気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

幼稚園・保育園

土曜日はできれば家で保育が普通なの?保育園に預けると嫌がられる?土曜保育の現状とは?

投稿日:


子供がいても女性が働く時代になった昨今、
働く=子供を保育園や幼稚園に預けなければなりません。

働くママにとっては預かり時間の融通から
幼稚園よりも保育園を希望するケースが多いのではないでしょうか。

待機児童が増えているこのご時世で運よく保育園に入園出来た!
ここからバリバリ働くぞ!と思っていたのに、土曜日に子供を
保育園に預けた所、嫌な顔をされた・・・という方は結構いるそうです。

保育園で土曜保育は有りの規定になっているけど何か頼みにくい・・・

保育園の土曜保育って一体どうなっているの~?
の疑問を調べてみました。

スポンサードリンク


土曜日の保育園の現状は?

保育園には、認可・無認可・認定こども園などがありますが、
大半が土曜保育を行っています。

しかし、土曜保育については条件を定めている所もあります

もちろん地域によって様々ですが、条件の一例を挙げると・・・

・事前に保育予約が必要(給食やおやつの都合)
・預ける理由を必ず伝える。
・平日と比べて時短保育(午前中のみや通常保育よりも短い)
・延長保育なし
・お弁当持参・・・などなど。

土曜保育可能です!といっている園でも
これだけの条件があるのね。とビックリしました。

また、料金についても特別徴収の形をとっている園もあるので、
必ず確認して下さいね!

保育園通園歴6年目に入った私が感じた土曜保育について。

私の子供が通う保育園では、土曜保育については特に条件はなく
普通に登園してお願いする形の園です。

  • 1. 基本的に仕事が休みの日は親が見てくださいというスタンス。
  • 直接言われた事はありませんが、自然とそういった風潮を感じます。

  • 2. 親の変化に敏感。
  • 普段(制服)と違う服装(スーツや私服)で行くと保育園の先生から
    「ママ今日どうしたんですか?どこか行くんですか~?」
    みたいなチェックが必ず入ります。

    特定の先生ではなく、どの先生にも必ず聞かれるので、
    普段と様子が違う場合は確認する決まりになっているのかも知れません。

    でも、仕事が休みなんじゃないかと探られているようで
    正直とても嫌です。

  • 3. 先生の小言が平日よりもきつい。
  • 仕事が休みでも、用事があったり体調が悪かったりすると
    預かってもらいたいとなる場合もありますよね。

    こういった時に先生から「ママといれた方が子供も嬉しいのに」等の
    チクチクした余計なひと言を言われている保護者を結構見かけます。

  • 4. 担任の先生以外が見てくれる事も多い。
  • 生徒数によって仕方がない事ですが、
    先生同士の情報の共有が出来ていない事も多く、
    聞いた事に答えてもらえない事も頻繁にあります。

スポンサードリンク

土曜日預かりに対する保育園の考え方

前述した通り、仕事が休みの時は親が見て下さいというのが基本スタイルです。

「保育園は働くママの味方です」

以前、園長先生から言われた言葉です。
言葉通り、仕事をしている時はママの代わりに
子供を預かりますという意味です。

やはり親が見れる時は当たり前ですが登園しないが
暗黙の決まり事です。

嘘を付く親がいる事を知っている。

中には自分の時間が欲しいという理由で保育園に預ける方もいます。

そして先生方はそれを見極める目を持っています。

嘘を言って預けたりする親がいる事で他の親も疑いの目で
見られる事があります。

先生だって休みたい。

登園する子供が少なければ先生の人数だって少なくて済みます。

先生だって子供がいたり用事があったりします。
当然、土曜日はお休みしたいものです。

保育園の考え方は園の方針によって本当に様々です。
土曜保育について露骨に嫌がられると噂がある園ももちろんあります。

自分達の働き方に合った園なのかを最初に見極める事が大切ですね。

【こういう記事も読まれています】

まとめ


仕事で土曜日も子供を仕方が無く保育園に預けている家庭は
沢山あると思います。

そして仕事の為、子供の為に保育園と良い関係を築きたいと
思っているのではないでしょうか。

先生の態度に一喜一憂する事もあると思いますが、
そこは割り切って少しでも気持ち良く預かってもらえる様に、
日頃の挨拶や感謝の言葉。そして報告や連絡を怠る事なく
終わりがある保育園生活を頑張りましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-幼稚園・保育園

執筆者:

Googleサイト内検索