気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

家事 気になること・素朴な疑問

灯油をうっかりこぼした!手や服についた臭いを落とす方法は?

投稿日:2018年11月25日 更新日:

灯油 こぼした 臭い

冬になると灯油ファンヒーターを使うご家庭も多いことでしょう。

でも、注意しないと、ファンヒーターのタンクに灯油を移し替えるとき、手についてしまったりこぼしてしまったりして、頑固な匂いに悩まされてしまいます。

でも、どうしてもうっかりこぼしてしまうことってありますよね。

そこで今回はそんな時のために、灯油の臭いが、床or手や服についた場合にしっかり除去できる方法をご紹介しましょう。

スポンサードリンク


灯油をこぼした時のNG対処方法!

灯油 こぼした 臭い
灯油をこぼしてしまった場合、慌てて雑巾などで拭き取ってしまいがちですがこれは、こぼれた灯油を広げてしまう結果になるので絶対に止めましょう。

まず最初に、ボロ布や新聞紙をかぶせて灯油を吸い取らせましょう

この時、床を痛めないように灯油を染み込ませるだけにして下さい。こするのはNGです!

玄関、カーペット、フローリング、どの場所であってもこの方法は変わりません。

また、気化した灯油が室内に充満してしまうと火事の恐れもありますので、必ず換気をしましょうね。

スポンサードリンク

灯油の臭いを落とす方法①【場所編】

灯油 臭い 落とす
その後、こぼした場所で対処法がそれぞれ異なります。

コンクリートの場合

小麦粉や重曹、お茶の葉っぱをまいて灯油を吸着させてその後ほうきで掃きましょう。

コーヒー豆のカス(水分を含んでいるもの)をほうきで掃いた後放置しておけば、匂いを取ってくれます。

タイルカーペットやマットの場合

灯油がついてしまった部分を取り外し、食器洗い洗剤をつけたスポンジで洗い熱湯で流します

その後、風通しの良いところで乾かしましょう。

取り外しができない場合、除菌スプレー(アルコール成分入り)をして、お湯を含ませた雑巾で拭きとりましょう。

その後、使用済みの歯ブラシや割りばしで軽くたたきながら、灯油と洗剤をなじませて乾いた雑巾で軽く押さえて液体を吸い取ります。

臭いが気にならなくなるまでそれを繰り返したあと、最後にぬるま湯をスプレーして液体を吸い取りましょう。

フローリングや畳についた場合

灯油をこぼした部分をサラダ油を垂らした雑巾で拭き、その後、食器洗い用洗剤をつけた別の雑巾で拭きましょう。

仕上げにぬるま湯につけた雑巾で拭きあげると臭いが気にならなくなります。

上記の方法でも、どうしても臭いが取れない場合、「灯油消臭中和剤」も販売されていますので、検討してみてくださいね。

灯油の臭いを落とす方法②【手の場合編】

灯油 臭い 落とす
手に灯油がついてしまったら、まずは食用油かマーガリンを手に少量なじませてから、ハンドソープor石鹸で洗いましょう

これで臭いが取れるでしょう。

これは、油は油に溶けやすいという性質を利用した方法で、二つを混ぜ合わすことで、手から灯油を離れやすくしてくれるのです。

もしも、油(マーガリン)を手に塗るのに抵抗のある方は、リモネン(油を分解する)が多く含まれる柑橘類の皮を絞って、そのエキスを手に塗っていくようにしましょう。

その後、ハンドソープで洗えば完璧です。

そのほか、お茶の出がらし、歯磨き粉でも消臭効果が期待できますよ。

スポンサードリンク

灯油の臭いを落とす方法③【洋服編】

灯油 臭い 落とす
服に灯油がついてしまったら、布や新聞紙などを当てて吸い取りましょう。

その後、風通しの良い場所で陰干ししましょう。これである程度の匂いは取れます。

これでも臭いが消えない場合、サラダオイルをつけて灯油となじませたあと、単品で洗ってみましょう。

これでも臭いがとれなかったら、最終クリーニング屋さんに出してお願いしましょう。

灯油がついた洋服をそのままうっかり洗濯してしまったら、洗濯漕はもちろん、ほかの衣類にも灯油の臭いがうつってしまいますので注意してください。

「洗濯漕に臭いがついてしまったら、洗濯機をまさか買い換えなくてはならない?」なんて、心配もあるでしょうが、もしもそんなことになったら、まずは洗濯機に食器洗い洗剤を入れた後最大にお湯を使ってため洗いにします。

これでよほど酷くなければ臭いは消えるはずです。

臭いがうつってしまった衣類は、一度しっかり乾かしてから再度、洗濯しなおせばと臭いがとれるでしょう。

灯油をうっかりこぼした!手や服についた臭いを落とす方法は?のまとめ

灯油 こぼした 臭い
灯油は一度臭いがつくと厄介です。

しかし、案外身近なもので消臭できることが分かってしまえば、それほどパニックにならずに済みそうです。

みなさんも、安心して灯油ファンヒーターを使って、今年の冬も暖かくお過ごしくださいね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-家事, 気になること・素朴な疑問

執筆者: