気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

文化 料理 芸術

今でも存在する美食家が集まる会員制倶楽部!料亭を一流のものへと変えた魯山人!

投稿日:

美食家として歴史に残る人物と言えば、「北大路魯山人」

魯山人は、美食家という顔だけでなく、陶芸その他でも数多くの才能を発揮した才能にあふれた人物。

「美味しんぼ」というアニメが、ずいぶん前にテレビで放送されていましたが、そこに登場する「海原雄山」という登場人物のモデルとされています。

美食に対するこだわりが数多くの逸話を残すほど強く、今でも影響を受けている料理人は数多いです。

以前は料亭が料理よりもお酒を楽しむところとされていて、その価値観を現在の様に料理が主役の場所へと変えたのも魯山人です。

日本料理に影響を与えた、料理に対する功績も含めて紹介します。

スポンサードリンク


料理を脇役から主役へと変えた魯山人の会員制美食倶楽部!

まだ華族制度が残る明治時代に、東京の赤坂に「星丘茶寮」という華族や公家の方が集まる社交の場がありました。

華族制度の廃止もあって、その格式高い社交の場も衰退していき、それを復興させるために当時新鮮な食材を使ってこだわりの料理を出す、会員制の割烹「美食倶楽部」に目をつけました。

その美食倶楽部を主宰していたのが、魯山人なのです。

星丘茶寮の持ち主は、魯山人を顧問兼料理長として迎えて見事に再興させました。

星丘茶寮も会員制として再スタートし、会員の多くは当時の政界、財界、文化人を始めとする1000名ほど在籍しました。

一流の人々を持てなすことができる、最高のおもてなしを提供する料亭と評価されたのです。

それは、美食家である魯山人の、細部にわたるトータルなこだわりが随所にみられ、他の料亭とは何か別の格式になっていました。

新鮮な旬の食材を使って、斬新な盛り付けや味、数寄屋造りの建物、庭園、食器に至るまで本当にあらゆる面での心配りが感じられるものでした。

それまでの料亭は、調理場を清潔に保つための清掃や雇っている従業員の服装も、あまり無頓着で注目されていませんでした。

それを現在ようにサービスマナーが非常に厳しい、指導や掃除が必須となる場所へと変えたのは、この魯山人の料亭のあり方の影響です。

さらに従業員への勉強会も積極的に行って、お客様からの質問に対応しやすいように、食器や書物、掛け軸等の知識も身に付けさせました。

女性の仲居に、お酒のお酌をさせるという習慣が料亭では当時は当たり前だったのを、料理自体を純粋に楽しんでほしい!とお酌もさせませんでした。

厳しくも徹底したお客様目線の料亭づくりに、どんどん注目度もアップしていきました。

良家の子女が、マナーを身に付けさせるために働かせたいと希望する人も多かったです。

スポンサードリンク

今でも受け継がれる美食家たちの会員制倶楽部!

テレビで食通と言われる芸能人も数多く存在しますが、美食家であった魯山人も同じような影響力のある人物でした。

美食倶楽部という同じ名前で、全国的に美食家が集う会員制の倶楽部は、今でも数多く存在しています。

今どきスタイルのグルメアプリを使用した美食家が集う、ちょっと秘密の会員制コミュニティサロンがあります。

【TERIYAKI】

グルメアプリ「TERIYAKI」が主催の会員制美食倶楽部

アプリ詳細はこちらから⇒

アプリを見ていても中々紹介されているお店に行く機会がない人たちが、掲載店について美味しいものを一緒に食べに行ったりして、意見交換をする美食家の集いです。

食へのこだわりが強い人々にとって、美味しいものに関する話は何よりも盛り上がります。

料理はトータルでコーディネートされて完成するものと考えていた魯山人とは、時代背景も違いますし、かなり気軽な感じで集まる倶楽部へと変わってきています。

【京都美食倶楽部】

高級料亭が立ち並ぶ世界に日本料理の神髄を提供している、京都の祇園

その京都内での美食を楽しめるお店を紹介する「京都美食倶楽部」というサイトも人気。

ただしこちらは名前は美食倶楽部ですが、別に会員制の高級料亭のみにスポットをあてているわけでなく、美味しいものを提供していることの紹介がメイン。

形を変えてはいますが、魯山人のようにあらゆる面での食へのこだわりは、料理の素晴らしさを皆で楽しむこととして今でもその名残があります。

料理は高級でなくても、味へのこだわりをもった料理人がいるお店はたくさん存在します。

調理場の環境や従業員への指導、そういった裏方へも目を向けて改革を行った魯山人の影響はこんなにも大きなものなのです。

まとめ

お酒を楽しんで料理はわき役だった料亭の観念を大きく改革した北大路魯山人。

美食家たちが集うコミュニティも、料理を主役へと価値観を変えさせた魯山人の影響が強く残っています。

食へのこだわりはトータルで考えるものという意識が、料理界の礎をきずきました。

美味しいものを作り上げそれを食べる事を楽しむのは、時代が変わってきた今でも共通する美食へのこだわりです。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-文化, 料理, 芸術,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。