気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

子ども

子育て施設で遭遇する場面!他人の子を叱れるか?みんなが安心して遊ぶには

投稿日:

子育ては初めての経験がいっぱい。
初めての赤ちゃんを育てているママには、あらゆる場面で戸惑う事もあるでしょう。
皆さんは他人の子を叱る事が出来ますか?

スポンサードリンク


子育て施設での出来事

長男が生後8か月の頃。
いつものように市の施設で子どもを遊ばせていた時の事です。
そこはただ遊戯室を開放しているだけで、保育士さんや施設の方が常時見ている訳ではありません。
必ず保護者が付き添わなければなりません。

普段、平日の午前中は就園前の小さな子達がほとんどですが、その時は夏休みと言う事もあり、2~3歳、4~5歳位の少し大きな子達も来ていました。

息子がお座りでおもちゃに夢中になって遊んでいる時、ある男の子から真正面から肩をドンと突き倒されたのです。

その子は想像ですが3、4歳位の子だったでしょうか。

勿論赤ちゃんだった長男とは体格の差、力の差は歴然。
長男は後ろに勢いよく倒れ泣きました。

私は息子をすぐ抱き上げたのですが、その子は知らんぷり。
そして、その子の親も目の前にいながらお友達とおしゃべりに夢中で気がつかないのです。

このような時皆さんならとっさに他人の子を叱る事が出来ますか?

私はこの時は息子を押し倒したその子に注意する事が出来ませんでした。

こういった事は全てのお母さん方が通る道といってもよいでしょう。
まだ赤ちゃんの息子を連れて遊びに行くようになって数カ月。
母になって初めての洗礼だったとも言えるかもしれませんね。

赤ちゃんを連れているお母さん方にとっては2~3歳の子は動きも力強く、同じ場所で遊ばせるのが怖いと感じる方もいるでしょう。
同じように、2~3歳の子を連れているお母さん方から見れば4~5歳の子は少し怖いなと感じる事もあるかもしれません。

私の場合、その時は一瞬の出来事であった為、息子をその場から遠ざけました。

そして、もやもや思いながらもその場はやり過ごし、先輩ママに相談したところこのようにアドバイス頂いたのです。

見ていない親はいつでもどこにでもいる。だからその場ですぐ子どもに注意しないとダメだよ。

人の子を叱るってとても勇気がいることですよね。

あとで揉め事になるのも面倒だし、自分の子がまだ赤ちゃんであれば、すっと遠ざけてしまえばよいだけの事。

また、その時に起こったことを後で親に伝えても、その状況を見ていないから・・・と言われればそれまでです。

初めはドキドキしますが、もし見ていて危ないと思った時、その子が言ってわかるような年齢であると思ったなら、その場ですぐに、
「危ないよー。赤ちゃんいるから気をつけてね」
と一言伝えればいいのです。

スポンサードリンク

今度はあっという間に逆の立場になる時がきます

自分の子が2、3歳になってみた時。
気をつけて見ていても、危なっかしい場面は必ず出てきます。
一瞬たりとも目を離さない事は無理です。
そして、お友達と関わりながら遊べるようになった時は、必ず小さな子には気をつける事は大前提として、見守る事が必要な時も出てきます。

我が家の場合は赤ちゃんの時期を過ぎてしまうと、特に男の子ばかり3人という事もあり、落ち着きがなく、逆に周りにご迷惑をおかけする場面の方が増えてしまいました。

危なっかしいとわかっているので常に見張ってはいましたが、もし何かあった場合には私の場合はその場で言っていただいた方がとてもありがたく感じました。

こういった施設では母親同士が悩みを共有しあったり、情報を交換できる事も大切。
ですから、母親同士がおしゃべりする事が悪いという訳ではないのです。

ですが、おしゃべりに夢中になってしまい、周りに配慮する事を怠ってはいけません。

異年齢の子が一緒に遊ぶ中で、ルールを守る事であるとか子ども同士がお友達とのかかわりを学んでいく事も大事。
そしてそこには必ず大人が見守る責任が伴うのです。

協調性や人を思いやる気持ちは大切で、小さいからわからないではなく、小さいうちから教えて行かなければなりません。
その為にも、他人の子であっても見ている大人はすぐその場で注意をする事が必要なのですね。

最後に

年齢別に遊べるスペースが区切られている施設ならばよいですが、例えば公園であったり、ショッピングセンターなどのキッズスペースのような場所であったりは細かく区切られているような場所は限られているものです。

みんなが安心して遊べるよう、大人がしっかり見守っていきたいものですね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-子ども

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。