気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

メンタル ワーキングマザー

嫌だと思う社員続出!会社で呼び捨てする上司のビジネスマナーは正しいの?

投稿日:2018年2月1日 更新日:

入社したばかりの社員を、いきなり呼び捨て!そんな会社は結構ありますよね?

上司は別に深く考えずに部下だからどうやって呼んでもいい!と勘違いしている人も多いです。

本来はビジネスマナーとして、社員への呼び方の敬称は、「名前+さん」というのが基本です。

上司によっては親しみをもって、「さん」でなく愛称だったり「ちゃん」づけだったり、年齢を見てそう呼んでいる人とか様々です。

悪気があって呼んでいるわけではないけど、呼ばれる方は必ずしもいい気分になれる人ばかりではありません。

上司になった人の、部下に対する接し方の正しいあり方を見直しましょう!

スポンサードリンク


呼び捨てにすることで嫌がられる会社の上司!

・入社したての社員にいきなり呼び捨て。
ちょっと新しい人に自分は上なんだと、何か最初から上から目線で呼び捨てする上司がいます。態度ももちろん、呼び捨てされる覚えはないと、すごく不快に思う社員が多いです。

・怒った時に大声で呼び捨てする。
遠くにいる時に大声とかじゃなくて、部下に当たり散らす感じで呼び捨てで呼ぶこともちらほら。

自分のストレスを部下にぶつける上司も問題視されているので要注意。

今の時代は「上司がすべて正しい!」と何でも従うという考えはなくなりつつあります。

それは、あまりに理不尽だと思う態度を取る上司が、どこの会社にも多くて社会人の悩みのタネになっているからです。

最近は、「パワハラ」と言われる上司からの嫌がらせが問題で、テレビ番組でもよく特集されています。

犯罪的にまで発展することもあり、逮捕されることもあるほど極端な場合もありますので、ちょっと普通ではないかも?と感じたら、はっきり「NO!」と訴えましょう!

一方的にパワハラにあっている社員は、会社だからと言ってそれにどんなことがあっても文句を言わずに従順な性格の人が多いようです。

呼び捨てにされる事だけでなく、少し変だと違和感を感じたら、他の人に相談したり転職を考えたり、自分なりの対策も考えておきましょう。

スポンサードリンク

呼び捨てして会社の雰囲気を嫌なものにする理由!

会社での呼び方は、全体の社内の雰囲気にも影響します。

社員は年齢や性別ではなく、部下であれば同等に扱われたいと願います。

そんな中で、親しみが持てるとか若いからとか、勝手な判断で呼び捨てしたりすることもあります。

同じ部下であっても、上司の方が年下の時もありますから、やはり名前に「さん」を付けて呼ぶのが平等な感じで好感が持てます。

同僚同士でも、最初は「さん」をつけて呼んだ方が、付き合うときに自然な感じで安心できます。

変に愛称をつけられたりすると、呼び捨てももちろんですが、可愛がられていると感じるより、ちょっと怪しいかも?と疑う人もいます。

それは、数多くの会社関係のニュースで、上司が部下に対して様々な仕事以外の強要をした等の悪質なケースを耳にするからです。

社内をフランクな感じでしていて、社風がそうだから呼び捨ての会社もあります。

自分の呼び方に対する価値観が、どうしても合わないと感じてしまったら、改善する方向へ向かわないなら長くそこで仕事するのは難しいかもしれないです。

社風や上司等は、入社しないと分からないものです。

入ってみてイメージが違った!と言う社員が、かなり多いですよね?

会社が試用期間を設けているのはそれが多いのが分かっているからです。

働くほうの社員側も、会社との相性を判断する期間です。

その間に社内の人間関係を始め、仕事内容も含めてよく考えましょう。

会社で上司に呼び捨てにされたときのタイプ別対処法は?

  • ① キレやすいとか気分屋の性格に問題アリの上司の場合。
    性格的な問題がある人に、呼び捨てにされることを言うと、逆にかなり強烈な自分への突き刺さるようなダメージを受ける言葉が返ってきます。この場合は、放っておくしかなくて他の同僚等と話をしたり、本人の分からないところで上司に関する話をして相手にしないのがベスト。
  • ② 家庭に問題があって会社でストレス発散している上司の場合。
    強烈にパンチのある言動で攻め立てて、部下を退職にまで追い込むほど全く思いやりをもてないタイプ。「パワハラ」をするのは、このタイプの上司。

    何でも言うとおりにする従順な姿勢はかえって自分にとって危険なので、時には反論して自分の正当性を訴える必要があります。

    エスカレートして自分だけで対処できないときは、上司より立場が上の人への報告と、法的知識を持っている人への相談、労働局への援助の申立を考えましょう。

  • ③ 体育会系の部活動を学生時代にしていた上司の場合。
    部活をしていたときにすごく活発だったために、それが社会人になってからも抜けなくて、部下に対しても当時のままの言動になってしまうタイプ。呼び捨てをされたことを嫌な顔すると、何かを否定されたと感じて無視されたりするので、なるべく態度に表さないように普通に接しておくのが無難。
  • ④ 学生時代に元不良とかで自分が命令できる地位にいた上司の場合。
    過去の癖が残ってしまっているとはいえ、上手く付き合うと意外に社交的な部分もあると気づきます。少し荒っぽいところがあっても、深くかかわりすぎなければ案外かわいがってもらえることもある。

まとめ

会社で呼び捨てにする上司が多くて、新人社員が最初から嫌だと思ってしまいます。

会社は公平に差別化をしないで社員を扱うべきですが、そこで働くすべての人がその意識を持っているわけではありません。

上司に呼び捨てされるような、社内の雰囲気が悪いと感じたら、それを受入れる必要はありません。

はっきりと「NO!」と言えることも、社内で仕事をするうえで大切です。

社会問題にもなっているパワハラ等の上司と部下の関係も、自分自身でそうならないように強い意志で仕事に取り組みましょう

スポンサードリンク

関連記事と広告

-メンタル, ワーキングマザー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。