気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

1番目 子ども 気になること・素朴な疑問 音楽

子供の絶対音感の鍛え方!相対音感との違いは?

投稿日:2017年6月22日 更新日:

自分が音痴だから子供には絶対音感を習得してほしいな~なんて思っているお母さんいませんか?

絶対音感は小さい頃が肝心!なんて聞いたことがありますが、トレーニングで身につくものなんでしょうか?

今回は子供の音感の鍛え方や、相対音感との違いについても調べてみました。

スポンサードリンク


子供の絶対音感の鍛え方とは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子どもがどんどん賢くなる「絶対音感」の育て方 [ 鬼頭敬子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/7/24時点)

絶対音感は知能の発達と関係が深く、感覚が鋭い3歳~6歳ぐらいまでに訓練すると身につきやすいと言われています。

まずは、いろんな音楽に触れさせることが大事です。

家でもクラシックなどいろんな楽器が聞こえる音楽を流すのがおすすめです。

もし環境が許せば、ちょっと良いスピーカーを使うといいですよ。

では、家で絶対音感を鍛えるトレーニングする場合は、どんなふうにやったらいいのでしょう?

絶対音感の訓練にはピアノやキーボードが最適です。

  • 単音当てゲーム
  • 和音当てゲーム
  • 親が弾いた旋律を子どもに真似させる
  • 動揺を歌詞で歌った後ドレミで歌う

これなら家でも簡単にできそうですね。

訓練に使うピアノなどは、ちゃんと調律がされていて、音が正確な物を使ってくださいね。

おもちゃなど音が狂いやすいものを使うのはお勧めしません。

子供が音楽を楽しむのがいちばんなので、ぜひゲーム感覚で楽しくやってみてくださいね。

スポンサードリンク

絶対音感とは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対音感 (新潮文庫) [ 最相葉月 ]
価格:723円(税込、送料無料) (2018/7/24時点)

絶対音感は、ある音(純音および楽音)単独に聞いたときに、その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力である。狭義には音高感と音名との対応付けが強く、ある音楽を聴いたときに即座に音名・階名表記を使用して表現できる能力である。

『Wikipedia』より

とのことですが、簡単に言うと、絶対音感がある人は頭の中に正確なピアノみたいなのがあって、ある音を聞いたときに「これはソの音だ」とか「あの音はシだ」というふうに、聞いた音を完璧にドレミファソラシドに当てはめることができるんです。

そういえば、我が家の1番目も小さい頃に「あ、ミの音が聞こえる」なんて言ってたことがあるんですよね。

ちなみに、この絶対音感にも精度の違いがあるらしく、微妙な音のズレも聞き間違えない人、だいたいしかわからない人、様々だそうです。

スポンサードリンク

相対音感とは?

相対音感は、基準となる音(純音および楽音)との相対的な音程によって音の高さを識別する能力である。音楽を美しいと感じるには、相対音感が必要であるから、ほとんどすべての人が本能的に持っている能力と言える。

『Wikipedia』より

相対音感ってほとんどすべての人が本能的に持っている能力なんですね。

例えばある2つの音を比べて「こっちの方が高い」とか、和音を聞いたときに「美しい」「なんだか変」とか思うってことです。

こちらも精度の違いは結構大きくて、一般的に「音感が良い」と言われる人はこの相対音感の精度が良い人のことでしょうね。

私は合唱でどこかのパートが少しでもズレていたらそれに気づくことができます。

カラオケで他の人が歌っている歌に、ぱっと合わせてハモることができます。

相対音感の精度はなかなか良いんじゃないかな~♪

子供の絶対音感の鍛え方まとめ

親がピアノなど音楽をやっていたら、ぜひ子どもにも絶対音感を身につけさせたい!と思う人が多いでしょう。

逆に親が音感がない!と自覚していたら、子供には絶対音感を身に着けさせたいですよね。

小さい頃から遊びの中でトレーニングできたら、楽しみながらできそうですよね。

あまりにも「訓練、訓練」と思って厳しくしたり、1日長時間やるのは逆効果だそうですので、気を付けてくださいね。

親子でいろんな音楽を楽しむ!という感覚がいいですね。

我が家の息子は、まずはピアノのレッスンを楽しんで、長く続けてくれればそれでいいです♪

スポンサードリンク

関連記事と広告

-1番目, 子ども, 気になること・素朴な疑問, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Googleサイト内検索