気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

家事 料理

木べらの穴の意味って?なぜ真ん中に穴が空いてるの?

投稿日:

 

木べら 穴 意味

料理で使う木べらの真ん中によく穴が空いているのを見かけますよね?

あれってどういう意味があるんだろう?なぜ穴が空いているんだろう?と、使いながら疑問に思いました。

ここでは

  • 木べらの真ん中に穴が空いているのはどういう意味があるの?
  • 穴あき木べらと穴なし木べらの使い分けは?

ということについて調べてみました~!

記事の後半では、私が実際に愛用している木べらについてもご紹介するので、最後まで見てくださいね。



木べらの真ん中に穴が空いているのはどういう意味があるの?

木べらの穴の意味

木べらの穴の意味は

  • 抵抗が少なくなる
  • シチューなどがダマになりにくい
  • 具材がくっつきにくい

大きく分けてこの3つです。

木べらに穴があると抵抗が少ない

鍋いっぱいにカレーやシチューなどを作ったりすると、特にとろみが強い料理は、かき混ぜる作業は結構重労働ですよね。

穴開きのヘラなら、前後に動かすだけで混ぜる作業ができますし、穴が開いていることで抵抗が少なくなるんです。

穴あきの木べらは、女性や力の弱い人に向いています。

シチューなどがダマになりにくい

穴のあいた木べらでシチューを混ぜていると、穴の部分からも出入りができるからか、ダマになりにくいなと感じます。

具材がくっつきにくい

よく穴のあいた包丁って見かけますよね。

あれと同じ原理なのかな?

穴のあいた木べらも具材がくっつきにくいです。

 

穴あき木べらと穴なし木べらの使い分けは?

木べらの穴の意味

料理によっては穴のあいた木べらと穴のない木べらを使い分けると、より便利で調理がしやすくなります。

穴のあいた木べらは、カレーやシチューなどのとろみが強いものや、大鍋で大量に作るスープなどの料理をかき混ぜるときに重宝します!

穴のない木べらは、炒め物やしっかりと混ぜたり捏ねたりしたい場合に使っています。

忙しいアラフォー主婦が愛用している穴あき木べらは?

木べらの穴の意味

私が普段使っている穴あきの木べらはこちらです~!

長さは約30cmで、先の方が少し沿っています。

ブランド品でもなんでもなく、普通にスーパーやホームセンターで買える物です。

この木べらはもう2年以上になりますね。

とても使いやすくて丈夫なので、まだまだ使えそうです!

ネットで似たようなものを探してみました。

ちょうどこんな感じです!

 

まとめ

木べらの穴の意味

木べらの穴について

  • 木べらの真ん中に穴が空いているのはどういう意味があるの?
  • 穴あき木べらと穴なし木べらの使い分けは?

ということを調べてみました!

大きな理由は「混ぜるときの抵抗が少なくなる」ということなんですね。

だから、カレーやシチューなどとろみがあるものを大鍋で作るときには、穴のあいた木べらで混ぜると楽になります。

これからも穴のあいた木べらを愛用して、美味しい料理を作っていきたいと思います^^

-家事, 料理

執筆者:


こんにちは!

このサイトの管理人をしている子育て中のアラフォー主婦です。

普段の生活の中で疑問に思ったことや、これ知りたい!と思ったことを中心にまとめています。

みなさんのお役に立てれば幸いです^^