気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

水煮たけのこの中に白いものが!これはいったい何?食べても大丈夫なの?

投稿日:2018年4月17日 更新日:

たけのこ 水煮 白い

たけのこの水煮を包丁で切ってみると中に白いぶつぶつしたようなカスのような、白い塊のようなものがある!

これって何なの?カビとかじゃないよね・・・食べても大丈夫なのかしら?

今回は水煮たけのこの中に発見した白いものについて調べてみました。



たけのこの白いものって食べられるの?

たけのこ 水煮 白い

ズバリ「食べられます」!大丈夫です!

あのたけのこの水煮をパカッと割ったときに出てくる白いものの正体は「チロシン」と言います。

チロシンというのはアミノ酸の一種で不溶性のものです。

たけのこを茹でると溶けだしていきますが、冷えるとあんなふうに白いつぶつぶのような、白いかすのような感じに固まります。

食べても全く問題はありませんが、「見た目がちょっと・・・」と気になる方はきれいに洗っても全然かまいません。

ちなみに、先日私もたけのこを割ったときにこのチロシンが気になりました。

その時は「食べても大丈夫なもの」だとは知らなかったので、気になって洗い流していたんですが、けっこうしぶとくてなかなかきれいにならなかったので、半分ぐらい残してそのまま調理しました。

チロシンの働きとは?

チロシンというのはアドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミンなど神経伝達物質の原料になるといわれています。

脳の働きを助けたり、自律神経を整えたりする働きがあります。

「ちょっとやる気がでないな・・・」

「なんだか頭がぼーっとするな・・・」

というときは、積極的にたけのこを食べるといいかもしれませんね。

春は新生活が始まって、新しい環境に飛び込む人も多いでしょう。

張り切って頑張ってても、心の疲れが出てくる5月病・・・そんなときにもたけのこはおすすめです!

たけのこは春が旬っていうのも理にかなっているような気がします。

その他にも、白髪を減らしたり、代謝を上げたり、成長を促す作用もあるので、子どもから大人まで幅広い年齢にうれしい食べ物なんですね。

たけのこのあく抜き方法

ぬかを使う方法

重曹を使う方法

ぬかがない!米を使う方法

水煮たけのこの中に白いものが!これはいったい何?食べても大丈夫なの?のまとめ

水煮たけのこの中によくある白いものはチロシンというアミノ酸の一種です。

食べても全く問題ありません!

チロシンには脳の働きを助けたり、自律神経を整えたりする働きがあるので、5月病予防にぴったりですね。

他にも成長促進や代謝アップにもつながりますので、積極的に食べたい食材の一つです。

旬の食べ物はおいしいその時期に食べるのがいちばん!

あく抜きもしっかりやって、美味しくたけのこを食べましょう。

-

執筆者: