気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

6月の話題 地方

冬至には南瓜を食べるけど夏至に食べるものって何かないの?

投稿日:2018年1月8日 更新日:

夏至(げし)はご存知ですか?夏至は、6月21日です。

夏至とは、1年で日中の時間が最も長い日という事で知られています。

夏至は、梅雨時期のちょうど真ん中あたりにやってきます。

今回は、夏至に食べるものってあるの?という疑問をお持ちの方、また、冬至についても解説していきたいと思います!

スポンサードリンク


冬至に南瓜を食べる理由、夏至には・・・?

冬至に南瓜を食べる理由ですが、南瓜というと夏野菜ですよね?

では、何故冬の冬至に食べるのか?ということですが、南瓜は長期保存可能なんです。

昔の人は、食べるものが豊かではなかったために、夏に採れる南瓜を冬まで保存して食べていました。

それが現在まで続いている風習となっています。風習になったのにはきちんとした理由があります。

南瓜には、風邪を予防してくれる栄養価があります。

そして、身体を温めてもくれますし、免疫力を上げる栄養価も含まれています。

また、冬を乗り越えるための厄除け、という意味もあるようです。

このようなことから、冬至には南瓜を食べる風習があります。

それでは、夏至に食べるものは何か?

それはタコです。

なぜかというと、タコの八本足のように稲が八方に根を張るようにということが1つ目の理由です。

2つ目には、旬であるタコを食べて、暑さに負けない体づくり、をしようという意味からきています。

タコには凄い栄養があります。

それをザッと申し上げると、以下になります。

  • コラーゲン(美肌効果)
  • 亜鉛(動脈硬化予防)
  • ビタミンE(老化防止、発がん物質の抑制)
  • タウリン(疲労回復)

昔の人々は、こういうことを理解したうえで、願掛けしていたようです。

スポンサードリンク

地域によって夏至によく食べるものがある?

タコを夏至に食べるというのは知れたけど、では地域によっては違うのか?という疑問があるので調べてみました。

地域によってはタコ以外もあるみたいです。
ご紹介しますね。

・福井県
福井県大野市
夏至頃に越前の焼サバを食べるそうです。
サバを食べて、栄養を摂取して、体力を蓄えようという風習があるようです。
北陸は、魚が美味しいですからね。

・香川県
香川県では、半夏生うどんというものを食べる風習があるそうです。
昔、農村で田植えが終わる頃に収穫された麦を使ってうどんを作り、農作業を手伝ってくれた人びとに振る舞う感謝の想いからできた風習のようです。
香川県ならではといった風習ですね。

・奈良県
奈良県では、半夏生餅、または小麦餅というものを食べるそうです。
奈良の農村では、小麦ともち米をついた、半夏生餅を作って農作を願っていたようです。
この風習は、室真理時代から続くもののようです。

・関東地方
関東地方では、新小麦の焼き餅を食べます。
昔から、夏至から半夏生にかけて、小麦餅を焼いて神様にお供えをしたり、田植えを手伝ってくれた人びとに感謝の意を称して配っていたようです。
焼き餅美味しいですよね。私もよく食べます。

まとめ

いかがでしたか?

私もタコを食べる風習が夏至にあるということを知れて良かったです。

タコには凄く栄養があるのですね。

冬至近くですね、皆さん、南瓜食べて活力にしましょうね!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-6月の話題, 地方,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。