気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

マナー メンタル ワーキングマザー

職場のお付き合いが面倒!ランチの断り方のポイント!

投稿日:

仕事していると、会社によってはランチに誘われて、結構職場のお付き合いが色んな面で大変だと感じていませんか?

毎日でないにしても、金銭的にも出費がかさんだり、無理にでも話を合せないとその場の雰囲気を壊してしまう。。。

段々それが自分にとってのストレスになっていく前に、角が立たないような断り方を知っておくと便利。

仕事の量が多くて疲れてしまって、ひとりで食事をしたいときもありますので、そんな時にも役立ちます。

毎回同じでは付き合いが悪いと思われてしまうので、その都度使い分けていきましょう。

関連記事
会社の飲み会に行きたくない!女性も新入社員もうまく断るマナーとは?

スポンサードリンク


断り方によって変わる職場のランチの付き合い方!

断り方もあまりストレートに嫌がっているという雰囲気を出すと、同じ職場で勤務している人たちに快く思われないことがあるので要注意。

ただし、色々事情があってランチを一緒に行けない理由があると伝えれば大丈夫。

具体的な当たり障りのない断り方は、

① 体調が悪くて休んでいたい。

毎回だとちょっと難しいですが、たまになら風邪をひいたとか、生理痛でお腹が苦しいとか、体調不良無理には誘えないです。

② 急な出費がかさんだり、家庭の事情で金銭的に苦しい。

身内の結婚式や車を買ったとか、大きな出費があってしばらくは外食等は金銭的に控えたいと話しておく。

もしくは、離れて暮らしている家族に仕送りをしているので、余分な出費は難しいと伝えておく。

生活費の苦しさで無理な場合は、職場の人もある程度は理解してもらえます。

③ 郵便局とかどうしても私用があって無理。

金融機関は平日の昼間の時間帯しか無理なことが多いので、ATMとかだとコンビニでもあるので、窓口に用事があると言っておく。

④ ランチの時間帯に確認しておく電話等がかかってくる。

家の修理の予約の確認が、ランチの時間帯に打ち合わせする等の電話がかかってくるというのも断る理由としては便利。

⑤ プライベートの友人と約束があってランチを取る。

友人と前から約束していてランチを取る予定と話しておくと誘われないです。

ただし、会社内に残っていたり、ひとりで食事しているところを見られないように気を付けましょう。

スポンサードリンク

職場では一人でランチを食べたい人向けの断り方!

できれば仕事以外の話に付き合うのが嫌で、最初からストレスを感じている人は、ひとりでのんびりランチをしたいもの。

余計な付き合いで仕事に集中できなくなる等の、自分の性格的な事も考えてのランチの断り方は、

① 徐々に断る回数を増やしていく。

嫌々ながらも付き合っていると、当然毎回お誘いがあるので、負担に思うなら断る回数を少しずつ増やしていく

仕事はともかく、休憩時間ぐらいは自分のペースで過ごしたいと思うなら、それを雰囲気的に周りの人に知ってもらうのに有効。

② ランチはお昼寝する習慣があると思わせる。

仕事で疲れているとか、家事等で忙しくてランチはなるべくお昼寝とかしてゆっくり休みたいと言って一緒に取らない。

家庭の事情はさすがに分からないので、その辺りも上手に話しておくとランチのお誘いを避ける事ができます。

③ 仕事が終わっていないふりをしてランチの時間をずらす

キリのいいところまで仕事をやっておきたいと、ランチの時間を少し後で取りたいと言えば、誘いにくいものです。

ただし、毎回していると仕事をし過ぎて鼻につくと思われることもあるので、適度な間隔ですること。

④ ランチの後に何か自分の趣味等をしたいと話しておく。

本を読んだり外の空気を吸いたいから散歩にいくとか、人によっての趣味やスタイルのことまでは干渉されないケースが多いのでおすすめ。

⑤ ダイエット中で食事を制限している。

女性には多い話なので、あらかじめランチはある程度食事内容を制限しているからと、普段から話しておくと無理には誘われません。

まとめ

仕事は様々な価値観を持ってしているので、人によっては職場での協調性は理解していても、余計な付き合いは避けたい人も増えています。

ランチは断り方によっては、その後の仕事がやりにくい時もあるし、従業員同士の話についていけない場合もあるので難しいところ。

できればひとりでのんびり休憩時間を過ごしたいなら、上手く切り抜けてはっきりと言葉で嫌だと言わずに、向こうから誘われないような雰囲気で対処しましょう。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-マナー, メンタル, ワーキングマザー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。