気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

子育てに関する疑問・悩み・ヒント

初めての離乳食はいつから?進め方やアレルギーについて

投稿日:2017年5月16日 更新日:

赤ちゃんの離乳食っていつ頃から始めたらいいのでしょう。

母は「早く始めなさい」って言うし、周りのママ友も始めてたりするとちょっと焦るな・・・

離乳食ってどうやって進めていったらいいんだろう。アレルギーも心配だわ・・・

私は3児の母ですが、長男の時はなにもかもわからずに苦労した記憶があります。

でも、心配しすぎることはありません。やってみれば、親も子も少しずつ慣れていくもんです。

初めての離乳食をいつから始めるか、その進め方やアレルギーについてご紹介します。

スポンサードリンク


初めての離乳食、いつから始める?

離乳食を始める時期は一般的に5か月~6か月頃だと言われていますが、4か月で始めた友達もいるし、7か月頃からゆっくりスタートしたという人まで、本当に様々なんですよ。

大事なのは、

赤ちゃんの成長に合わせていつから始めるかをお母さんがきちんと見極める

ということ。

具体的にどういうポイントに注目したらいいのでしょうか。

  • 首が座ってしっかりしてきた
  • 支えれば座ることができる
  • よだれが増えてきた
  • 人が食べているのをじーっと見たり、口をパクパクさせるようになった
  • 歯が生えてきた

こういうサインが見られるようになってきたら、そろそろ離乳食の始め時ですよ~。

離乳食の進め方は?

  • 1週目・・・重湯や10倍粥から
  • 最初の数日はまず重湯から。上手にごっくんができるようになったら、10倍粥をミキサーなどでドロドロにしたものを与えてみましょう。

  • 2週目・・・野菜を追加
  • じゃがいも・かぼちゃ・にんじんなどの根菜類は甘みがあって、初めてでも比較的食べやすいです。柔らかくゆでて、すりつぶすか、ミキサーでペースト状にしたものを与えましょう。葉物やトマトなどはちょっと癖があるので、粉ミルクや赤ちゃん用の出汁と混ぜたりすると食べやすいですよ。

  • 3週目・・・タンパク質を追加
  • お豆腐やきな粉が無難ですが、大豆アレルギーが心配な場合は、様子を見ながら少しずつ与えてください。
    大丈夫なようだったら、ヒラメや鯛などの白身魚も少しずつ加えていくといいでしょう。

  • 4週目・・・ベビーフードなども利用しながら、量を増やしていく
  • 飲み込むことにだいぶ慣れてきたら、少しずつ量を増やしていきましょう。
    最近は便利なベビーフードもたくさんあるので、うまく取り入れながらバリエーション豊かな食事にしてあげてくださいね。

新しい食材を与えるときは、赤ちゃんもびっくりすることがあるかもしれません。
様子を見ながら1さじずつゆっくり食べさせてあげましょう。

食事の後のおっぱいやミルクは、欲しがるだけあげてください。

はちみつを赤ちゃんに食べさせると、『乳児ボツリヌス症』という症状を起こすことがありますので、1歳を過ぎるまでは絶対に与えないでくださいね

スポンサードリンク

離乳食とアレルギーについて

アレルギーの体質というのは、親から遺伝する可能性が高いと言われていますが、それも絶対とは言い切ません。

自分がアレルギーだと、子どもに与える食事にも非常に気を遣いますよね。

特にアレルギーを起こしやすい食品は

    小麦
    乳製品

の3つです。

これらを初めて与えるときは、赤ちゃんに変化がないかどうか、よく観察しながら少しずつ食べさせましょう。

中でも卵の白身は特にアレルギー症状が出やすいので、最初は固ゆでした黄身から始めてください。

あまりにも慎重になりすぎて、親の勝手な判断で除去するのは良くありません。

どうしても心配な場合は、かかりつけのお医者さんと相談してから離乳食を進めていくと安心ですよ。

さいごに

離乳食をいつから始めるか、どんなふうに進めていくかの目安をご紹介しましたが、赤ちゃんの成長は本当に人それぞれです。

他の子と比較してしまい、焦ったり不安になったりすることもあるかもしれませんが、赤ちゃんをよく観察して、その子にあった方法とペースで進めていけば大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-子育てに関する疑問・悩み・ヒント

執筆者: