気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

家事

毛布の洗濯頻度ってどれぐらいがベスト?家庭での正しい毛布の洗い方は?

投稿日:2018年12月20日 更新日:

毛布の洗濯頻度

寒い季節になると、活躍する毛布ですが、みなさんはどのくらいの頻度で洗濯をしていますか?

中には、そもそも毛布を洗えるということを知らずに、全然洗濯をしたことがないという人もいるかもしれません。

実は、毛布は種類にもよりますが、自宅に簡単に洗濯することができます。

頻繁に使うものだからこそ、清潔を保ちたいものですよね。

そこで、今回は毛布の洗濯方法や頻度についてお伝えしていきます。



適切な毛布の洗濯頻度は?

毛布の洗濯頻度
家庭での毛布の洗濯頻度は、月1~2回ぐらいが目安とされています。

毛布は、布団と違って、毛並みが長いものもあり、ダニやホコリなどの汚れが非常につきやすくなっています。

また、汗なども毛布には吸収されているので、湿気などでカビが発生しやすくなっていたりします。

意外と毛布には汚れがついているので、清潔を保つのならせめて月1回洗濯するというのが理想的です。

また、洗濯だけでなく、週に数回は天日干ししたりして風を通してあげると清潔に毛布を使用することが出来ます。

家庭での正しい毛布の洗い方は?

毛布の洗濯頻度
毛布を家庭で洗う場合、必ず毛布の性質と毛布についている洗濯表示マークを確認する必要があります。

一般的に、洗える毛布、洗えない毛布は以下の通りです。

<洗える毛布>
アクリル
ポリエステル
マイクロファイバー
マイヤー・・など
<洗えない毛布>
カシミヤ
ウール
シルク
キャメル・・など

洗える毛布は、化学繊維で出来たもので、逆に天然繊維のものは、水洗いが出来ないものが多いのです。

しかし、最近では、開発が進んでいることもあって、天然繊維でも、物によっては水洗い可というものもあります。

ただし、水洗い可でも、洗濯機は使用せず手洗い対応などで行う必要があるものもあるため、必ず表示を確認してから洗濯するようにしてください。

では、早速洗濯する方法です。

洗濯する方法は大きく分けて2つです。

<洗濯機を使う方法>

  • ①毛布が洗濯可能か洗濯表示マークで確認
  • ②洗濯機に毛布を入れてみて、洗濯槽に洗うだけの余裕があるか確認する
  • (洗濯槽の20%程度余裕があれば洗濯は可能)

  • ③事前に毛布を確認して汚れがあるなら、湯洗いや部分用洗剤をつけて汚れを落とす
  • ④毛布を蛇腹折りして洗濯ネットに入れて、洗濯槽にいれる
  • ⑤洗濯機におしゃれ着用の洗剤と柔軟剤をいれる
  • ⑥大物コースや毛布コースなど毛布を洗うのに適切なモードを選んで洗濯機を回す
  • ⑦洗濯が終わったら、すぐに風通しのよい場所へ干す
  • ⑧毛布が乾いたら、手やブラシを使って毛並みを揃えて完了

<手洗いで洗う場合>

毛布の種類や大きさによっては、洗濯機に入ることが出来ないので、ご自分で洗うしかないということがあります。

そういったときには、お風呂場の浴槽で洗うのがオススメです。

その手順について説明していきます。

  • ①お風呂の浴槽に毛布を入れる
  • ②シャワーを使って毛布全体を濡らす
  • ③おしゃれ着洗剤を適量毛布にかける
  • ④足で毛布を踏むようにして押し洗いをする
  • ⑤特に汚れている部分は手を使って念入りに押し洗いする
  • ⑥毛布についた洗剤をしっかりと落とす
  • ⑦洗剤が落ちたら、軽く絞り水滴を落とし、残りは浴槽の縁にかけて水気を切る
  • ⑧水滴が落ちたら、風通しの良い場所に干す
  • ⑨乾いたら、手やブラシを使って毛並みを整えて完了

毛布の洗濯頻度ってどれぐらいがベスト?家庭での正しい毛布の洗い方は?まとめ

毛布は大きいので、洗濯は大変ですが、ふわふわの感や清潔感を保つには定期的な洗濯が必要です。

月1回はあくまで目安ですが、この回数を参考にしてみてくださいね。

また洗う前には、洗濯表示を必ずチェックしてください。

-家事

執筆者:


こんにちは!

このサイトの管理人をしている子育て中のアラフォー主婦です。

普段の生活の中で疑問に思ったことや、これ知りたい!と思ったことを中心にまとめています。

みなさんのお役に立てれば幸いです^^