気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

住まい 家計

中古住宅の購入・家のリフォームにお金をかけすぎて後悔!治安や近所にも恵まれず後悔した話

投稿日:


お金をかけすぎて困ったというよりは、失敗したということです。

家のリフォームです。事情が有って、中古物件を購入しました。

外観は、古くても、そこまで、傷んでいなさそうだったのですが、築35年の安普請だったのでしょうね。

家がゆがんでいて住める状態ではなく一部屋だけリフォームしましたが、その時の騒音でご近所に迷惑をかけたり、嫌がらせを受けたり。

中古住宅の購入でひどい目にあったエピソードをお話します。



一部屋だけゆがみを改善するリフォーム

事情があったので、大至急に住むことができる家というか、雨風の凌げる家が必要になったのです。

もちろん、雨風はしのげたのですが、住んでみると、確実に家が傾いていることがわかったのです。

そうしようもなく、損切りすることができなくて、ひと部屋だけリフォームすることにしました。

すると、その部屋は、まあ、治ったというか、一応平衡のように感じます。

ところが、家は全体的にゆがんでいるので、やはり、この家に住むことのできないほどの状況は変わらないのでした。

締めて、20万円以上の大出費です。本当に、ばかばかしいお金でした。

不動産屋にも、お金をかけてはいけないと言われていたのですが、住めないほどの状況だったのです。

騒音が迷惑だったようです

すると、向かいの家の1歳の子供がその工事の騒音に腹を立てて、父親から仕込まれた、スマホでのノイズの攻撃、その家と同じ照明のメーカーのリモコンを使っていたのか、勝手に、照明が付いているという状況のいたずらや、目覚まし時計の音を鳴らされ、あたかもうちの家で目覚ましが鳴っているようないたずらの被害にあったのです。

騒音には、いたずらで攻撃するというやり方です。

お金ももったいないですが、治安の悪いところだったので、その反撃にも悩みすぎてノイローゼになりました。

目覚まし時計の音の鳴りっぱなしも長時間で、仕方がないので、自分ではないという意味で、お風呂に入ったりして、自らの潔白を、ご近所に、示したりしました。

結局手放すことに

中古物件を購入するには、築年数が新しくないと無理なようです。

安いということも調べないといけませんね。安かろう悪かろうです。

安ければ治安も悪いということも多いです。近所は調べ用がありません。

特に、注意が必要なのは、乳児のいる家庭で、母親が家にいる場合です。

これは、余りにも暇すぎて、スマホで遊ぶということがあります。

しかもえげつない、限度を知らない、攻撃です。子供が小さいことをいいことに、近所が気に食わないと泣かせます。これには、本当に困っています。

お金以上の大出費です。そのくらい、今の子育ては、異常です。

その家は結局売却しました。そこでも大損ですね。300万円の痛手です。しかし、持っているよりもいいです。

さいごに

我が家は中古住宅の購入とリフォームでお金を使いすぎてしまっただけではなく、気持ちも非常に後味の悪い経験をしてしまいました。

家も安いものは安いし、治安も悪いということが多いです。

近所は調べようがありませんが、不動産会社にできる範囲で口コミ情報を教えてもらうなど、対策をしっかり練る必要があります。

これから住宅の購入を考えている方に参考になれば幸いです。

-住まい, 家計

執筆者:


こんにちは!

このサイトの管理人をしている子育て中のアラフォー主婦です。

普段の生活の中で疑問に思ったことや、これ知りたい!と思ったことを中心にまとめています。

みなさんのお役に立てれば幸いです^^