気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

お金 中学生

シングルマザーでも奨学金で子どもを高校へ通わせられる!?制度・準備についてご紹介!

投稿日:


気づけば、お子さんが受験生で高校への進学を考えている。という保護者の方、
お子さんの志望校へ合格するかどうかという不安もあるでしょうが、合格をしたあと、
高校進学の費用を賄えるだろうか、という点でも悩みを抱える保護者の方は多いと
思います。

昨今の不景気により、収入が減っているなかでの増税など家計への負担は
はかりしれません。
そのなかでもシングルマザーの方は、一人で家計を支えなければならず、
経済的な不安はより大きなものがあるでしょう。

今回は、シングルマザーの方が高校進学への不安を減らすことができるように
奨学金の制度や準備について紹介したいと思います。



シングルマザーの子どもが奨学金で高校へ通える?

金銭的な面でやはりハンデを感じることも多いシングルマザーのご家庭は多いと
思います。

特にお子さんの進学というのは、普段より大きい出費となるので、家計の大きな
負担になるかと思います。

ですが、お子さんが努力して合格した志望校への進学を金銭的な面で諦めてしまうのは
とても悔しいですし、なるべくなら避けたいですよね。

そんな時は、行政の奨学金や支援支援を利用してみてはどうでしょうか。

特に、高校については2014年以降から就学援助による授業料の無料化
始まっています。この制度は、市町村民税額が30万4,200円以下であれば
受けることのできる制度です。

高校合格後のオリエンテーションなどで説明がある高校は多いと思いますので、
聞き逃すことがないように頭にいれておきましょう。

この制度は、加給制度もあり税額や所得額によりますが、最大で年間約30万ほどの
支援
になります。月々の授業料を賄うに十分な金額です。

高校生活を3年間は、月々の学費については心配せずに過ごすことができます。

シングルマザーの子どもが利用できる奨学金制度とは?

授業料について、安心出来たとしても、高校生活にはその他の必要経費がかかってきます。
教材費、課外活動などの出費はかなり大きい額になることが考えれます。

そういったときはひとり親家庭支援奨学金などの利用をしましょう。

これは、全国区での募集になり、日本国内に住所があること、中学3年生
また、高校生であることなどが条件となっています。ただ、各学年に100人
(全体で400人)とかなり制限されてしまいますが、月額3万円の至急があり、
なんと返済は無用の給付型になります。

都道府県単位で申し込みをしていますので、詳しいことはお住まいの地域で確認をしたほうがよいと思います。

それ以外にも高校生等奨学給付金などがあり、こちらは年額で32、300円~の給付を受けることができます。

こちらは、第2子以降の加算金などもあるので、複数の児童を育てていらっしゃる保護者の方におすすめです。
高校生等奨学給付金も都道府県によって申し込みなどが変わっていくので、こちらもお住まいのとこに確認されたされたよいと思います。
また、お住まいの自治体によって様々な奨学金制度をがあると思います。

そういったことを児童の教育を担当している部署や手当などを支給している部署へ問い合わせてみると、知らなかった奨学金制度やよりよい条件の制度があるかもしれません。

まとめ

シングルマザーでお子さんを育てていると、ふとしたとき金銭面などから将来の不安を感じることもあるかと思います。
ですが、情報を得ていれば、行政などからの支援を受けることができるはずです。
大変な時は、支援に甘えることも大事なことだと思います。

-お金, 中学生

執筆者: