気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

レシピ

まさか!こんなものまで!?意外すぎる味噌汁の具ベスト5

投稿日:2018年3月6日 更新日:

普段の食事に白米と共に欠かせないのがお味噌汁。しかし、毎日同じお味噌汁を食べているとさすがに飽きてきませんか?

というわけで、意外な具材を味噌汁に入れることで、日頃食べてるのとは少し違った味噌汁、それができなくても、一手間加えるだけで違った味が楽しめるお味噌汁のレシピを紹介したいと思います。

スポンサードリンク


入れちゃえ!で、出来ちゃった!意外なのに美味しいお味噌汁レシピ公開!

ここでは、あまり味噌汁に入れようと思わない意外な具材を使ったレシピを紹介します。

豆もやしのキムチ味噌汁

材料(2人分) 豆もやし1/2袋 キムチ60g 味噌大さじ2杯 だし400ml ごま油小さじ1杯
1, 豆もやし、キムチ、だし汁を鍋に入れ、火にかけ煮ます。
2, 煮立ったら味噌を溶き入れ、ごま油を垂らしたらできあがりです。

普通の味噌汁にキムチを入れた一品。たったこれだけで簡単にピリ辛風味噌汁ができあがります。寒い時期にはぴったりですね。

じゃがバタコーンのお味噌汁

材料(2人分) じゃがいも小2個 玉ねぎ1/2個 コーン大さじ3杯 バター5g だし汁250ml 味噌 青ネギ 粗引き黒こしょう 適宜
1, じゃがいもは皮をむいて4~5センチくらいに細切りし、玉ねぎはスライスします。
2, 鍋にバターを入れ溶かし、じゃがいも、玉ねぎ、コーンを入れて炒めます。
3, だし汁を加え、じゃがいもが軟らかくなるまで煮ます。
4, 火を止め、味噌を溶き入れます。仕上げに青ネギ、黒こしょうを振ってできあがり。

味噌とバターを合わせた洋風な味噌汁。なかなか考えつくものではありませんね。

アサリ入り豆乳汁

材料(2人分) アサリ(砂出し)150g 豆乳200ml 味噌大さじ1~1.5杯 だし汁150ml  刻みネギ大さじ2杯
1, 鍋にだし汁、アサリを入れ中火にかけます。
2, アサリの殻が開いてきたらアクを取って味噌を溶き入れ豆乳を加えます。
3, 煮立つ直前に火を止め、刻みネギを加えたらできあがり。

味噌と豆乳という体にいいものを組み合わせた一品。体に気をつけたい人にお勧めです。

スポンサードリンク

定番お味噌汁に一手間!

ここからは、定番のお味噌汁にちょっと一手間加えるだけでできる意外なレシピを紹介します。

チーズ味噌汁

材料 味噌汁 とろけるチーズ適量

お椀に盛り付けた味噌汁にとろけるチーズをかけるだけ。たったこれだけでこくが出て一気に洋風になります。テレビでも紹介されたレシピなので味はお墨付きです。

トマトとオクラの夏豚汁

材料(3人分) オクラ4本 トマト小1個 薄切り豚バラ肉50g 生姜1かけ 粗びき黒こしょう少々 サラダ油少々 だし汁500ml 味噌大さじ2と1/2杯
1, トマトは湯むきをしてから一口大に切り、オクラはがくの黒い部分をむき取って斜めに3~4等分に切ります。豚肉は1センチ幅、生姜はせん切りにします。
2, 鍋にサラダ油をひいて弱めの中火で熱し、豚肉と生姜を炒めます。
3, 豚肉の色が変わってきたらオクラを加えさっと炒め、だし汁を入れます。
4, 少し火加減を強くし、沸いたらアクを取ります。
5, 火を弱めてトマトを加え味噌を溶き入れ、トマトが軽く温まるまで弱火で火を入れます。
6, お椀によそい、黒こしょうを振れば完成です。

味噌汁と言うよりは豚汁ですが、トマト、オクラを加えるだけでさわやかになります。夏場に是非食べたい一品です。

まとめ

食べたくなったレシピは見つかりましたでしょうか。どれもお味噌汁に入れそうにない意外な食材なのに美味しそうですね。

同じ味の味噌汁ばかりだと飽きてしまいます。毎日お料理をするのは大半ですが、今回紹介したレシピはほとんど少し手間を加えるだけで簡単に味が変わるので、皆さん是非試してみてください。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-レシピ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。