気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

健康に関する疑問・悩み・ヒント 子育てに関する疑問・悩み・ヒント

子どもが病気!病院へ行くタイミングや受診の目安は?

投稿日:2017年5月15日 更新日:

子どもが病気になった時、親としてはとても不安になりますよね。

保育園や幼稚園など、集団生活に入るとしょっちゅう熱を出したり風邪ひいたり・・・

そういう時、どんなタイミングで子どもを病院に連れて行ったらいいのでしょう?

子どもを病院に連れていくべき状態をどうやって見極めたらいいのでしょう?

特に夜中だと救急外来へ連れて行ったほうがいいのかどうか、判断に迷いますよね。

私も小さな子どもを持つ親なので、いざという時に慌てないようにしっかり調べておきたいと思います。

スポンサードリンク


子どもが病気!?症状をチェックしよう

子どもの調子が悪そうな時は、まず次の症状があるかどうかをチェックしてみてください。

・発熱
・咳
・嘔吐
・下痢
・痙攣

このような症状があっても、水分が取れていて意識がはっきりしていれば、基本的には急いで病院へ連れていかなくてもいいでしょう。

スポンサードリンク

子どもが病気!?病院へ連れていくタイミングや見極め方は?

①発熱の程度

大人でも37℃をちょっと超えただけでもかなり辛かったり、38℃台でも元気だったり、人それぞれですよね。

大事なのは平熱との差です。普段から子どもの平熱がどれくらいなのか、チェックしておきましょう。

平熱が36℃台の子が38℃台の熱を出せば結構な発熱ですが、平熱が37℃台の子が38℃台の熱をだしても、微熱といった感じです。

熱が39℃を超えるとかなり心配になってきますが、発熱以外にこれといった症状がなく、水分と睡眠がとれていればとりあえず様子を見ましょう。

慌てて夜間外来へ連れていく必要はありませんよ。

ただ、高い熱が何日も続くようだったら病院へ連れて行ってください。

②咳の音や状態

朝や夜寝る前に少し咳が出るぐらいで、元気があるようだったら基本的に問題ありません。

ゴロゴロと痰が絡んで苦しそうにしていたり、食欲がなかったり、夜眠れないほどであれば病院へ連れていきましょう。

ゼーゼーと息苦しそうにしていたり、ケンケンと犬が鳴くような感じがあれば、急いで受診してください。

③嘔吐の状態

咳込が激しくてちょっと吐いてしまったぐらいだったら大丈夫です。

食事を制限して安静にしていても嘔吐が続いたり、水分もとれない状態であれば、病院へ連れて行ってください。

顔色が悪かったり、意識がはっきりしない場合は急を要します!

④下痢の状態

ウイルス感染でお腹を壊してしまうことはよくあります。

水分も取れていない、激しい腹痛を伴う、血便が出た、という時は急いで病院へ行く必要があります。

⑤痙攣の状態

熱性けいれんといって、小さい子が高熱を出したときに起こる痙攣があります。

これは5分以内に治まり、脳などに後遺症が残ったり、命の危険があるわけではないので、落ち着いて対処してください。

痙攣が起こった場合はゆすったりせずに平らな場所に寝かせ、痙攣の時間を計ってください。

5分以上続いていたり、発作が治まっても顔色が悪かったり意識がない場合は救急車を呼びましょう。

さいごに

その他にも子どもが病気になると様々な症状が出ますが、基本的には食欲があるかどうか・睡眠がきちんととれているか・機嫌がいいかどうか、をしっかりと観察してあげてください。

小さい赤ちゃんは特に重症化しやすいので、普段から平熱を計ったり、ミルクやおっぱいを飲んだ時間や量を記録しておくと、ちょっとした体調の変化にも気づきやすくなりますよ。

休日の日には当番医を事前にチェックしておく習慣をつけておくことも大事ですね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-健康に関する疑問・悩み・ヒント, 子育てに関する疑問・悩み・ヒント

執筆者: