気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

お金 主婦 家計

簡単でもムダ使いを防ぐメリットあり!家計簿をつける習慣を身に付けましょう!

投稿日:2018年1月17日 更新日:

家計簿は独身時代はつけていない人が多いようです。

家庭をもつと生活費の把握が必要で、それに伴った支出や収入も考えないといけなくなります。

中には幼いころから、おこづかい帳というのをつける習慣を親から教えられて実行している子どももいます。

3か坊主で終わることも多い家計簿。

とにかく項目が多すぎると、計算するのが段々面倒になってきて、結局やめてしまうんです。

家計簿は日々の支出と収入だけでなく、実はムダ使いを防ぐのにも効果的なんです。

どんなことを知っておくと家計の見直しにつながるのか、チェックポイントを紹介します。

スポンサードリンク


簡単なら続けられる家計簿のつけ方とは?

買い物をするとレシートがもらえますが、それを毎回捨ててしまってはいけません。

自宅に戻った時、買ったもののレシートをとりあえず家計簿に金額だけでも書いておく。

さらに、どこの店で大体何を買ったのか、例えば食材と日用品とか大まかな項目をメモします。

普段から家計簿をつける習慣がない人には、まずこの作業をコツコツ続けることから始めましょう。

1日に何軒も買い物や外食等をしたなら、それが分かるようにホチキスでとめておくとか、家計簿に貼っておいても後で見直しできます。

更に段々慣れてきたらレシートを見直して、どうしても必要なものとそうでない物とを判断して、必要でなさそうな方に赤ペンでチェックを入れておきます。

1週間後とか買い物をしなくて1日在宅する日でもいいので、まとめて赤ペンのところを見直して金額的にムダ使いではなかったかを考えます。

それを繰り返していると、段々必要ないものに余分なお金を使わなくなってきます。

家庭を持つと大きな買い物、例えば住まいの住み替えや自動車の購入、子どもの学費等、ある程度計画を建てないと難しいものが増えます。

そのためにも、将来的な支出に困らないように、日々の生活費を節約できる部分は見直して改善しましょう

スポンサードリンク

ムダ使いを防ぐ家計簿のおすすめチェックポイント!

家計簿でまず必要な項目は、支出と収入

毎月固定の支出は、何か別の場所にでも金額と内容を計算しておきましょう

住宅ローンや家賃、光熱費、交通費(ガソリン代)、学費(子どもがいる家庭)、保険料はどうしても出ていきます。

さらに食費や交際費、衣類費、医療費、日用消耗品費、美容費も金額は固定ではありませんが、定期的に出ていきます。

逆に何らかの仕事をしていれば毎月収入があるのは、給料、月によってはボーナス

給料は毎月同じぐらいの金額の会社ばかりではないですし、ボーナスは勤務形態によってはもらえないこともあるので、あまりあてにし過ぎない方がベスト。

最近多いのが、会社に永久就職という感覚がないので、多くの人が1、2度は転職しています。

そのため給料も安定しないケースが多いので、ある程度計画や目標金額を建てて貯金しながら生活しましょう。

家計簿をつけると、変動的に必要な出費を抑える効果もあります。

どうやって上手に抑えていくかが家計を預かる主婦の腕の見せ所。

最近は共働きの家庭が多いので、家計の相談も夫婦で話し合ってある程度の生活費を考えているところも多いそうです。

できれば手書きの家計簿の方が、自分好みにカスタマイズできて、それぞれのオリジナリティも出せておすすめ。

家庭の夢はそれぞれ違いますので、それをかなえるための努力も大切です。

簡単でモチベーションもアップする家計簿はこれ!

① 手書き家計簿編

by カエレバ

・お勧めポイント
毎月の目標と前月の反省点を記入する欄があって、見直ししながら家計を管理できる。

月ごとにやりくり表があって、収入の手取り金額や毎月の定額の支出の記入欄だけでなく、その月に使えるお金と貯金する額等を一覧で記入できて見やすい。

節約レシピやお金にまつわる金言等もコラムがあったりして飽きが来ない。

年間を通してのまとめページもあって、その年に出た大きな買い物を把握するのに便利。

自分で項目訳ができて、現金払いとかクレジットカード払いとか分けたりオリジナルの家計簿になる。

② 家計簿アプリ編

家計簿Zaim 人気の簡単レシート家計簿

・お勧めポイント
レシートの読み取り機能がついているので、お店や金額等が把握しやすい。

支出のバランス診断を配信していて家計の改善にも役立つ。

スーパーの特売情報も配信しているので、お金にまつわる情報も満載。

※手書きの家計簿をどうしても毎回失敗する人には、とても便利で使いやすいと人気です。

まとめ

家計簿は面倒だからつけたいとは思っても長続きしない人が多いです。

でも、ある程度簡単な項目だけをしぼってメモする習慣をつければ、段々とムダ使いをおさえる意識が芽生えてきます。

今まで気づかないうちに使い過ぎていた金額が何かを見つけられます。

家庭の生活費は、それぞれの目標や夢をある程度建てておいて、それに見合った支出を考えていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-お金, 主婦, 家計

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。