気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

仕事に関する疑問・悩み・ヒント

悩む必要なし!?お盆に仕事が休めない人にもいいことが!?

投稿日:


世間的に、お盆休みがある人の方が多いですよね。

しかし、みんなが休んでいるときに、自分は出勤していると何だか言えない気持ちになると思います。

みんなと同じように休みが欲しいけれど、そういう訳にもいかず結局は仕事へ・・・。

このようにテンションが一気に下がることもありますが、実はお盆休みがないってことは、他の人より良い事があるんです!!

良い事があると分かったら、周りが休みでも気にならないと思います。

そこで今回は、お盆も仕事な人にとってのメリットなどお伝えしていきます。



お盆に仕事を休めないことのメリットとは?

1つずつ説明していきます。

①特別手当が出ることもある

会社によっては、お盆休みに特別支給があることがあります。
世間的には休みですし、お盆には仕事を休む人が多いので、出勤する人数が少なかったりすると、休日や祝日手当のように、給与に加算されることがあります

②渋滞や混雑に巻き込まれない

長期連休などがあると、家族で出かけるなんてことも多いと思います。
しかし、よく考えてみてください。

周りの人もたいてい休みであるので、出かける人が多くなりますよね。
そうすると、必ず行く先々で混雑や渋滞に巻き込まれること確実です。

せっかくの休みなのに、人混みに紛れていつもの倍疲れるのが目に見えています。
仕事なら通勤などは混むかもしれないですが、オフィスなど職場につけば、このようなことはなくなりますし、落ち着いて仕事が出来ます。

③溜まっていた仕事が片付く

取引先と仕事をしているような場合、相手側が休みであると、その分の仕事は一時的休止状態になります。

その間に溜まっていた別の仕事に時間を割くことが出来るので、なかなか片付けられなかった仕事もすっきり終えることが出来るでしょう。

④周りからの信頼が厚くなるかも

お盆休みを休みたい人はたくさんいます。
誰かが休む代わりに、誰かが出社する必要がある場合、率先して出社することで、休みより仕事を優先させる姿勢が周りからの信頼アップにつながること間違いなしです!

お盆に仕事を休めなくても代休を有効活用すべし!

お盆休みに仕事をすることで、メリットがあることはお分かり頂けたかと思います。
ですので、メリットを活かして出来るだけ前向きに考えてお盆は働いてみましょう。

ただ、お盆も働いたとなると、やはり疲れは出るので休みは欲しいところですよね。
お盆で休めなかった分は、平日に休みをとるようにすると良いでしょう。

平日に休みが取れると、今度は周りが働いている環境の中で休めるので、比較的出かけても空いていますし、なんとなく平日に休めるという優越感に浸ることが出来ます。

また、土日が休みのような仕事の場合、金曜日から休みを入れて3連休にしてしまうというのも良いかもしれないですね。

どちらにしろ、お盆で頑張った分はどこかで休みをとって、日頃の疲れを取ることも必要です。

【こういう記事も読まれています】

まとめ

お盆休みも仕事であると、なんとなく憂鬱ですが、考え方によってはメリットもいっぱいです。

残念な気持ちで仕事をするより、メリットを見て少し前向きに考えると、お盆も仕事で良かったと思えるかもしれません。

-仕事に関する疑問・悩み・ヒント

執筆者: