気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

家事 掃除

ゴム手袋が臭い!手が臭い! 臭いの原因やにおいを取る方法とは?

投稿日:2018年2月28日 更新日:

ゴム手袋 臭い

ゴム手袋を外したら手が臭い!ゴム手袋の中も臭い!主婦ならそんな経験はありますよね。

そんな不快感を取り除くために、ゴム手袋の臭いの原因、ゴム手袋や手のにおいを取る方法、そして、臭わせない方法をご紹介します!

スポンサードリンク


ゴム手袋の中がなぜ臭くなるの?においの原因

ゴム手袋 臭い

そもそもどうしてくさくなってしまうのでしょう。

それは手の汗と、手の皮脂汚れによるたんぱく汚れなんです。

ゴム手袋は、防水性があるため、通気性も悪いんです。

なので、手袋の中で、手の汗を蒸発させることができずに蒸れてしまいます。

汗が蒸れるとくさくなりますよね。これが一つ目の原因です。

そして、もう一つの原因は、手の皮脂汚れ。

この皮脂汚れに雑菌が繁殖することによって、におうようになってしまいます。

筆者の経験だと、特に、ハンドクリームをつけた手でゴム手袋の中に手を入れてしまうと、後からにおいが強くなります。

ハンドクリームと皮脂汚れに雑菌がわくと、皮脂汚れだけのときにくらべてにおいは各段にひどくなってしまうんです。

ハンドクリームを使うタイミングには、注意が必要ですね!

スポンサードリンク

ゴム手袋の中のにおいをとる方法

ゴム手袋 臭い

手の汗でにおいが出ている場合に、皮脂汚れの場合にも、まずは手袋を洗ってあげましょう

  • ①手袋をひっくり返します。
  • ②途中までひっくり返したところで、口で空気を入れてやるように、ふくらませて、指先までをひっくり返します。
  • ③手洗い石鹸で、洗います。
  • この時、食器用洗剤で洗ってはいけません。

    食器用洗剤は、落ちにくいので、手袋についたまま残ってしまい、手荒れやゴムの劣化につながります。

    特に、裏起毛の場合には必ず手洗い用の石鹸を使いましょう。

  • ④そのままひっくり返した状態で陰干しします。
  • 日光に当てて乾かしたいのですが、ゴムは紫外線にはとっても弱いんです。

    ゴムが固くなって劣化してしまうので、陰干しするようにしましょう。

他にも、においがひどすぎるときには、塩素系漂白剤を薄めたものの中につけこむ、という方法があります。

塩素系漂白剤は、皮脂汚れなどのにおいはすっきり落としてくれますね。

あまり何度も漂白剤につけこむのは、ゴム手袋を痛めてしまいますが、においがひどすぎて、耐えられないときには、やってみてもいいかもしれません。

ゴム手袋を外すしたときに手についた臭いを取る方法

ゴム手袋 臭い

消臭や殺菌効果のある石鹸を使う

臭いの原因は皮膚についた雑菌なので、それを落とすような石鹸を使うと効果があります。

『ピロエース石鹸』

『柿渋石鹸』

柑橘系の皮や果汁

オレンジ・グレープフルーツ・みかん・レモンなどの皮を手にこすりつけたり、果汁を手に落としてからこすってみると臭いを消す効果があります。

やり方は

1.まず石鹸で普通に手を洗う
2.手をよく拭いてから柑橘系の皮や果汁をこすりつける
3.しばらく置いてから水でよくすすぐ
4.手をよく拭く

簡単だし、お部屋全体も良いニオイになってリフレッシュできますよ!

油を使う

臭いの原因にもよるんですが「油の臭いは油で落とす」という有名な言葉があります。

なので、皮脂などが臭いの原因になっている場合は油を使うと効果が表れやすいです。

まずは普通のサラダ油を手にこすりつけて、それから台所用洗剤できれいに洗いましょう。

洗剤は手荒れの原因になるので、洗った後にハンドクリームなどでお手入れを入念にしてくださいね!

歯磨き粉を使う

歯磨き粉には研磨効果と消臭効果が含まれています。

魚の臭いなど調理による臭いを歯磨き粉で落とす料理人が多いんですって。

これも手荒れする可能性が高いので、あまりこすりすぎないように気をつけてくださいね。

砂糖を使う

これも調理人の知恵なんですが、水でぬらす前に手に砂糖をまぶして軽くこすります。

くれぐれも力を入れすぎないように!

そして砂糖を水で流してから石鹸で洗うと消臭効果があると言われています。

ステンレスに触る

これは意外だったんですが、ステンレスって菌と出会うと化学反応を起こして臭いを消す効果があるんです!

『ステンレスソープ』なる商品もあるんですよ~!

別にわざわざステンレスソープを買わなくても、水道の蛇口や金たわしに触れるだけでも効果ありです!

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク

ゴム手袋の中が臭くならないようにする方法

ゴム手袋 臭い

一番簡単な方法は、先に薄い綿手袋を履いてから、ゴム手袋をすることです。

100円ショップやスーパー、ドラッグストアでも綿手袋は売られていますが、とっても薄くて高性能な綿手袋は、実はワークショップなどに売られているんです。

男性用のユニフォームや、作業服が売られているお店です。

多いお店だと、さまざまな手袋だけで100種類以上あるので、その中から綿手袋や、お気に入りのゴム手袋を見つけることもできるでしょう。

また、先ほども書いたように、ハンドクリームは、ゴム手袋をする直前には塗らずに、水仕事を終えてから塗ったほうがいいです。

ハンドクリームはとんでもなく、雑菌の温床になってしまうんです。

また、水仕事をするとき以外は、ゴム手袋を裏返して置いておくという人もいるようです。

ゴム手袋の中が出ている状態がほとんど、ということですね。

これをすると、ほとんどにおわなくなるようですよ。

ゴム手袋が臭い!手が臭い! 臭いの原因やにおいを取る方法とは?のまとめ

ゴム手袋 臭い

ゴム手袋自体の臭いや手についた臭いを取るには、こまめなケアが必要ですね。

常に清潔に保つこと、風通しを良くしておくだけでも随分ちがってきます。

ゴム自体がにおいを出すものなので、もしかすると、完全に臭いを消すこと自体は難しいのかもしれません。

それでも、ちょっといい香りのする手洗い石鹸などで、ゴム手袋を洗ってあげたら、脱いだ後もいいにおいで、楽しくなれるでしょう。

消耗品とはいえ、気持ちよく使いたいですね!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-家事, 掃除

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。