気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

2月の話題

季節の恒例行事!手作り節分で子どもと一緒に楽しむ我が家の方法

投稿日:

もうすぐ2月3日。「節分」ですね。

日本に昔から伝わる季節の風習の中でも小さなお子さんにもわかりやすく楽しめるのが「節分」ですが、小学生から2歳まで子どもが3人いる我が家の過ごし方を紹介します。

では、自宅で節分の行事を楽しんでいる方は沢山いらっしゃると思いますが、節分とはそもそもどういった日なのでしょうか。

スポンサードリンク


子どもに節分の由来を説明する

節分とは、「季節を分ける」という意味があり、冬から春に変わる日の事を言います。
この季節の変わり目に、悪いものを追い払って気持ちよく新しい季節を迎えましょうというのが節分です。
そしてその悪いものの象徴が鬼となります。

鬼はどこにでもいます。
心の中にもいるのです。

おこりんぼ鬼。
泣き虫鬼。
いじわる鬼。
いやいや鬼。

心の中にも住んでいる鬼を豆まきをして追い払ってしまいましょう。

説明が理解出来る年齢であれば、「あなたが心の中から追い払いたい鬼は何かな?」
とお子さんたちにそれぞれ聞いてみる事もよいですね。

鬼の面は園で作ったものを

幼稚園や保育園で鬼の面を工作してくるお子さんもこの時期多いのではないでしょうか。
我が家も、毎年紙袋であったり、画用紙であったり、張り子であったりとそれぞれが鬼の面を作って持ち帰って来てくれます。

季節の行事は「○日だからママちゃんと準備してね」といつも先に言いだすのは子ども達です。
こういった季節の行事については園でもしっかりと教えてくれますので、そのおかげこういった季節の行事に敏感になってくれるのはとてもありがたい事ですよね。

スポンサードリンク

豆まきの升作り

我が家の場合は、鬼の面は園で作ってくるという事でそれはさておき、家では豆を入れる升を一人一人準備する事にしています。

① 手ごろな大きさの箱を準備します。
(ティッシュペーパーの箱を半分に切ったものや、牛乳パックでもよいでしょう)
② 画用紙を箱の側面に貼ります。
③ 箱の両脇に首からかけられるように紐をつけます。
④ 箱の側面に鬼の髪の毛を描いたり、貼ったりします(毛糸や、ペットボトルの蓋を使ってもよいでしょう。)
⑤ 鬼の顔を描きます。

子どもの年齢に合わせてまだお絵描きが難しいお子さんにはママが作ったパーツをぺたぺたと子どもが貼るだけにしてもよいと思います。

豆の準備

豆はバラバラにならないよう小袋入りのものを選ぶと片付けがしやすいですね。
我が家では新聞紙ボールを作りました。
新聞紙をびりびりに破り、丸めてボールにします。
テープで留めておくと、形が崩れずに済みます。

新聞紙ボールは末っ子がまだ誤飲が怖い赤ちゃんの時に始めました。
これが上のお兄ちゃん達には大好評。
お父さんの鬼目がけてどんどん投げます。
当たっても痛くはないですし、何でも口に入れてしまう小さなお子さんがいらっしゃる場合は安全かと思います。
巻き終わったら回収競争をしてまた次の部屋に移ります。

実際の豆は豆まきが終わった後で改めて子ども達と年齢の数だけ一緒に食べる事にします。

恵方巻きは一緒に

せっかくなので、恵方巻きは巻き簾を使って子ども達も一緒に巻いてみるのもよいですね。
我が家ではこの日だけは夫が料理担当です。
子ども達は「お父さんのお寿司屋さん」と呼んで毎年恵方巻き作りを楽しみにしているようです。

最後に

お子さんが小さいうちこそがこういった行事を楽しむいい機会です。
子どもが生まれてからお約束のように続けてきた事が、いつしか子ども達の記憶に残るようになり、「去年は楽しかったね。今年もまたやりたいね」と、我が家の恒例行事となってきている事を感じています。

手間はかかる事もありますが、ちょっとした工夫で皆さんもお子さんと一緒に手作りで節分を楽しんでみませんか。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-2月の話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。