に入るとそこはもう「STAR ISLAND」の世界。

軽快なミュージックを聞きながらドリンク&フードを片手に、夕焼け前から世界観を楽しむことができます。

8.LED BANDでショーに参加

入場の際にLED BANDが配られます。

あなたもショーを演出する一員として、花火と音楽に連動し光を与えることができます。

9.進化を遂げる2018年の内容とは?

2017年は「春・夏・秋・冬」をテーマにしたエンターテインメントショーが繰り広げられました。

2018年の内容はまだ明らかにされていません。当日会場で・・・乞うご期待!

「STAR ISLAND」会場へのアクセス

ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」から徒歩5分

「台場駅」から徒歩約10分

東京臨海高速鉄道「テレポート駅」から徒歩約9分

スポンサードリンク

STAR ISLANDの穴場

竹芝ふ頭

会場からは多少離れますが、レインボーブリッジと花火が重なってとてもきれい!

辰巳桜橋

地元民ならではの情報、知る人ぞ知る穴場なんです!

東京湾花火大会のときもオススメですよ。

有明スポーツセンター展望台

こちらもレインボーブリッジと花火が両方綺麗に見える場所です。

ベンチのある展望廊下からばっちり見えます!無料の休憩室が隣接されてあるのも嬉しいポイントです。

自由の炎像の付近

 

こちらは周りに高い建物がないということで、花火が見えやすいんです。

ダイバーシティ横にある金色に輝くしゅっとしたオブジェが目印です。

品川埠頭

お台場のちょうど対岸側になります。

レインボーブリッジ、会場にいるお客さんのLED BANDの光まで一緒に楽しめます。

潮風公園

お台場海浜公園のすぐ近くにある公園です。

メイン会場に近いので混雑が予想されますが、早く行けばいい場所を確保できる可能性大です!

新浜崎橋

正面がちょうど海で、邪魔になる建物が一切ありません。

写真スポットとしてもおすすめできる場所です。

レインボーブリッジ

まさか!と思った方も多いでしょうが、これぞ穴場中の穴場です!

レインボーブリッジのカーブになっている、くるっとした場所の真下が超穴場なんです。

その場所に行くまでがちょっと大変かもしれませんが、レインボーブリッジは徒歩でも渡れるので、運動がてらビール持って花火鑑賞いかがですか?

昨年開放されたデックス東京ビーチのシーサイドデッキについて

昨年、STAR ISLANDの開催日にデックス東京ビーチのシーサイドデッキが開放されたとのことで、今年はどうなるかデックス東京ビーチに直接尋ねてみました。

残念ながら今年は花火大会当日5/26(雨天時は5/27順延)の17:00~20:45(終了予定時間)まで安全性確保のため閉鎖するとのことでした。

ただし、デックス東京ビーチのシーサイドモールの3階、5階、6階のシーサイドデッキに面した飲食店舗については、飲食のご利用者様に限り、各飲食店舗前のデッキ部分を開放するところもあるそうです!

これらの店舗を利用する際には、花火開催日については予約が必要となる店舗もあるので、各店舗に問い合わせくださいとのことでした。

2017年のSTAR ISLANDを見に行った方の感想

未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」へ行った感想です。

STAR ISLANDはお台場海浜公園で行われる伝統の花火と野外3Dサウンドミュージック、一流アーティストのパフォーマンスがコラボした未来型の花火大会・花火エンターテインメントです。

夫と2人で行きましたが、伝統と最新技術の融合した最先端の花火大会といったかんじで、花火の光と3Dの音響でとても迫力がありました。

見る、というより体験する、といった感じでした。

チケットを購入するとディナー付きのテーブルシートやベッドシートで音と光を存分に楽しむことができます。

会場はとにかく人が多いので、座って落ち着いて見るならチケットを購入したほうがいいかもしれません。

早々に売り切れていたので残念ながら私たちは購入できませんでしたが。

交通手段は、駐車場がないので公共交通機関推奨です。

ゆりかもめお台場海浜公園駅または台場駅から徒歩5分。

東京臨海高速鉄道東京テレポート駅から徒歩7分です。

会場はとても混雑しているので、ゆっくり見たい場合は穴場スポットとして竹芝ふ頭をお勧めします。

会場からは離れてしまいますが、レインボーブリッジと花火が重なってきれいな写真が撮れます

掲載した写真はインターコンチネンタル東京ベイから撮影したものです。

2017年から始まったようですが、全く新しい花火大会が楽しめるを思いますので、興味のある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-イベント

執筆者:

Googleサイト内検索