気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

お金 妊娠・出産 赤ちゃん

出産祝いは誰のもの?!生活費として使ったらダメなの?

投稿日:


出産すると、子供が生まれたお祝いにと「出産祝い」を頂きますね。

両親・親戚・友人・会社関係と多くの方から頂き、
その金額は数十万円になる!なんて方もいるのではないでしょうか。

この出産祝いですが、みなさんはどの様に使っていますか?
赤ちゃんの為?それとも生活の為?

今回はそんな使い道を調べてみました!



産祝いの使い道について生活費として使うケースなどをご紹介

出産祝いの使い道は大きく分けると2つじゃないかと思います。

1. 子供のもの派
名前の通り出産祝いという位なので赤ちゃんの為に使う方(貯金等)
2. 親のもの派
家族のものはみんなのもの。という考えのもと、生活費に充てる方。

でも、出産祝いの使い道に正解なんてありません。

生活費に充てたってもちろん良いのです!

生活費に充てるという事は赤ちゃんが生活する為の資金に
なるのですから、立派な赤ちゃんの為の使い道になります。

では、生活費として使うケースとしては何があるのでしょうか。

・出産費用に充てる。
出産一時金で足りない分をここから出す方もいます。
・赤ちゃんの消耗品を買う。
ベビーカー等の大きいものの他に、ミルクやオムツは
毎月1万円以上かかりますよね。
その他にもベビー服や雑貨、とにかく赤ちゃんにはお金がかかります。
・家族の生活費
そもそも生活が苦しいと家族が生きる事が最優先になります。
水道光熱費の支払いや食料品の買い物その他、
生活に必要な色々なものに使います。
・兄妹がいる場合
一人っ子だと貯金に回せるという方でも、やはり家族が多いと
かかる費用も違いますよね。

出産祝いを臨時収入ととって普段は買えない大型家電を購入したり、
出産に伴う入院等で子供達に寂しい思いをさせたから。と
赤ちゃんが生まれたお祝いも兼ねて家族そろって旅行にでも!
と家族としての楽しみに使う方もいます。

出産祝いをどうしているのか。貯金や生活費など実例を紹介

やっぱり子供の為の貯金でしょう!

一番多い使い道は、子供の将来の為の貯金です。
出産祝い全額というよりかは、そこから内祝い分を引いた金額
貯金する家庭が多い様です。

私も第一子の出産祝いは、内祝いを引いた金額を
子供名義の口座に貯金しました。

子供の為に貯金をしたという事よりも、子供名義の口座を作った事で、
子供が生まれたという事を実感して、これからこの通帳を一杯に
してあげられる様に頑張ろう!
と思った記憶があります。
(通帳はまだまだスッカスカですけどね・・・)

又、最初の入金額を子供の体重にする!という家庭も多いそうです。
親の愛情が感じられる、とっても素敵な事ですよね!

私は思いつきもしませんでしたが、これから口座を開設される方は
是非やってみて下さい。

子供の為の生活費に!

赤ちゃんは生まれる前も生まれた後もお金が色々と掛かります。

具体的に何に出産祝いを当てているかを保育園のママ友に聞いてみました。

・ミルク・オムツ・スタイ等の消耗品
・チャイルドシート等の値段の張るもの
・普段は買わない玩具(米で出来た積木等の赤ちゃんに良いもの)
・自分では買わないブランドの赤ちゃん服
・オーガニック製品
・100日等のお祝い時の出費の時用によけておく

と様々な結果となりました。

自分では買わない様な、ちょっと良いものを出産祝いから買うというのは
何かわかる気がしますよね!

ミルクやよだれで汚れやすい赤ちゃんのものはある意味「枚数勝負!」
な所があるので、こういった時に普段は買わないけど可愛い(お高い)ものを
買いたいというのも納得です。

【こういう記事も読まれています】


まとめ

ママは貯金!パパは赤ちゃんの玩具購入!など出産祝いの使い道で
意見が割れるという方もいます。

これは育った環境だったり、男脳と女脳の違いなんじゃないかと思います。

でも、出産祝いの使い道に正解はありません。

それぞれの家庭で、それぞれの夫婦で使い道を話し合うのが良いでしょう。

使い道を人に言う必要もないので、赤ちゃんの為、パパママの為、
兄弟の為、家族が納得するものに使っていきましょう!

-お金, 妊娠・出産, 赤ちゃん

執筆者: