気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

スポーツ 子ども 学校 遊び

縄跳びが飛べない子どもにコツを教えたい!教え方や長く飛ぶポイントは?

投稿日:2018年2月1日 更新日:

子どもが縄跳びをしたいからと買ってきてあげても、どうしても飛べない事が多いです。

昔、やったことのある大人が子どもに教える時に、どうやってコツを伝えたらいいか、意外と自分でもよく分からないものです。

飛べないのはどうしてなのか、子どもがつまづいている部分を聴いてあげて、飛べるようになる練習の仕方も教えてあげたいですよね!

できれば親子で一緒に縄跳びを楽しめたら、何となくほのぼのして自分もうれしくなります。

何から始めていいのか分からなくなったら、このポイントを押さえておきましょう!

スポンサードリンク


縄跳びが飛べない子どもへの教え方

子どもが縄跳びで引っかかるのは、まず縄跳びの長さが体にあっていない場合があります。

だいたい子どもの身長にプラスして、50~55㎝ぐらい足した長さが飛びやすいようです。

ちょっと長いと思ったら、縄を切ってあげて調整してから飛びます。

さらに、縄跳びの太さが細すぎると、体にからんでしまったりしてやりにくいし、持つところの重さが軽くても練習するには向いてないです。

少し重さがあって太めの縄で練習したほうが、縄を手で回す感覚が伝わりやすくて、回転させるときのコツもつかみやすいです。

縄跳びの準備が終わったら、次は子どもが苦手とする両足で一緒に飛ぶのが、できるかどうかを見てあげます。

どうもずれていたりすると、まず大人も一緒に縄跳びを使わないで、両足で飛ぶだけの練習をします。

足並みが左右でタイミングがずれていたら、大人が両足で飛ぶ見本を先に見せてあげても、子どもはわかりやすいかもしれません。

先に縄を回すコツをつかませたいなら、飛ぶ練習より前に、縄跳びをまず片手に持たせて、とりあえずぐるぐる回してみる練習をします。

いきなり両手で回すのは、同時に回すという動作が、ちょっと難しいと感じてしまう子どももいるからです。

初めて縄跳びをするならどうやって回せばいいのかを、手首のストレッチもかねてさせてあげるといいです。

慣れてきたら連続して飛ぶのではなく、縄を1回まわして両足でそれを飛ぶ、また同じことをしばらく続けます。

回すことと飛ぶことが同時にできる様になってきたら、連続して飛んでみます

回すのは上手にできるけど、両足で飛ぶほうだけできないときは、「駆け足飛び」をさせて飛ぶ間隔をつかませます。

駆け足飛びとは、駆け足をしながら縄跳びを回して飛ぶやり方です。

大人がエクセサイズでダイエットとかする場合は、縄跳びはこの駆け足飛びをすることが多いです。

徐々に飛ぶのが慣れてきたら、再度両足で飛ぶのをチャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

縄跳びで回数を長く飛べるようになるコツ

縄跳びを飛べるようになると、今度は何回か長く連続して飛んでみたいと思うようになります。

縄跳び大会みたいなイベントもあったりして、地域によっては飛ぶ回数を競ったりします。

そんな時に回数を長く飛ぶためのコツを教えてあげましょう。

・飛ぶ時にあまり高くジャンプしすぎない。
・前かがみの姿勢にならずまっすぐ飛ぶ。
・縄跳びを早く回し過ぎない。

長く飛ぶ時は持久力もいるので、段々疲れてくるのを考えると、ジャンプしすぎると回数を飛ぶには続けるのは難しいですし、あまりスピードが速いと引っかかりやすいので注意しましょう。

姿勢が疲れてきて前かがみになり始めたら、背筋をピッと伸ばして飛ぶようにアドバイスしてあげましょう。

子どもは共通して何でもそうですが、上手に飛べるようになったら、とにかく褒めてあげるともっと縄跳びが好きになってくれます。

特に、両足飛びができなくて何回も失敗している時は、「もう少しだよ!」とか「前より上手になったよ!」とか、がんばっていることを認めてあげて声をかけましょう。

子どもと手をつないで一緒に飛んだりすると、コツをつかめるようになるだけでなく、頑張ろうと思うし安心感もあって上達も早くなります。

飛ぶテンポを声掛けしたりするのも、迷っている子どもの場合は、わかりやすくて上手になっていきます。

まとめ

縄跳びをやってみたいと子どもから聴いたら、どうやって教えてあげようか大人もよく分からないものです。

子どもがつまづきやすいポイントを理解して、苦手なところを上手に褒めてあげながら、コツがつかめるまで練習するのが大切。

大人から声をかけてもらっていると、子どもも安心感があって上達も早くなるので、じっくりと見ていてあげましょう。

懐かしいと思う縄跳びも、こうして大人から子どもへと今後も受け継がれていきます。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-スポーツ, 子ども, 学校, 遊び

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。