気になることや役立つことをまとめたサイト|Happy Slow Life

育児・健康・家事・仕事・季節のこと・旅行・イベント・気になることなど、ちょっぴり豊かな生活を送るための知りたい!が詰まった情報ブログ

仕事に関する疑問・悩み・ヒント

そうだったのか!休みの少ない会社の真実!?

投稿日:


自分が勤めている会社の休みが少ないなと思ったことはありませんか?

今まで当たり前の様に働いてきたけれど、友人や知人など周りの人から話を聞く限り、やっぱり自分の会社は休みが少ないと実感したことがあるっていう人もいると思います。

では、休みが多い会社と少ない会社の差って一体なんなのでしょうか?

そこで今回は、休みの少ない会社事情についてお伝えしていきます。



休みが少ない会社があるのはなぜ?

休みが少ない会社がありますが、考えられる理由はいくつかあります。
1つずつみていきましょう。

①年中無休・土日祝日・24時間営業のお店

コンビニや飲食業などに多いと思いますが、営業時間が長く、毎日開けていないといけないお店などは休みが少ない傾向にあります。

長時間営業をしているようなお店であれば、どうしても人手が必要になります。
そして経営もしていかなくてはいけないので、人手が必要なのにもかかわらず、人件費などの経費を抑えるために、ギリギリの人数で回していることが多いのです。

ですので、結果的に働き手は休みが取りずらく、また他の人が休んだときの代わりに休みであっても頼まれて出勤するなんてケースも多くなってくるので、他の人より休みが少ないなんてことがあります。

②会社の体制が上手く機能していないから

休みが少ない理由に会社自体が上手く回っていない可能性があります。

経営自体が上手くいっていなかったり、トップである幹部役員などが勝手に突っ走ってまったく仕事の内容など労働環境を把握していないような会社であると、社員に仕事をさせておけば会社は安泰だなんて思っているような体制があると、知らず知らずに、仕事量が増えて、休みが取れていないなんてことがあります。

③休む事は悪い事という風習がある

仕事をすることが偉い、働かないで休むなんて怠けている証拠だなど、休む事に対して快く思っていない、いわゆるブラック企業体質の会社であると、サービス残業は当たり前、長時間労働もお構いなし、休みも少ないのは当然だと悪循環になっているというケースがあります。

休みが多い会社は?


休みが少ないと思っている人は、このままこの仕事を続けて良いのか迷うこともあると思います。

実際に休みが多い会社があるのなら、転職をなんてことも考えることもあるはずです。
そんな方のために、休みの多い会社の特徴を下記でお伝えしていきます。

休みが多い会社は、ずばり【○○メーカー系】です。
メーカー系の会社は大手であることが多いです。
大手の会社だと、しっかりとした労働基準や休みの保証がされていることが多いです。

そして何といっても、メーカー系であると、お盆や年末年始などの長期休暇や祝日などは、工場自体や取引先がお休みとなることが多く、その間は仕事が落ち着くので、働いている社員たちも休みとなることが多いので、年間でみると休みの日が多い傾向にあります。

特にメーカー系の中でも、自動車系のメーカーは最も休みが多いなんていうデータもあるようです。

【こういう記事も読まれています】


まとめ

職種によっては、どうしても休みが少なくなってしまうものもあります。

ですが、明らかにブラック体質の会社などに勤めているという場合なら、このまま休みが少なくなるくらいなら転職も視野に入れておくということをオススメします。

やはり仕事も大事だけど、身体を休ませることも大事な仕事のうちだと思うので、休みが少なくて体調が優れないなどの影響がでたら本末転倒だと思います。

-仕事に関する疑問・悩み・ヒント

執筆者: