気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

幼稚園・保育園

幼稚園児にお小遣いはまだ早い?子どもの“お金教育”の重要性とは?

投稿日:


インターネット等の情報を見てみると、子供へお小遣いを
渡し始める年齢は年長~小学1年生の家庭が多い様ですね。

我が家の子供は、年中の時に欲しいお菓子を買い物カゴにポイッポイッと
入れているのを見て「この子はお金ってものを知らないから、
カゴに入れれば何でも買えると思っているのかしら?」と不安に思い、
お金教育を始めました。

お金は大切なものです

小さい内から、少しずつお金の種類やお金の価値を伝えて
「お金」というのが、どの様なものなのかを教えていく事が必要になりますね!

スポンサードリンク


幼稚園児のお小遣い事情を紹介。金銭感覚を養うためのお金教育とは

幼稚園児のお小遣いは、以下の3つに分けられます。

・毎月決まった金額のお小遣い制にする。
・お手伝いをしてくれたら、ご褒美に少額を渡す。
・渡さない。

幼稚園児はお金を使う機会が少ないので、渡さない家庭も多く、
渡しても200円程度が妥当になるそうです。

欲しいものを買う為に必要なお金ではなく、
勉強する為のお金ですから、それで十分ですね。

我が家でも子供のお小遣いをどうしよう・・・と悩み、
とりあえず子供にお金を見せてみました。

しかし、全く興味がなかった事で今の段階でお小遣い制を
取り入れても、子供はお金を学ぶどころかお金が玩具になってしまう!
と思い「何かを買うにはお金が必要」というのを伝え、
実際にお金に触れさせる所からお金教育を始めました。

その方法と効果、そして実践した時の子供の様子を参考までに紹介します。

スーパーの買い物で支払いをお願いする。

後ろに並んでいる方に迷惑にならない様に、
支払うべきお金を子供に渡して、お支払いしてもらい、
おつりをもらって親のお財布に入れてもらいました。

(効果)物を買うときにはお金が必要で、お金を支払わなければ
買い物が出来ない事を学ぶ。
(子供)楽しそうにレジで渡す。物が買える事でお金に興味を持ち始める。
特におつりがもらえると喜ぶ。

ガチャガチャをする時に必要な100円玉の枚数と金額を申告してもらいました。

我が家の子供はガチャガチャが大好きという事もあり、
やる頻度も高かったのでお金を学ばせる対象として選びました。

(効果)今のガチャガチャは金額も200円~500円と幅広く、
やりたいガチャガチャによって金額が違い、
100円玉が何枚で何百円かを理解する。
(子供)早い段階で、やりたいガチャガチャがいくらで、
100円玉が何枚必要かが理解出来た。

数字が読める場合には、スーパーでお菓子は100円まで!と決めてお菓子を選ばせました。

(効果)金額と物の値段を一致させて、買えるか買えないかを判断させる。
貼られている価格が100円以上でも読めるようになる。
(子供)最初の時は、お菓子を持ってきて「これは買える?」と
確認していたが、いつの間にか自分で値段を読めるようになり、
簡単な足し算も出来る様になっていた。

物を買うにはお金が必要という事が理解できてから、
「パパやママが一生懸命働いてお金をもらっているんだから、
大切に使ってほしい」
と伝えました。

それからは、祖父母や親戚からもらう千円以下のお小遣いは
子供に渡していますが、大切にお財布にしまう様になり、
自分のお金をもった事で、ちょっと大人になったと誇らしげでした。

スポンサードリンク

幼稚園児にお小遣いを与える場合の金額などについて解説

お小遣いなら月額200円程度

基本的に親等の大人と買い物に行く幼稚園児はお小遣いと言っても
200円もあれば十分です。

毎回「自分のお小遣いで買って!」という訳ではないと思いますし、
1個~2個お菓子が買える金額が安心です。

お手伝いの報酬は1回10円程度。

お金を稼ぐ為のお手伝いではなく、頑張ってお手伝いしてくれて
ありがとうの気持ちなので、金額ではありません。
お手伝いしたらお金がもらえた。という事が重要となります。

祖父母や親戚からお小遣いもらった時

子供が大金を持つことはあまり良くありません。
子供は紙幣よりも小銭の方がお金と認識して喜ぶ為、
それを活かして紙幣は大人が管理し小銭だけを渡しましょう。

【こういう記事も読まれています】

まとめ

お金は、あればあるだけ使うというのも悪い事ではありませんが、
せっかくならお金の価値を理解し、大切に使ってくれる人に育って欲しい
というのが親の希望だと思います。

小さい内の教育は子供の根本になるものですので、
生きる上で大切なお金の事を子供にしっかりと伝えていきましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-幼稚園・保育園

執筆者: