気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

幼稚園・保育園

幼稚園の無償化!給食費や預かり保育料も無料になるの?

投稿日:

 

幼稚園無償化で給食費は

幼稚園の無償化が始まると言われているけれど、実際どこまで無償の対象になるのかって分からない事だらけですよね。

無償化なのだから全部そうなのかなとも思うけれど、さすがにそれはないと思うし、一体どのような感じになるのやら気になるところです。

そこで、今回は幼稚園の無償化についてお伝えしていきます。



幼稚園の無償化ってどういうこと?

幼稚園の無償化

そもそも、幼稚園の無償化というのは、さかのぼること、2017年の12月に政府内で「新しい経済政策パッケージ」というものがあり、その中に「人づくり改革」という案が出されてそこから広がりを見せました。

この、人づくり改革の中には、日本全国の全ての子どもが、家庭の経済状況などに影響されることなく、みな平等に質の高い教育を受けられるようにしていこうという指針がかかげられています。

実際、幼稚園の無償化が始まるのは、2019年10月からとなっています。

この10月という中途半端な時期ですが、実は、ちょうどこの時期に消費税が10%に増税すると言われていて、この増税した分で、無償化の財源を確保しようということになっているのです。

一応、消費税も上がると言われているので、無償化はされる方向で調整に入っているようですが、まだ確定ではないので、今後どのように実施されていくかは、まだ不明なことも多いのが実情です。

ただ、無償化が始まったとしたら、以下のような感じで進められていくようです。

幼稚園の利用料が無償化になるためのポイント

幼稚園の無償化

①年齢
②保育の必要性

年齢について

基本的に3~6歳の小学校入学前の年齢にあたる子どもに対しては、幼稚園、保育園、認定こども園、幼稚園の預かり保育、認可外保育園、地域型保育園や企業主導型の保育園などの利用料が基本的に無償となります。

3~6歳児では、幼稚園型と、保育園型があります。

認定保育園や認定こども園の場合、利用料は完全無償になりますが、幼稚園型の場合、無償部分は月2万5,700円、幼稚園での預かり保育は、無償部分に加えて月1万1,300円合計月3万7,000円までが無償です。

0~2歳児についてですが、保育園や認定こども園、認可外保育園へ預けることとなりますが、無償化の対象となるのは、住民税非課税世帯に対してのみです。
月4万2,000円までが無償の対象で、それを超える場合には不足分を払う必要があります。

2歳児までの子は、無償化になる子とならない子がいるので要注意です。

保育の必要性について

幼稚園型については、基本的に3~6歳児の年齢にあって教育を必要としている子が入園することが出来れば無償化の対象となります。

保育園型については、基本的に保育の必要があると認定された子どもに対して無償の対象となります。

ちなみに、保育の必要があると認められるには、子どもの両親が共働き・父子・母子家庭・親の身体及び精神疾患などで家庭保育が難しいなど、家庭で子どもを保育するために十分な環境が与えられていないという場合に認められます。

こうして文章にしてみると難しいようですが、現在保育園に通われている子や入園予定の子は間違いなく保育の必要性ありとなっているので安心してください。

幼稚園が無償化になったら給食費なども無料になるの?

幼稚園の無償化で給食費は

幼稚園の無償化というのは、どこまでが無料なの?と疑問に思うところですよね。

全てが無償となれば親としての負担が減るので、ありがたいのですが、残念ながら全てという訳にはいきません。

基本的に無償なのは、利用料のみ。ただし、上限額が決まっています。

その上限は、子どもの年齢や幼稚園型・親の働き方などによって変わってくるので、各自で確認が必要です。

基本的に、その上限以内に利用料が納まっていれば、無償となります。

上限より超えている場合には、不足分を実費で払う必要があります。

そして、利用料以外は、基本的に実費です。

実費部分を詳しくお伝えすると、給食費・制服代・教材費・バス代などの諸経費は、無償の対象とはならないので、毎月個別に支払いしていくようになります。

まとめ

 

幼稚園の無償化は2019年10月からスタート予定で、年齢や保育の必要性などによって違ってきます。

基本的には利用料だけが無償化されるので、給食費や制服代などは実費負担となりますそうです。

まだ、情報が不透明なところもあるので、本当に無償化になるのか疑問に思うところですが、実際、前倒しで無償化が始まっているところもあるので、近いうちにスタートすると思います。

秋頃には詳しいことが分かってくると思うので、最新のニュースを欠かさずにチェックしてみてくださいね。

-幼稚園・保育園

執筆者: