気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

レシピ

リンゴ飴がまずい!?美味しいリンゴ飴の見分け方を知りたい!自分でも作れる?

投稿日:2018年8月7日 更新日:

お祭りに行くと様々な屋台が並んでいますよね。

その中でも今回はリンゴ飴についてお伝えしていくのですが、屋台のリンゴ飴ってあたりはずれが多いですよね。

見た目はすごくおいしそうなのに、食べてみたら飴はべちゃべちゃで、リンゴもしなっとしていて味が全くしないリンゴ飴にあたったときは何とも言えない気持ちになりますよね。

お祭りの楽しい雰囲気を壊さないためにも、おいしいものを選んでテンションをあげていきたいですよね。

そこで今回は、美味しいリンゴ飴の見極め方と自宅でも作れるおいしいリンゴ飴についてお伝えしていこうと思います。

スポンサードリンク


屋台での美味しいリンゴ飴の見分け方

同じリンゴ飴でも、屋台によっては、全然違います
味や見た目、すべてにおいて違ってくるので、是非ポイントを抑えて色々な屋台をみて回って美味しいリンゴ飴を発見してみてください。

では、美味しいリンゴ飴の見分け方についてのポイントを紹介していきましょう。
ポイントは全部で3つなので、簡単です。

①飴の部分に気泡がたくさんある

ツルツルな飴とプツプツ気泡が入った飴どちらを選びますか?
きっと、多くの人はつるつるした方を選ぶでしょう。

なんとなく、飴にプツプツとした気泡があると、見た目的に美味しそうに見えないですよね?

でも、リンゴ飴の場合、この飴の気泡がとても大事なのです。

リンゴ飴に使われるリンゴは、いくつかありますが、その中でも美味しいのは『ふじ』という品質です。

ふじりんごは、リンゴの種類の中でも代表と言われるぐらいポピュラーな品種であり、一般的によく食べられています。

このふじりんごは、甘みや酸味、食感などのバランスが整っているため、普通に食べても飴にしても美味しく食べることが出来ます

このふじを使っているリンゴ飴だと、飴の表面に気泡がたくさん出来るそうです。
ちなみこの気泡は、果物から発せられるガス(旨みの成分:糖分など)が飴の外へ溶け出そうとして発生するものらしく、特に新鮮なものによくおこるそうです。

ですので、飴の表面に大きな気泡がいくつもあるものは、ふじリンゴである確率が高く、しかも新鮮さがあり美味しいものとなるのです。

②リンゴをさした割り箸が湿っている

リンゴをさす割り箸を触ってみて、果汁で湿っているようなら美味しいリンゴ飴のようです。

美味しくて新鮮なリンゴは中にたくさんの果汁が含まれているので、飴をコーティングするときにリンゴが加熱されて中の果汁が外へ吹き出すため、刺さっている割り箸に果汁が浸透してくるので、こういった場合おいしい飴であると判断されます。

③飴の耳が大きくて均等

リンゴ飴に、大きな円盤のような飴の固まりが出来ていますよね。
ここを飴の耳というのですが、この耳が大きく均等であると、適切な温度で適切な量の飴をリンゴにつけることが出来ていて、食べたときにパリッとした食感になるのでおいしいということです。

この3つをきちんと見極めることが出来れば、高確率で美味しいリンゴ飴に出会うことが出来ます。

スポンサードリンク

リンゴ飴を自宅で作る方法

リンゴ飴って屋台だけだと思っていませんか?
実は、自宅でもおいしく作れるのです。
今回は、NHKの教育番組で紹介していた方法をご紹介していきたいと思います。

<用意するもの>3人分の作り方

・りんご(3個)ふじが好ましいが、他の品種でもOK
・食紅(少々)
・水(100ml)
・砂糖(400g):上白糖
・酢(小さじ2杯・10mlを目安に) 
※お酢は、飴がキレイに仕上がるので入れますが、なければ入れなくても大丈夫です。
・深めの鍋(大きくて深い方がコーティングしやすいです)
・温度計
・クッキングシート
・割り箸

①リンゴをよく洗いキッチンペーパーなどで水分を良くふく
②リンゴに割り箸をさす
③鍋に水と食紅を入れてよく混ぜる
④③に砂糖を入れてよく混ぜる
⑤酢を入れる場合は酢を入れてよく混ぜる。酢を入れない場合は⑤は省略
⑥中火に火をかけて、温度計を使い160℃になるまで熱する
※鍋をかき混ぜたくなりますが、160℃まではぐつぐつしてもかき混ぜないでください
⑦160℃になったら火を止めて、鍋に割り箸のささったリンゴを入れて、素早くリンゴに飴をつける
⑧⑦で飴がしっかりついたら、クッキングシートにおいて5~10分ほど冷まして完成

リンゴ飴を作るときには、火傷に注意して楽しく作ってみてくださいね。

こういう記事も読まれています

夏といえばお祭り!お祭りといえば屋台!

いろんな屋台があってどれにしようか迷ってしまう・・・

でも気を付けたいのは衛生面!屋台選びのポイントについてまとめたので参考にしてください。

スポンサードリンク

まとめ


まだまだ、暑い日が続き、各地でお祭りもたくさん行われていますよね。
リンゴ飴の美味しい見分け方を覚えておけば、もう今年からはお祭りの屋台で失敗することはありません。

また、お祭りだけでなく、自分でも簡単に作ることができるので、是非試してみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-レシピ,

執筆者: