気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

レシピ

お弁当の卵料理がマンネリ化!?前日に作ってもおいしい!簡単!人気のたまごレシピ!!

投稿日:2018年9月27日 更新日:

お弁当 卵料理 前日
毎日のお弁当づくり!高校生ともなると量も多くて大変だけど、何より、レシピがマンネリで飽きがきてしまっている。

代り映えさせたいと悩みつつも手の込んだものは毎日作れないなんてお悩みの主婦の方も多いことでしょう。

そんな毎日のお弁当作りを頑張っているお母さんへ、前日に作っても大丈夫な栄養豊富で重宝する人気の卵レシピをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


毎日のお弁当を飽きさせない人気のたまごレシピをご紹介

お弁当 卵料理 前日

味しみしみゆで卵

【材料】(2人分)
・卵2個
・醤油25cc
・日本酒50cc
・みりん75cc
・だし昆布 約2cm
【作り方】
1.醤油、日本酒、みりんを合わせ、だし昆布を浸けて10分おきます。
2.(1)を火にかけて沸騰させアルコール分を飛ばします。昆布はそのまま冷まします。
3.沸騰したお湯に卵をお玉で静かにいれましょう。
 半熟は6分半、少し黄身が固まったものは7分を目安に、お好みで冷水に即冷やします。
4.卵が冷えたら殻をむき、漬け汁に入れましょう。
ポイント
半熟玉子の場合は、白身がふにゃふにゃしているので慎重に殻をむきましょう。
約30分漬けたら食べられますが、一晩寝かせた方が白身全体に味が染み込んで美味です!

たまご焼のくるくる海苔巻き

【材料】 (1人分)
・卵 1個
・マヨネーズ 小さじ1
・塩コショウ 少々
・海苔全形 1枚
・スライスチーズ 2枚
【作り方】
1.海苔を半分に切り、2枚並べます。
2.卵をよく溶きほぐしたあと、マヨネーズ、塩を入れて混ぜます。
3.卵焼き器で(2)のたまごを両面焼きます。焼けたら半分に切りましょう。
4.海苔の上に(3)とスライスチーズを乗せ、手前に寄せて詰めていく感じできつく巻きます。
6.お好きな長さでカットして完成です。

見た目が可愛いだけでなく、栄養バランスもばっちりです!

ポイント
なるべくきつく巻いたほうがきれいに仕上がります。
くっつきが悪い場合は、マヨネーズを塗るか水を付けて整えましょう。
海苔はしばらく置いといてしんなりしたほうが巻きやすいので、最初に出して置きましょう。
スポンサードリンク

お弁当を彩る黄色!ちょっとひと手間で大変身!たまごレシピ

お弁当 卵料理 前日
卵はちょっと工夫するだけで、様々な料理にアレンジできます!

野菜たっぷりデリ風常備菜!マカロニサラダ

【材料】(1人分)
・マカロニ 50g
・卵2個
・たまねぎ1/4個
・人参1/2本
・パセリ 適量
☆マヨネーズ大2
☆調味酢(メモ1)大2
☆オイル 大さじ1
☆コンソメ 小さじ1
☆醤油 小さじ1
☆ブラックペッパー少々
【作り方】
1. マカロニを茹でておきます。
2. 卵は固ゆでにして粗みじん切り、にんじん、たまねぎは細切りにしてラップをし、
レンジで2〜3分加熱します。
3. 1の卵と☆をよく混ぜ合わせ、マカロニ、にんじん、たまねぎを和えれば完成です。
お好みでパセリを散らしましょう

食べ応えがあって美味しいうえ、たんぱく質も野菜も一度にたくさんとれちゃいます。

1日置くと味が馴染んでよりおいしいですし、冷やしてもGOOD!

ほうれん草とたまねぎのオープンオムレツ

【材料】(2人分)
・卵4個
・ほうれん草1袋
・たまねぎ1/2個
・塩 少々
・ミックスチーズお好きな量
☆マヨネーズ大1
☆顆粒コンソメ小1
☆塩少々
【作り方】
1. ほうれん草を水洗いし、約30秒塩ゆでしたあと、すぐに冷水にさらし、
冷めたら軽くしぼって水気を切ります。
2.5cm幅に切り分け、手でしぼってしっかりと水気を切ります。
3.オーブンは200度に予熱しておきます。たまねぎは皮をむいてみじん切りにしましょう。
4.ボウルに卵と☆を入れ、よく溶きほぐしましょう。
5.ほうれん草、たまねぎを入れ、ざっくり混ぜ合わせます。
6.耐熱容器にクッキングシートをしき、3を流し入れ、上からミックスチーズをちらし、
200度のオーブンで約20分焼きます。
7.あら熱が取れ、食べやすい大きさに切り分けて完成です。

材料を混ぜ合わせてオーブンで焼くだけのお手軽さがいいですね!

ゆで卵の豚肉巻き

【材料】 (4個分)
ゆで卵2個
豚バラスライス4枚
コショウ少々
☆ウスターソース 大さじ2
☆しょうゆ大さじ1
☆みりん 小さじ1
☆砂糖小さじ1
【作り方】
1. ゆで卵を縦半分に切ります。
2. 豚肉にコショウをまぶし、ゆで卵に巻き付けていきます。
3. フライパンを熱し、巻き終わりを下にして焼きます。
4. ☆を混ぜ合わせておき、肉に火が通りカリッとしたらタレを入れ煮絡めたら完成です。
ポイント
少ない食材ながら、意外にボリューミーに仕上がり大満足できるでしょう!
ゆで卵を縦4等分にして、豚コマや切り落としで巻いてもOK!
スポンサードリンク

お弁当の卵料理がマンネリ化!?前日に作ってもおいしい!簡単!人気のたまごレシピ!!のまとめ

お弁当 卵料理 前日

安価ながら、しっかり栄養補給が期待できちゃう「卵」!

これだけのレシピがあればマンネリ化することもありませんね(^_-)

それほど暑くなければ前日に作っても大丈夫なものばかりなので、夕食で多めに作っておいて、翌日お弁当につめればかなりの時短になりますよ!

貴重なタンパク源+ビタミンB2や新陳代謝を良くするビオチンなどさまざまな栄養がたっぷり含まれていますので、ぜひ毎日活用したいですよね。

毎日のお弁当レシピの参考になれば幸いです!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-レシピ

執筆者: