気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

子育てに関する疑問・悩み・ヒント 赤ちゃん

育児にイライラしてしまい、限界を感じてしまった体験談

投稿日:

私が上のように感じたのは、生後1ヵ月経つまでの話でした。

でも、イライラという表現とは少し違ったかもしれません。

子どもにイライラしているという感じではなく、全く分からないことだらけの毎日に嫌気がさし
周りに当たってしまっているような状態でした。

スポンサードリンク


はじめてのことばかりでわけがわからない!!

入院中

はじめての出産でうちの子は少し小さく産まれたため、
退院が伸びるかもしれないと言われていました。

入院中は母子同室で、1日中子どもと一緒に過ごしていました。

その時は、なかなか上手くおっぱいが飲めなかったため、
頻回授乳で少しでもこの子が上手になるようにと必死でした。

この子にたくさんおっぱいを飲んでもらって、
一生懸命お世話して早く一緒に退院したい
という思いが強く
全てのことを完璧にしたいという気持ちが強かったです。

その甲斐もあってか、
退院が伸びるかもと言われていたにも関わらず
体重の伸びが良かったため1日早く退院することができました。

入院中は、小さく産まれたこともあり、
体力を使わないようにしているらしいですが、
他の子よりも泣かず授乳も無理やり起こすほど寝ていました。

なので他の子が沐浴で泣いていてもうちの子は全く泣かず、
新生児室でも1人キョトンとしたり、寝ていたりと大人しい子でした。

退院後

それが、退院してからは随分変わりました。
まず、ギャン泣きが始まりました。

今まで聞いたことのないような大きな声。
そして、夜中なかなか寝てくれず
背中スイッチがバッチリで夜中中徘徊したことも今では懐かしいです。

スポンサードリンク

周りの人に当たってしまうことも


退院後、入院中に完璧を目指しすぎて疲れて来ていたこと、
入院中よりもたくさん泣き、夜中全く寝ない日があったこと、
そんなことが続く毎日に嫌気がさしていました

里帰りした為、子どもが夜中に泣けば
母親がとんできてくれ、とても助かりました。

昼間は祖父母が抱っこを変わってくれました。
それでもしんどかったのです。

わけもわからず

子どもがなぜ泣いているのか分からない、
夜中に寝てくれない、ギャン泣きが続く、
そんな日々に相当参っていたのでしょう。

自然と涙が出てくる日が続きました。
助けてもらっていて、ありがたい環境にも関わらず、
涙を流していました。

旦那にあたる

そんな日が続くと、情緒不安定な状況だったのだと思いますが、
すぐ旦那に当たり散らしていました。
何か理由をつけては、突っかかるような言い方をしていました。

例えば、休みごとに顔を出してくれ、
ありがとうと言うべきところを、
私は24時間なのに週1.2回2時間程度来るだけで、
私の何が分かるのか‼と理不尽に怒ってしまったり
アパートに行けばなぜここの掃除がこんなに出来ないのか、
もっとこうしてほしいと文句ばかり言っていました。

今思い返せば本当にストレスが溜まって、
どうしようもなかったのだと思います。

手伝ってもらっている

そして、私はこの子さえ見ていれば
家のことは全て祖母がしてくれました。
しかも、この子が泣けば
抱っこまでしにきてくれるそんな祖母に当たりました。

そんなちょっと抱っこをしに来るくらいならしないでほしい。
もっと静かに家事をしてほしい。
そんな風に毎日言ってしまっていました。

【こんな記事も読まれています】

子育て中は赤ちゃんにもイライラ…。そんな時に試したい解決策は?

子育て中のストレスを解消するには?子育てでイライラしたときどうしたらいいの?

産後うつかな?子育てでイライラしたら症状をチェック!原因・対策・時期は?

子育て中夫に対してイライラしてしまう理由は?どう対処したらいい?

2歳児の子育てにイライラしたらこうしよう!ママの気持ちの落ち着け方 

 

慣れないことにイライラ

とにかく慣れない日々にイライラしていたのだと思います。
明確な理由があるわけではなく、
なんとなく嫌だと思ったり、気に障ったりしていたのです。
自分自身に余裕がなかったのです。

余裕がないとそのうち限界が来ます。
そして、爆発してしまうのです。

今は少し育児にも慣れ、気持ち的に落ち着いては来ましたが、
またこれから色々な成長の過程で
イライラしてしまうことがあると思います。

そんな時、限界まで耐えたり我慢したりするのではなく、
周りに頼れるところは頼りながら、息抜きもしながら
乗り越えていきたいと思っています。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-子育てに関する疑問・悩み・ヒント, 赤ちゃん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。