気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

6月の話題 7月の話題 天気

なんで「梅雨」で「つゆ」って読むの?ちょっと面白い名前の由来

投稿日:


  
6月になったら始まる、梅雨。じめじめして、カビも生えるし嫌な梅雨ですが、その名前の由来や、なんでつゆって読むのか、不思議だと思いませんか? 

なんで梅?梅なのに、なんでつゆって読むの? 

ちょっとした梅雨の由来を知っておくと、これから来る梅雨を少し楽しく過ごせるかもしれませんよ!ここでは、梅雨の由来、それ以外にもちょっと気になるお天気の不思議な用語の由来をご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク


梅雨という名前の由来は?

梅雨、という言葉が生まれたのは、江戸時代と言われています。
 
江戸時代に著作された、「日本歳時記」という本の中には、「6月の雨の多い時期に名前をつけよう、つゆにしよう!」という記述がみられます 
 
ここで初めて、6月の雨の多い時期につゆ、という名前がつくことになったんです。
では、つゆと呼ぶようになった理由、それがさらに梅雨になったのはどうしてでしょうか??

もともと、中国では黴(かび)の多く生える時期の長雨、という意味の「黴雨」という言葉がありました。
これ、このまま読むと「ばいう」と読むんです。 
 
これがこのまま日本に伝わり、日本でも最初は「黴雨」(ばいう)として使われていたんです。

でも、見た目からしてカビっぽいのに、ネーミングまでかびなんて、と不評でした。その後、同じ「黴雨」(ばいう)なら、同じ音の「梅雨」をあてて、「ばいう」と読ませてもいいじゃないか。ということになり、ばいうと読ませたまま、梅の漢字をあてたのです。

確かに、そっちのほうが綺麗ですよね。

また、6月は熟した梅の実が雨を大量に吸い込んで、潰れる時期とも重なったことから、「潰れる」を意味する「潰ゆ(つゆ)」という言葉を使うようになった、とも言われています。

他にも梅雨の由来と言われているものの中には、「しとしとと露(つゆ)っぽいから。」なんていう単純なものもあるようですよ。
 
最初は中国から言葉が伝わった梅雨ですが、この6月の長雨の気候はそもそも東アジア特有のもののようで、梅も、東アジアにしか生息していないそうです。なんだか、雨と梅は、関係が深いんですね。中国でも、韓国でも梅雨があるため、それぞれの呼び名があるようです。

スポンサードリンク

その他の気象用語の由来も解説!

ここ数年でよく聞かれるようになった、ゲリラ豪雨。都内に住んでいると本当によく聞く言葉ですよね。

でも、これは気象用語じゃないってご存知でしたか?

ゲリラ豪雨の正式な気象用語は、「集中豪雨」なんです。新聞やニュースで普通に読まれているゲリラ豪雨ですが、実はちゃんとした気象用語ではなかったんですね。
 
さらに、このゲリラ豪雨の正式名称の集中豪雨、という言葉も、最初は気象用語ではなかったんです。

1953年8月に京都府木津川上流で発生したひどい大雨のことを伝えるために、朝日新聞が夕刊で使ったのが最初だといわれています。
これ以降、新聞を中心に集中豪雨、という言葉が使われるようになって、現在ではすっかり気象用語として定着した、というわけなんです。

ゲリラ豪雨も、2008年の夏以降、一般的に広く使われているのを見ると、今後正式な気象用語になっていく可能性もあるかもしれませんね。

まとめ

梅雨の時期はじめじめして、髪もうねるし、洗濯物もカラッと干せないし、憂鬱な気持ちになりやすいもの。
でも、梅雨の由来を知っていれば、梅の木を見かけたりしたときに、ほんのちょっと楽しい気持ちになって、江戸時代の風刺に触れたような気分に浸れるかもしれませんよ!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-6月の話題, 7月の話題, 天気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。