気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

5月の話題

餅の葉っぱって食べるもの!?多数派の意見は!?

投稿日:2018年4月5日 更新日:


こんにちは!
こどもの日である端午の節句。このときに食べるものといえば、柏餅ですよね。

「柏餅ってなに?柏餅の由来ってなに?」

実は、柏餅を知らない人もいるんです。驚きですよね。
今回はそんな柏餅に関する意見や由来などをまとめてみました!



地域によってちがうの!?地域別アンケート


そもそも柏餅を知らない人もいるようなので、地域に着目してみましょう。

そもそも言い方が違う!

そもそも論にはなりますが、関東が柏餅で、関西ではちまきと言います。
使っている葉っぱ、そして包み方も違います。つまりは別物!笑
よく混同される方は多いようですが、餅の中に餡がない

とあるアンケートの結果では、柏餅を食べるのは、なんと72%!
28%の人が、柏餅をたべていないんですね!
http://hanjohanjo.jp/article/img/2015/04/16/2/17.html

この結果からみてもわかるように、柏餅は全国的なものというよりは、主流に近い感じですね。

地域別アンケートの結果!

こちらが、地域別にこどもの日に何を食べるかのアンケート結果です。
http://hanjohanjo.jp/article/img/2015/04/16/2/18.html

一応、柏餅はどの地域でもよく食べられている結果にはなっています。
しかし、ちまきやちらし寿司は地域によっては柏餅と同じくらい食べられています。

際立っているのが、北海道では65%の人がケーキを食べているという結果!
なんと!柏餅よりも食べられているんです!衝撃!

柏餅の由来とは…!


では、現在も根付く文化になった柏餅の由来はなんでしょうか?

子孫繁栄の象徴!

柏の木って、あまりみなさんには馴染みがないと思います。

この柏、昔からとても神聖な木として扱われてきたそうです。冬になっても葉が落ちないからだそうです。
そんな神聖な木の新芽が春になって出てくるとき、古い葉が落ちてきます。
これを、子孫繁栄の象徴として、それから柏の葉っぱを使った菓子などが一般的になったようです。

ちなみに端午の節句の風習は中国から伝わったもので、柏餅を食べる習慣は江戸時代中頃に広まったそうです。

で、葉っぱは食べられるの?

タイトルの通り、柏餅の葉っぱを食べられるのか?という意見もあります。

結論としては、食べない人がほとんど!

なぜ食べられると思ってしまうのかといえば、桃の節句で食べられる桜餅の葉っぱが食べられるからです。
桜餅の葉っぱは、塩漬けされていたり、桜の香りをより感じられるということで、いろいろ意見は分かれるようですが、臨機応変で食べたりしなかったりするようです。

しかし、柏餅の葉っぱは基本的に食べません。食べることを推奨していることも特にありません。

害はないのですが、おいしくないです。食べなくて大丈夫です。

まとめ


いかがでしたか?
とりあえずの結論は、柏餅の葉っぱは美味しくない!食べるものではない!ということです!

子供の成長を願う端午の節句、大切にしていきたい文化の一つですね。
葉っぱは食べなくても、柏餅を食べる習慣は続いてもらいたいと思っています!

-5月の話題,

執筆者: