気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

ニュース ネットビジネス 制度

シェアリングサービスの可能性とは?空間・物・人をシェアできるおすすめサービス!

投稿日:2017年12月22日 更新日:

シェアリングサービスは、今や業界を問わずトレンドになっている新しい業務形態。

今までのビジネスの欠点を、複数の店舗や人同士でシェアしてそれを改善できる方法としてすごく注目されています。

ルームシェア、カーシェア。。。数多くのシェアリングサービス。

聴いたことがあるシェアに関する言葉が、どんどん新しい可能性を生み出しています。

アイデアと利便性が伴って広がってきたサービス内容。

こんなのあったらいいね!と言うのが、シェアリングでかなってしまう発想が素晴らしいです!

他の業界より少し遅れて導入が始まった飲食業界を始め、様々なシェアリングサービスについて紹介します。

関連記事
目的に合ったレンタルスペースを見つけよう!宿泊・会議・パーティーなど



個人経営の飲食店も便利!ビジネスで注目される3つのシェアリングサービス!

① 営業時間外の店舗を時間貸し、空きスペースを場所貸ししてシェア。

『軒先サービス』

『軒先サービス』はお店の空いているスペースを借りて、あなたのお店を出店できるという夢のようなサービスです。不動産を借りる時の煩雑な手続きや敷金・礼金などが必要なく、お互いの都合が合えばいつでも軒先を借りることができます。1日だけの出店や教室・イベントなど使い方は様々。スペースもお店の軒先や空き店舗・駐車場・駅周辺・公園前・ショッピングモール内・商店街など選択肢もたくさんあります。

夜のみの居酒屋等が昼間店舗を使わない時間に、他の業態のカフェとかに時間貸しする。店舗の一部で使われていない場所を、他の人に場所貸しする。展示会や個展を行ったりするなど、ビジネスチャンスが広がります。

② 人材のシェア(宅配等の配達する人)

『UberEATS』

宅配サービスの業者は、自社で配達スタッフを雇用すると人件費もかさむので、それを複数の店舗で一括して配達する人をシェアするというサービスがあります。(現在はまだ首都圏での実用化のみです。)ユーザーはスマホアプリからタップして人気レストランの料理を注文するだけで、指定の場所にパートナー配達員が届けてくれるという仕組みです。また、時間が空いている人はパートナー配達員として登録することも可能です。

③ 提供する商品のシェア(維持管理が難しいワイン等)

高額で種類をそろえるにも管理も難しいお酒類は、中々大きい店舗でないと扱えないデメリットを避けるため、ワインセラーを何店舗かでシェアして使用。

最近注目されているのが2017年11月にオープンした『WINE LIST』です。近隣の飲食店がワインセラーとしても利用できる新しいタイプのワインショップで、敷地面積は0.8坪と小さいながら、世界中から買い付けた良質のワインを揃えています。日本未入荷のオーストラリアワインが40種類もあって、ワイン好きにはたまりませんね!

一般販売はもちろん、近隣の飲食店への販売や配達も行っています。今後大阪に第2号店を展開予定です。

住所:東京都港区新橋3-9-3
TEL 070-1538-1725
070-5569-0434
営業時間:17:00 ~ 23:00(土日祝日・年末年始は定休)

シェアリングサービスの導入で新規ビジネスの立ち上げも増加!

シェアによって多くのマイナス面を補えると、どんどん新規ビジネスが立ち上がっています。

「軒先ビジネス」と言われる、マッチングサービスをする会社。

同じビル内で営業時間の空をシェアしながら使用するためには、空きがあるビル等の不動産関係の情報やシェアを希望する店舗の募集も必要。

それをマッチングする作業を一手に代行して行うというもの。
(ネットでマッチングできるシステムを開発する会社もあり。)

中には、自治体が町の活性化をはかるため、シャッター街になっている空きビルの積極的な利用をシェアによって利用する店舗等を募集することもあります。
(期間限定でしている地域もある。)

