気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

職業

人気のブライダル業界で働きたい!未経験でもできる豊富な仕事内容とは?

投稿日:

ブライダル業界って、結婚式とかちょっと縮小気味になってきたとはいえ、結婚はやはり誰もが憧れる永遠のテーマ

そのブライダル業界で働きたいという人が、かなり多くて人気があるんです!

特に資格を持っていなくても大丈夫ですが、未経験でブライダルの仕事に就くのは結構大変!

実は非常に高いレベルの接客やサービスが求められるので、礼儀作法、マナーは他の業界よりもすごく厳しいルールが存在します。

花嫁修業という言葉を昔はよく聴きましたが、それを学ぶためにこの業界に入る人もいるとか。

髪の毛の色とか、メイク、服装等とにかく少しでもルールが守れないと、接客の仕事がさせてもらえないほどシビアな業界。

具体的にブライダルの仕事って、どんなものがあるのか種類と内容を紹介します。

スポンサードリンク


ブライダルの仕事はこんなにある!種類豊富な業界の仕事!

経験者優遇の職種

・ブライダルコーディネーター
・ドレス、テーブル、フラワーコーディネーター
・ヘアメイクアーティスト
・ブライダルエステティシャン

実務経験がない場合は、専門学校や民間の資格もあるので、それを取得したり研修を受けたりする人がほとんど。

それぞれ養成スクールもあるぐらいで、ある程度専門的に勉強しないと、就活の時に倍率が高くて中々会社が見つからないこともあります。

花嫁となる人、結婚を控えたカップルを演出する専門家としての知識は身に付ける事が必須。

ブライダル業界の事を学びたいなら、その業界に力を入れている専門学校もあるので、そこで学ぶのもお勧め。

専門学校日本ホテルスクール

・プリンスホテルグループが、ホテリエの育成を目的として開校した専門学校。
・超一流のホテル・ブライダル施設での実習カリキュラムも豊富で実践的な技術が身につきます。
・在学中に海外研修旅行もあり、国際感覚も身に付けられます。

未経験でも歓迎の職種

・音響・照明
・バンケットサービス
・司会者

未経験者でも派遣会社があって、そこに登録すると仕事が紹介してもらえます。

ただし、数回は研修と言う形で、実際のバンケットに勤務して先輩方から仕事の内容の指導を受けます。

司会者は、ブライダル専門ではなく、だいたいは冠婚葬祭のトータルな内容での派遣会社が多いです。

地域によって数多くの派遣会社があるので、求人情報サイト「タウンワーク」とか「バイトル」等でも募集が定期的に掲載されています。

バンケットサービスに関しては、若い女性限定のバンケットコンパニオンという職種もあり、身長とか身なり等もハイレベルな派遣会社もあります。

忙しい時だけブライダル施設がアルバイトを募集するぐらいなので、割と気軽にできる仕事です。

スポンサードリンク

人気のブライダル仕事はウエディングプランナー!仕事内容となるための方法!

【ウエディングプランナー】

他の業界も含めたトータルのアンケートで、なりたい職種ランキングでも3位までに入るものです。

結婚式を予定しているお客さまのアドバイザーとして、最初から最後までトータルサポートをする仕事。

※ウエディングプランナーの仕事内容

① お客様の要望のヒアリング(日程、予算、式の進行、料理、ドレス、BGM、式場のレイアウトなど)
② 新婦のヘアメイクを相談・決定したり、あらかじめ記念写真をしておく「前撮り」の手配。
③ お客様の要望に沿った手配(式当日の司会者依頼、照明・音響係の委託発注、料理の手配)
④ 結婚式当日(会場のチェックと関係者との打ち合わせ、進行状況の確認)

このような流れで当日までお客様を責任を持って担当し、当日もどんなトラブルにも対応できるようにしておきます。

※ウエディングプランナーになるための流れ

①ブライダル系学科のある専門学校・大学・養成スクールで学ぶ。
②ホテルやブライダルコーディネートの会社で働いて経験を積む。

経験が浅いとどうしてもプランニングがお客様の求めているレベルと合わない場合があるので、数多くのパターンや対応方法を実体験で学ぶ必要があります。

以下の協会でブライダル業界に関する専門的なイベント・セミナーを行っているので、自分の向学のために参加するのもベスト。
公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(BIA)

※人気の業界で就活する時のポイント
・「ブライダルプランナー検定」を取得する。
全米ブライダルコンサルタント協会(ABC)認定

経験のあるなしだけでなく、人気があると1次選考は書類選考の可能性が高く、資格を持っているとアピールポイントになるのでおすすめ。

※ウエディングプランナーに必要なポイント

・マナーや礼儀作法
・営業力
・企画力と演出をイメージできる創造力
・忍耐力(クレーム応対等のため)
・人を喜ばせる事が好き。

プランニングに必要なのは、実務体験した経験で身に付けた企画力や演出だけでなく、自分自身のヒューマンスキルを磨くのも大切。

まとめ

ブライダル業界はオリジナル婚が人気で、結婚式をトータルでプランニングする仕事が人気。

そのため資格を取得したり実務経験を積んで、他の人にはない自分らしさをアピールできるものを作る必要があります。

数多くの経験を積んで、これから結婚を考えるお客様と二人三脚で作り上げていく「やりがい」が、この業界で働く魅力となっています。

結婚式を記憶に残る演出でお客様をサポートして、晴れやかな門出の二人の幸せのお手伝いをしてあげましょう。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-職業

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。