気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

メンタル 仕事に関する疑問・悩み・ヒント 病気

ブルーマンデーになる社員が続出!お休みの後のモチベーション対策!

投稿日:

ブルーマンデーとは、「憂鬱な月曜日」を意味して使われる現象。

休日が土日でない人もいますが、一般的に月曜日はお休み明けの初日。

足取りも重く前日の夕方ぐらいから、だんだん憂鬱になってきてしまうのです。

心理的に一番の理由は、「仕事がイヤで行きたくない!」。

そんな心のモチベーションを解消するための対策を考えましょう。

スポンサードリンク


ブルーマンデー症候群が起こるのはこんな心理状態があるから!

月曜日に憂鬱になるのは、仕事がイヤだと思うのはもちろんですがもう1つ理由があります。

・きつくて辛い仕事の日と楽しくて開放的な休日のギャップ

「仕事=キツイ」このイメージが、どうしても頭から離れない人が多いんです。

確かに休日はどうしてもしないといけない!とか、行かなきゃいけない場所とかも指定されなくて自由だし、仕事の日とは全く違います。

それに、何かするのも別にその日でなくてもいいから、焦ったり追い詰められて急がないといけないという事も少ないもの。

そのギャップを埋めるのは、日常生活を送っているうえで無理です。

キツイ、楽しい。。。その両方があるから、メリハリがあって頑張ろうと思う人もいます。

常に楽しくてしょうがない日々を送っている人は少ないからです。

ブルーマンデーは特定の人だけが感じる病的な心理ではなく、正常に働く心理状態なんです。

これを解消するのには、まず大切なのは「解消しようと感情の排除をしないこと」

自分の中にある素直な心理状態は、否定排除しようとすると、逆にストレスが強くなりますので気を付けましょう!

スポンサードリンク

ブルーマンデーを感じたらこんな対策で乗り切る!

    ① 月曜日の前日はゆっくり過ごして楽しみすぎない。
    仕事がイヤだと思うのは、お休みの日が充実して楽しいから。

    そのギャップが強くなりすぎないように、ゆっくり過ごしてあれこれ楽しみすぎず、普段と変わらない行動をします。

    ② 月曜日にハードな仕事のスケジュールは避ける。
    会社の都合でどうしても必要なスケジュール以外は、月曜日にはなるべく負担の軽い仕事を持ってきた方がベスト。

    あまりハードすぎると、自分のモチベーションをアップするエネルギーが大量に必要だからです。

    ③ 月曜日の仕事が終わった後どこかに出かけたりする。
    休日の次の日だからこそ、ちょっと楽しみをプラスしておくと、今週もがんばろうかな!と気分ものってきます!

    外食したり友人とカラオケに行ったり、ちょっとした自分へのごほうびを設けておくのがおすすめ。

    ④ 月曜日の前日は睡眠時間を多めにとる。
    睡眠不足になると、精神状態も不安定になりやすくなるので、ちょっと長めに眠ることが大切。

    次の日からの仕事だと思うと、何となく休みの日はもったいなくて起きていたいと思う人が多いので、精神疾患の治療も睡眠が最も必要な条件なので気を付けましょう。

このほかにも、月曜日に次の休日に向けての計画をたてるとか、何か気を紛らわせることを用意しておくと便利。

さらに、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトとして、仕事関係の心の悩みを解消するヒントが得られるサイトもあります。

精神科や心療内科へ行く前に、サイトをチェックして自分でできそうな心理的な対策も考えましょう。

※厚生労働省の「こころの耳

サイト内に「職場のストレスセルフチェック」というものもあるので、一度試してみましょう!

まとめ

ブルーマンデーは仕事と休日の心理状態のギャップが強くて起こる症状。

単純に仕事がイヤだと思うだけでなく、足取りが重くて憂鬱な状態に陥ります。

その症状を解消するには、ブルーマンデーになったことを受入れて排除しないこと

そのうえで、月曜日に何か楽しみを作ってみたり、仕事を軽めにしたり、様々な対策で休日とのギャップを埋める様にしましょう!

スポンサードリンク

関連記事と広告

-メンタル, 仕事に関する疑問・悩み・ヒント, 病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。