フードデリバリー業界で、個々の店舗の配達スタッフを一括して契約し、派遣社員や業務委託契約等でスタッフの管理をする会社も進出。

居酒屋等が固まっている地域で始まった、温度管理が難しいワイン等のワインセラーをシェアする場所を与える管理会社も最近開業。

飲食店ならではの問題点を、上手にシェアのよさを取入れて新しいビジネスへと結びつけています。

ベンチャー企業が活発な最近は、こうしたトレンドにのった新発想がビジネスチャンスを生んでいるようです。

さらに飲食業界だけでなく、シェアしたいものをネット上で検索できる専門のシェアリングサイトも出てきたようです。

個人でも利用できるおすすめのシェアリングサービス

人をシェアする・探す


1.得意分野の知識や能力をシェア『タイムチケット』

わたしの30分売りはじめます。+【タイムチケット】
』というキャッチフレーズがとても印象的なタイムチケットというサイトでは、家の掃除から犬の散歩、ネットビジネスに関する知識を教えてくれたり、写真を撮ってくれたり、いろんな能力やスキルを持った人材の隙間時間を30分単位で購入することができます。

興味のあるホストを見つけたらネット上で申し込み、ホストが申し込みを承認すればチケット購入となります。
誰かに時間をシェアしたい人は、自分の能力・時間・価格を登録すればすぐにホストになれます。

2.ご近所さんで助け合う生活関連サービス『ANYTIMES(エニタイムズ)』

ANYTIMES(エニタイムズ)は家事・育児を始め生活に関するサービスを提供したい人と、受けたい人をつなぐためのアプリです。
自分の得意分野や空き時間を有効に生かして、ご近所同士で助け合うことができます。

例えばお料理代行・引っ越し代行・片付け代行など。さらに「3歳の子どもと遊んでほしい」・「朝活を一緒にやってくれる人いないかな」というリクエストにも応じてくれます。

3.愛犬家にペットのお世話をお願いできる『DogHuggy』

『DogHuggy』はドッグホストのシェアリングサービスです。
旅行や出張、病気による入院や療養のためしばらく愛犬のお世話ができないというとき、信頼できるドッグホストが見つかれば安心してワンちゃんを預けることができます。
ホテルと違って、一般家庭にお世話になることが多いのですが、事前にヒアリングなどでお互いの状況をよく知ったうえで選ぶことができるし、預けている最中の様子を写真などで状況を伝えてくれるのでとても安心、という声が多いです。

4.世界中の日本人と旅人をつなぐ『Traveloco(トラベロコ)』

『Traveloco(トラベロコ)』は世界中に住む日本人が持っている知識・経験・能力によって、旅人のお手伝いをしてくれる、そんな人と人をつなぐためのシェアリングサービスです。
世界1530都市に住む日本人が登録していて、旅に行くにあたって不安な現地案内・通訳・予約・手配・プラン作成・調査など、事前準備からの相談や、現地でのサポートといったサービスを受けることができます。

5.料理を作りたい人と食べたい人をつなぐ『KitchHike(キッチハイク)』

『KitchHike(キッチハイク)』は食べることが好きな人をつなぐシェアリングサービスです。「みんなで食べよう」が大きなテーマ。料理好きな人が「リンゴづくしのディナー会」・「つきたてお餅を持ち寄ろう!」・「日替わり夜ご飯を一緒にたべませんか?」など、様々な料理会を企画。食べるの好きな人がそれに参加。知らない人同士が集まっても美味しい料理を囲んで楽しいパーティができるというシステムです。

場所をシェアする・探す

1.重い荷物を一時預けたい人とスペース持ってるお店をつなぐ『ecbo cloak(エクボクローク)』

『ecbo cloak(エクボクローク)』は荷物を預けたい人と、お店などの空いているスペースをマッチングさせるシェアリングサービスです。例えば旅行中にホテルのチェックインまでの時間、重いキャリーバッグを持ったまま観光するのは大変ですよね。そんな時にコインロッカーと同じぐらいの料金で、近くのお店に預けることができるんです。大きな荷物だけではなく、ベビーカーやリュックなどでもOK!

