気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

子ども 病気 赤ちゃん

突発性発疹ってどんな病気?症状・感染力・治療法・原因・対処法などについて

投稿日:

突発性発疹 症状 感染力 治療法 原因 対処法

赤ちゃんが初めて発熱したときの病気が『突発性発疹』だったということをよく聞きます。

実際、我が家の1番目と2番目もそうでした。

特に1番目のときは、子どもにとっても親にとっても初めての発熱でどう対処したらいいのか慌てたのを今でもよく覚えています。

今回は『突発性発疹』の症状や原因、治療法や対処法、兄弟や大人へ感染するのかどうかについてご紹介します。

突発性発疹とはどういう病気?

突発性発疹の特徴は

  • 40度近い熱が出る
  • 熱が下がって2~3日後、全身に発疹が出る

という病気で、『ヒトヘルペスウイルス6あるいは7』というウイルス感染によって発症します。

発症した子どもの約70%は1歳未満で、ほとんどは6ヵ月~1歳の間に発症します。

1歳を過ぎてからかかる子もいますが、遅くても2~3歳までにかかると言われています。

高い熱が出るし、子どもにとって初めての発熱というケースも多いので心配になると思いますが、重症化することはありません。

突発性発疹の原因は?

突発性発疹の原因は『ヒトヘルペスウイルス6型』というウイルスへの感染です。一度感染すると再度感染することはないのですが、『ヒトヘルペスウイルス7型』というウイルスも突発性発疹の症状を発症する原因となるので、6型と7型にそれぞれ1回ずつ感染するケースもあります。

また、これらのウイルスは一度感染すると一生体内に残ります。

そのため、親など大人から子どもへ飛沫感染・経口感染するのではないかと考えられています。

突発性発疹の症状は?熱と発疹以外に何かあるの?

突発性発疹の主な症状は高熱とその後の発疹ですが、下痢を伴うこともあります。

我が家の1番目がそうでした!

熱が引いて発疹が出始めたころに下痢も始まり、発疹が引いたころに下痢も治まりました。

また、高熱を出したときに『熱性けいれん』を起こすことがあります。

我が家は2番目がやりました!

たいていは数分で治まり命に関わることではないので、揺らしたり大声で呼びかけたりせず、静かに様子を見ましょう。

突発性発疹のときの治療法・対処法は?

突発性発疹の特効薬や特別な治療法などはありません。

発疹も痒がることはほとんどないので、熱が出たときの対処をしっかりとしてあげましょう。

高熱が出ても元気があれば問題ないのですが、ぐったりしていたり、眠れなかったりする場合は解熱剤を使います。

汗をかくことが多いので、嫌がらなければさっとお風呂に入れても構いませんし、熱があるときはお湯で体を拭いてあげるといいでしょう。

下痢を伴った場合に心配なのが、脱水症状です。このときは整腸剤が処方されることがあります。

水分がきちんととれていれば問題ないので、ミルク・お白湯・麦茶・ベビー用イオン水など赤ちゃんが飲めるものをこまめに与えるようにしてくださいね。

突発性発疹のときは、基本的にゆっくり休むことと水分補給が大事です。

突発性発疹の感染力って強いの?

大人や4歳以上のほとんどの子どもは突発性発疹に対する抗体がすでにできているので、感染することはないでしょう。

まだ感染していない4歳未満の子どもには、感染する可能性があります。

基本的にヒトヘルペスウイルス6型・7型自体の感染力は弱いと言われていますが、感染した子どもが発熱している間がいちばん感染力が強くなります。

ウイルスの潜伏期間は約10日で、発疹が治まった後の感染力は弱まります。

中には『不顕性感染』といって、感染しても症状が出ないことがあり「うちの子は突発性発疹にかからなかった」と思っている人もいるようです。

関連記事
子どもが病気!?病院へ連れていくタイミングや見極め方は?
保育園のクラスメイトが入院⁉RSウイルス感染症の基礎知識について

さいごに

子どもが高熱を出すと、親はちょっと慌ててしまうことがありますよね。

特に初めての子育てでは、わからないことだらけなので不安も大きいでしょう。

高熱を出しても突発性発疹かどうか、素人では判断できないこともあるので、心配な時はすぐ病院へ行くようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-子ども, 病気, 赤ちゃん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。