気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

掃除

ファブリーズではダメ!?意外なエアコンの消臭方法の事実!

投稿日:2018年3月5日 更新日:


ニオイをシャットダウンさせたり、気になるものを除菌するために、サッと拭きかけられるファブリーズはとても便利ですよね。

そんな便利なものだから、意外なものに振りかけてしまえと実践したことはありませんか?

その意外なものの代表が、エアコン。

エアコンが匂うので、ファブリーズでさっと消臭しようと思ってスプレーしてみた経験がありませんか?

意外と経験してみたという人が多いみたいなのですが、これって実はダメなんです。

なんで?って思うかもしれませんが、使い方を間違えることで故障の原因にもなりかねません。

そこで、今回は、エアコンにファブリーズはダメな理由などお伝えしていきます。

スポンサードリンク


ファブリーズでエアコンの匂いは改善される?


ファブリーズで、エアコンの匂いは、残念ながら改善されません。

というか、逆にファブリーズを吹きかけてしまうことで、汚れが吸着しやすくなってしまい匂いがキツくなってしまいます。

そもそもファブリーズという製品は、衣類や布製品専用の消臭・除菌剤です。
最近では、部屋用・トイレの置き型・車内のエアコン用など、たくさん種類はありますがこれらは、基本的にはその空間の空気の匂いを一時的に取るという感じです。

基本的には、布などの繊維に対して効果があるものなので、エアコンの内部に振りかけても効果は全くありません。

一時的に匂いが消えたかなと思っても、数時間後には、また匂いが戻ってきてしまうので、直接振りかけるのは、止めておきましょう。

スポンサードリンク

匂いの元のカビまでは倒せない?

結論から言って、ファブリーズでは、カビは撃退できません

もしも、エアコンの内部にファブリーズを吹きかけてしまったら、それがさらにカビの素として、あらたなカビが発生するでしょう。

というのも、エアコン内部のカビは、水滴やホコリなどが原因です。
エアコンをフル活動させると、内部には知らずしらずに水滴が貯まります。

水滴がしっかりと乾燥されれば良いのですが、定期的に使っているとそういう訳にもいきません。
また、使用し続けることで、ホコリも溜まっていくのです。

そのため、カビを発生させない条件としては、水滴を内部に残さないということが大切なのです。

ですので、エアコンの内部にファブリーズを吹きかけてしまうと、結局、匂いを取るどころか、水分を中に入れていることと同じなので、逆効果であり、カビは撃退できないのです。

どうしても、カビを撃退させたいなら、やはり内部クリーニングが必要になってくるでしょう。
個人でも、やり方さえ守れば出来ますが、より汚れを落とすなら、業者にクリーニングを依頼するほうが賢明でしょう。

業者によっても低価格でお掃除してくれるところがあるので、是非探してみてください。

カビをそのまま放置しておくと、匂いも気になりますが、部屋中にまき散らすことになるので、咳やくしゃみが止まらない、頭痛がするなど、人体にも影響がでるので、注意しましょう。

まとめ

ファブリーズは、便利ではありますが、使い方を間違えると逆効果になることもあるので、使い方を間違えないようにしましょう。
正しく使うためには、製品裏の表示や、製品ホームページなどもチェックしておくことが重要かなと思います。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-掃除
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。