2.出かける前に駐車場を確保『軒先パーキング』

『軒先パーキング』は月極駐車場や個人の駐車場などを、空いている時に一時的に貸し出すサービスです。特に連休中や人気観光地の近くは、駐車場を探すだけでも一苦労ですよね。このサービスを利用すれば、事前に予約ができるので、安心して目的地まで行けるというのが嬉しいメリットです。

3.空き部屋をシェアして民泊『Airbnb』

『Airbnb』世界中の旅人に人気の空き部屋をシェアするサービスです。使っていない空き部屋を提供し、民泊スペースとして使ってもらうのです。世界192ヶ国3万以上の都市から泊まりたい場所・泊まりたい部屋を選ぶことができます。一軒家貸し切り・小屋貸し切り・ログハウス貸し切り・アパート貸し切りなど、様々なタイプから選べるのが楽しいですね。

4.手ぶらで行けるサポートつきの貸農園『シェア畑』

畑を始めたい!野菜を自分で育ててみたい!と思っても何からやったらいいのか、どんなものを揃えたらいいのか、初心者にはなかなか難しいですよね。『シェア畑』は手ぶらでサポート付きの農園を借りることができるシェアサービスです。畑仕事に必要な道具や肥料などすべて揃っているので、手ぶらで農園へ通うだけで、無農薬野菜を育てることができます。

物をシェアする・探す

1.使わない服やバッグを貸し借りできる『SUSTINA(サスティナ)』

服・バッグ・アクセサリーなど買わずにレンタルすれば、クローゼットはいつもすっきり!持たない生活を始めてみませんか?
『SUSTINA(サスティナ)』では数万点というリユースアイテムの中から好きな組み合わせでレンタルすることができます。15アイテムプランが3900円/月、30アイテムプランが7900円/月。必要な時に、必要なものを!

2.人気家電を安く試せる『おかりな』

『おかりな』では最新の高級家電を安くでお試しできるサービスです。買おうかどうか悩んでいる人にとっては、事前に試すことができると非常にありがたいですよね。ルンバ・高圧洗浄機・扇風機・ビデオカメラなど、様々な商品がありますよ。

乗り物をシェアする・探す

1.相乗りの相手を探したいなら『notteco』

『notteco』は日本最大の相乗りライドシェアサービスです。出発地と目的地が同じ人を探して相乗りすることで、ガソリン代・高速代などをシェアできて、ドライバーも乗る側もコストがぐんと押さえられるのが嬉しいメリット。また、同じ趣味を持った人同士が集まることも多いので、車内の会話も盛り上がります!

2.近くにいるドライバーがすぐにお迎え『Uber(ウーバー)』

『Uber(ウーバー)』は、毎日の通勤や通学、街へのお出かけ、早朝のフライト、夜のお酒のお付き合いなど様々な場面で、近くにいるドライバーを呼ぶことができるシステムです。気軽な乗車から贅沢な送迎まで、ライフスタイルやお好みに合わせて選べます。料金支払はスマホアプリで決済できるので、現金も不要。必要な時にタップ一つで、近くにいるハイヤーをすぐに利用できます。

3.車を借りたい人と貸したい人をつなげる『CaFoRe(カフォレ)』

『CaFoRe(カフォレ)』は個人間で車を貸し借りしたい人のための、シェアリングサービスです。「普段はあまり乗らないから必要な時だけ車を借りたい」、「車を使わない間だけ誰かに使ってもらおう」という借り手と貸し手が出会うことで、新しいカーライフスタイルを提供できます。お財布にも地球にも優しいサービスですね。

4.自転車を借りたいなら『シェアサイクルCOGICOGI』

『シェアサイクルCOGICOGI』は自転車を持っていなくても、必要な時だけレンタルできるサービスです。通勤通学・観光・サイクリングなどちょっと使いたいときに、好きなポートで借りて、好きなポートで返すことができます。面倒なメンテナンスも必要ないので、とても気軽に自転車を利用できます。

まとめ

新しいビジネスの発展をとげた、シェアリングサービス。

少し遅れがちだった飲食業界でも導入が進んで、今やマーケットもどんどん拡大しています。

今までどうしてシェアするという発想がなかったの?と思うほど、便利なものです。

しかし、中にはシェアするために問題点もあるようですが、それもその都度改善してどんどんサービスの内容も向上しています。

何かを作り出すのは、失敗や問題を考えてこそ大きく成長していくものです。

新発想でも、それが多くの人々に受け入れられる内容でなければ、こんなに広がりを見せることはなかったでしょう。

ちょっとした工夫から大きなものへと結びつくサービスの進化が、今後もますます増加して未来へと結びついていきます。

-ニュース, ネットビジネス, 制度,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


こんにちは!

このサイトの管理人をしている子育て中のアラフォー主婦です。

普段の生活の中で疑問に思ったことや、これ知りたい!と思ったことを中心にまとめています。

みなさんのお役に立てれば幸いです^^