気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

妊娠・出産

20代前半で始めた妊活!原因不明で辛く辞めたかったけどあきらめなかった!

投稿日:

私は子供1人を育てる1児の母です。

私は2年間の妊活の上、病院に行くことを決心し1年間のタイミング法にのぞみました。

私が妊活をしていたときはまだ20代前半。

毎日が葛藤でどうして妊娠ができないのだろうと自分を責める日々でした。

私の辛かった妊活~妊娠体験談をお話したいと思います。皆さんの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク


辛かった妊活

私は20代前半という若さで妊活と向き合いました。

最初は自分もすぐに妊娠ができるものだと思っていたので、まさか自分がこんな目に合うのかと。

正直年齢が若かったこともあって人ごとに思っていた部分もありました。

同い年くらいの子だと、周りが妊活すらしないで子供ができて結婚している現状だったり、「排卵検査薬ってなに?」と聞いてくるような子もいたりと当時は本当に精神的に辛かったです。

「どうして自分だけ」と責めてしまう気持ちもありました。

義理の家族からは「子供はまだか」「なんで子供を作らないのか」と言われたり。

作らないんじゃなくてできないんですとも言えるわけなく。

みんなには「まだいらないかな~」と言ってごまかす日々で誰にも相談できずにいました。

当時は本当に旦那も可哀想で。旦那のかなり毎月のように落ち込んでいるのが伝わってきていましたし空気感も悪かったです。

毎月の生理前は検索魔になって、自分と妊娠超初期の症状が似ている人はいないかな…?とたくさん調べました。

いつも生理がきて落ち込みそんなことを2年間続けていました。

スポンサードリンク

妊娠してからの生活

私は今の子供に兄弟を作ってあげたいという気持ちもありましたし、早くから病院に行こうと思いました。

妊活から2年たってタイミング法をしていくことになりました。

調べてもらった感じはまずは体温が低いということ。そして基礎体温がバラバラなので一定させること。

ほかは原因不明だと言われました。

私自身、排卵日を特定するのが難しかったりもしていたのでまずはタイミングで妊活を頑張っていこうと思いました。

正直この原因不明の不妊というのが一番つらく、治しようがないのでタイミングに任せるしかなかったのだと思います。

私はタイミング法から、約1年でやっと子供を授かることができました。

この1年間は本当にしんどかったですね。妊活を辞めようかと思ったこともありました。

子供ができてからは悪阻の毎日でずっと吐いていたり、ほとんど旦那は仕事で家にいないような人なので自分で自分のことをやらなくてはいけないのが本当に辛い時期でもありました。

妊娠中期はかなり体調は良くなって、自分の好きなことをできるようになったり食べ物少しずつ食べれるようになっていきました。

ところが妊娠後期からまた後期悪阻。

すべての臓器が圧迫されているような感じで常に吐き気や息切れ、胃から逆流してくるような感じが本当に苦手でした。

妊娠をすごく望んでいたのですが、こんなにも辛いのかと思うこともありましたね。自分の体が思うように動かないのも凄くつらかったです。

スポンサードリンク

【こういう記事も読まれています】

妊活から出産までで思ったこと

ただ産まれてきてからは本当にやっと会えたなという気持ちで、本当にうれしかったです。

妊活中も妊娠中も様々な悩みがありましたがともにストレス発散は本当に大事だったなと今でも感じています。

20代だからという理由で病院に行っていなかったら今頃どうなっていたのかと思います。

やはり不妊に年齢は関係ないんだなと改めて思いました。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-妊娠・出産

執筆者:

Googleサイト内検索