気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

5月の話題 メンタル ワーキングマザー 病気

新しい環境になじめない!深刻な症状になる前の五月病の治し方!

投稿日:2018年1月21日 更新日:

五月病って、なりやすい人とそうでない人の差があるんです。

新しい環境へなじめないことが原因で、精神的にストレスを感じて体に不調が出てくるんです。

元々季節の変わり目は気温の変化も激しくて、体温調節も難しくなります。

それも重なって、新社会人や転職したばかりの人、新しい土地へ引っ越したばかり等の慣れない環境で過ごすことに適応しにくいのです。

五月病がきっかけで、症状がその後も慢性化していくとうつ病へと発展してしまう危険もあります。

ちょっといつもより体の不調が強いとか、違う症状が出ていたら「精神科」のある病院への受診がおすすめ。

五月病かもしれないチェックポイントと合わせて、治し方も押さえておきましょう!

スポンサードリンク


関連記事

職場の後輩がちょっとしたことですぐ泣く!どう対処したらいいの?

嫌だと思う社員続出!会社で呼び捨てする上司のビジネスマナーは正しいの?

こんな症状が出たら五月病かも?危険なサインをチェック!

2つの段階に分かれてチェック項目があって、

・1日中気持ちが沈んでいる。(毎日継続して2週間以上の場合。)
・何も興味がもてない、やる気が何も起きない。(継続して2週間以上の場合。)

この2つは初期のチェックとして重要で、まだここまではひどくないなら、五月病の症状も軽いです。

どちらか1つでも当てはまるなら、以下のこともチェックしましょう!

・ぐっすりと熟睡できない日が毎晩続く。
・訳もなく疲れを感じて気力がわかない。
・何かに集中して取り組むことができない。
・いつもと違う食欲。(過食気味か食欲不振。)
・自分の生きている事を無意味に感じて自殺願望がわいてくる。
・言動がいつもよりスローペースになってしまう。
・何もしていなくてもイライラしたり落ち着かない。

初期のチェック項目と合わせて、5つ以上当てはまると感じたら、ちょっとメンタル面での治療が必要な可能性が高いので、精神科へ思い切って行きましょう!

スポンサードリンク

五月病のトラブルの無理のない治し方とは?

五月病は新しい環境への適応が難しいという事だけでなく、頑張らなきゃ!と自分のエネルギーを使い過ぎてしまうことも原因。

人間の心理は自分の感情をコントロールするために、何か困難な事があるとテンションを上げて頑張ろうとパワーを過度に使ってしまいます。

「燃え尽き症候群」ともよく似ていますが、使い過ぎるとそのパワーを補充するのがすごく時間がかかります。

さらに性格的に気持ちの切り替えが苦手な人や、いつも頑張りすぎてしまう人は要注意。

五月病は新生活を始めた時の、理想と現実のギャップでも起こってしまいます。

「こんなはずじゃなかった!」とか、「思っていたより仕事がキツイ!」等、全く未経験だからこそ、考えられなかったことが多く起きるのです。

中には、自分がどうしても入りたかった会社に入社したのに、人間関係が複雑すぎて仕事に集中できないという人も多いです。

そんな五月病は一過性の症状なので、ある程度の期間が過ぎれば落ち着きますが、中々普段の生活を送りながらは回復が難しい人は、

・他人からのアドバイスを受けすぎない。
第3者の意見は、その人の為を思ってアドバイスしてくれますが、数多くの人の話を聴けば聴くほど、逆に段々混乱してしまう事もあります。

適度に親しくしている友人等に話を聴いてもらうぐらいにしておくとベスト。

・スマホ等でSNSを使って他人の行動を見過ぎない。
他人が何をしているかを観ていると、今の自分と違ってうらやましくなって落ち込んでしまうこともあります。

連絡を取り合うぐらいで、あまり積極的に他人が何をしているかを知らない方が自分の心も落ち着きます。

・思い切って仕事を休んで自分を見つめなおす時間を作る。
気持ちの整理をつけるには、無理をして仕事をしないほうがおすすめ。

ゆっくりと自分を見つめなおして、何を今まで頑張ってきたかを思い出しましょう。

忙しくて頑張りすぎていると、どんなふうに今まで過ごしてきたかを考える時間もないはす。

「初心忘るるべからず!」と言う言葉もあるとおり、気持ちを改善できる方法が見つかるときもあります。

まとめ

五月病は、新しい環境へ適応できないことから始める精神的な症状

状態が悪化すると、体の不調もひどくなり考えも落ち込んで、うつ病へと慢性化してしまう可能性も高いです。

自分をじっくりと見つめなおし、周りに振り回されずに過ごして、頑張りすぎた自分を休ませる時間を作りましょう。

エネルギーを使い過ぎて補充するには、ゆっくりとした気持ちで過ごすこと。

心のバランスを崩したときは、無理をせず自分と素直に向き合いましょう

スポンサードリンク

関連記事と広告

-5月の話題, メンタル, ワーキングマザー, 病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。