気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

メンタル ワーキングマザー 仕事に関する疑問・悩み・ヒント

仕事の疲れを休憩時間では取るのが無理?思わず一人になりたい心理!

投稿日:2018年1月27日 更新日:

仕事をしていると職場の休憩時間の中でも、一番付き合いが難しいお昼休憩。

「ランチ・ハラスメント」という言葉が、最近若い世代で広がってきているのをご存知ですか?

今までも仕事をしている人なら誰もが感じた事のある違和感。

それが今どきのパワーハラスメントと同様に心理的なストレスを感じるものとしてとらえられています。

できれば休憩時間ぐらい、のんびり気をつかうことなく一人になりたい。。。

そんな心の中の悲鳴が確実となったのが、ある全国的な会社の休憩時間の調査で、「一人がいい!」というのが半分以上の割合になったそうです。

仕事をする人たちの、心の中にある誰にも言えないでいる心理をさぐってみましょう。

関連記事
職場のお付き合いが面倒!ランチの断り方のポイント!

スポンサードリンク


仕事の休憩時間はリフレッシュのため一人になりたい!

仕事への集中力を発揮するためには、休憩も必要

でも、余計な付き合いを考えると、心身ともに休憩とは言えず、午後からの仕事へのモチベーションも低下してしまいます。

そんな悩みは実はずいぶん昔からあったのです。

今の時代はメンタルケアに関する産業カウンセラーを常駐させている会社もあるほど。

社員の個々の心のケアは、社内の人間関係を上手に保っていくにも大切な事だと、数多くの会社が注目してそれを取入れる様になりました。

それが「働き方改革」と言われる現在の考え方の1つであると思います。

1人になると、仕事のミスや自分の業務の見直しを冷静に考える時間も生まれるし、休憩するときは自分の時間を思うように過ごせます。

それが本来の休憩時間なのでは?と見直されてきたのです。

以前は会社の付き合いも必要だからと、かなり無理やり付き合わないと自分が孤立してしまう感じがありました。

今は付き合いと言うのは、強制的にするものではないと考えられています。

職場での協調性は、仕事の業務上のコミュニケーションで十分培えるものです。

周りの方への配慮や声掛け等は、休憩時間を使ってまでする必要はないかもしれません。

スポンサードリンク

一人になりたいのは性格なの?仕事の休憩時間が苦痛!

一人になりたいと思うのは、休憩時間とか関係なく、元々の性格がそういう風だから。。。と言うタイプもあるんです。

緊張しやすいとか人前での会話が苦手とかで、食事等を多くの人と過ごすのが精神的な苦痛になってしまうという性格の方もいます。

生まれ育った家庭環境とか、何か過去に人間関係でトラブルがあってトラウマになっているとか、深い心の傷を負っているため無理な人も多いです。

ストレス社会の問題ともいえますが、強い精神的な苦痛は、多くの病気を引き起こしてしまいます。

それを全く知らずに接している会社関係の付き合いは、ある意味非常に危険な場所になってしまいます。

心の傷は誰もが持っているものですから、会社だからと言って嫌がる人を無理に食事にと誘うのは、少しその人への配慮が足りないです。

休憩の過ごし方を、自分と同じようにしないといけないと、他人にも押し付けることはやめておきましょう。

まとめ

仕事の休憩時間は、「ランチ・ハラスメント」と呼ばれるほど深刻なストレスをうけると問題になっています。

休憩時間は一人になりたいと感じる人が、仕事をする半分以上が感じているというデータがあるほど。

ゆっくり過ごして、リフレッシュする方が仕事へのモチベーションが上がると考える人が多いです。

中には心の傷を負って性格的に一人になりたい人もいます。

会社にはいろんなタイプの人が居ますので、あまり自分の価値観を他人に押し付けるのはやめておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事と広告

-メンタル, ワーキングマザー, 仕事に関する疑問・悩み・ヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。